安東伸昭ブログ

安東伸昭の行動日記

全国高等学校野球選手権岡山大会

2017年07月17日 | スポーツ
平成29年7月16日 さんデジ

全国高等学校野球選手権岡山大会
マスカットスタジアム 第2試合 勝山高校対岡山東商業高校

勝山高校のエース谷口君の好投で岡山東商業に2対1で競い勝。

 好打者の並ぶ相手打線に対し、堂々たる投球を披露した。
 下馬評を覆し、岡山東商を打ち破った勝山の立役者は2年生エースの右腕・谷口だ。
 直球や球速によって2種類あるというカーブのほか、スライダー、フォークボールを駆使して、的を絞らせない。
「ボールが低めに集まった」と制球もよく、凡打の山を築いた。九回、1点差に迫られ、なお2死二塁のピンチも動じない。ストライク先行で打者を追い込むと、最後は「速いカーブ」を外角に決め三振で締めた。被安打7の無四球、1失点で投げきり、戸田監督は「今季のベストピッチング」と最大級の賛辞を贈った。
 一方、岡山東商は技巧派の術中にはまった。「球が遅かったので大振りになることが多かった。緩急にやられた」と4番谷合。特にリードされて以降、飛球で簡単にアウトを献上するケースが目立った。
八回は無死から二塁打かと思われた打者走者が一塁ベースの踏み忘れでアウト。
らしくないプレーも出た。

 春の甲子園優勝経験もある伝統校を下したが、主将の赤岩は試合途中、不思議な感覚だったという。
「普段は守りが乱れたりするのに、それが出なかった。こんなに大舞台に強いチームだったのかなって」。伸び盛りの選手たちが次はどんな戦いを見せてくれるのか、目が離せなくなってきた。

選手の保護者の皆さんの心遣いを感じる一コマです。
氷の配布

 

 
応援団への飲み物の提供




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全国高等学校野球選手権岡山大会 | トップ | 津山高校1回戦突破ならず!... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL