安東伸昭ブログ

安東伸昭の行動日記

防災、減災、危機管理展(その1)

2017年05月19日 | 安全・安心
平成29年5月18日
防災、減災、危機管理展を視察(第5回)
中部ライフガードTEC
会場:ポートメッセ名古屋2号館

南海トラフ地震に対する緊急防災対策シンポジューム聴講
基調講演
 産官学民の自助、共助で南海トラフ地震を克服する
 福和伸夫教授
 名古屋大学減災連携研究所センター長


基調講演2
南海トラフ地震の被害の最小化に向けた三重県の取り組み
三重県知事、鈴木英敬氏

現代の火山噴火や地震のおき方は、9世紀の貞観地震のころとよくにている。
東南海地震が発生し、社会が大きく変動した。
ちょうど1000年たって、同じような大地動乱の時代に突入している。
これから30年の間に70%の確率で南海トラフ地震が発生する。
その時、高層建築物がいかに危険か。
埋立地の地盤がいかに軟弱か。
元の地名によって家を建てていい場所、いけない場所は予測できるという。
名大減災連携研究センターは2012年の東日本大震災後に、福和教授らの働きかけで名大に誕生した研究所である。

 地方都市の市役所や県庁は城郭の中にあります。
中心市街地も良い地盤の上にあります。
昔ながらの集落も必ず良い所にあります。
それは歴史がちゃんとつながっているからです。
そして鉄道を通す時には、人が住んでいるところを避けて作りました。
当時の蒸気機関車は火の粉を吐いて煙を吐くので、木造住宅は燃えてしまうから鉄道は迷惑施設だったのです。
東京で言えば、京浜東北線は、全部武蔵野台地のちょっと下側を通っていて、中央線は全部谷筋を通っているわけです。


・サンズイの地名が付くところは、軟弱である。
・サプライチェーン(SC)の対応
・海抜ゼロメートル地点
・大企業の本社ビルは、丘陵地に建っている。
30分という短時間でしたが、先生のお話は、大変参考になりました。
以下のサイトを紹介させていただきます。
福和伸夫教授のWEBサイト

出展者に津山市から、つやま産業支援センターとして、シート天井システムと耐震ステンレス配管を紹介していました。
ブースには、沢山の方訪れて、熱心に説明を受けていました。




会場入り口の案内


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 津山市総合企画部との勉強会 | トップ | 防災、減災、危機管理展(そ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL