安東伸昭ブログ

安東伸昭の行動日記

岡山県知事選

2016年10月13日 | 選挙
平成28年10月12日 18:30 更新しました。

伊原木隆太岡山県知事候補者の個人演説会が津山リージョンセンターでありました。

 
伊原木候補者から 直接考えを聞く絶好のチャンスでした。

会場は、作州県民で超満員。
投票率向上を!声掛け合って投票所に行きましょう!と応援メッセージを言われています。
共に頑張っていきましょう!

都道府県知事選挙での過去最低投票率
 2011年の埼玉県知事選挙の投票率は、1981年の千葉県知事選挙の25.38%を下回る24.89%で全国最低記録となっています。

主権者として、選挙に行き、一票を投じることが県民としての役割です。

最後の「ガンバローコール」は息がぴったり合ってます。




 

平成28年10月12日

10月6日告示の岡山知事選挙です。
 投票日は10月23日
 期日前投票は10月7日から10月22日(土)

伊原木隆太選挙事務所から個人演説会開催の案内がありました。
 本日(10月12日)18:30から 津山リージョンセンター で 予定されています。
候補者の考えを聞く絶好の機会です。開場に伺います。



18歳選挙権に関する高校生会議の席で国会議員の先生から以下の話しを聞きました。
 
選挙になると皆さん!私たちは、こんな国をつくります。と言うでしょう。
消費税は上げません。福祉は充実します。年金も一杯だす。
本当にできると思いますか?

選挙の時、「国民主権」とはどういうことかを考えてくださいといいます。

主権者って、なんですか?
というと、自分が総理大臣だったらどうするかな。
ということを考えて一票を入れられる人を「主権者」といいます。

自分が総理大臣になったらどうするか。自分が大統領だったらどうするか。
自分がそうゆう国を動かす立ち場になったらどうするかと考えて一票入れてもらわなと、そんなものは、国民主権でもなんでもないんです。
なにが本当かなと考えて見てください。

確認するための方法の一つが、個人演説会になります。
是非若い世代の方も聞きに行っていただきたいと考えます。










ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JA勝英の枝豆選荷システム | トップ | 津山高専による水力発電研究 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL