安東伸昭ブログ

安東伸昭の行動日記

学校・地域よくする方法考えよう 真庭高と美咲町で出前授業など

2017年06月15日 | 地方自治
平成29年6月15日 さんデジ

学校・地域よくする方法考えよう 真庭高と美咲町で出前授業など

真庭市と岡山県美咲町で中高生が選挙や議会について学ぶ取り組みが行われた。真庭高久世校地(真庭市中島)では14日に選挙の出前授業を実施。美咲町では13日、中学生が“議員”を務める子ども議会が開かれた。生徒たちは、住みやすいまちづくりのために選挙や議会が果たす役割を理解し、学校と地域をよりよくする方法を考えた。

真庭高久世校地で出前授業 選挙の仕組み学ぶ

 真庭高久世校地では市選管による選挙出前授業があり、生物生産科と食品科学科の3年生64人が選挙制度のルールなどを学んだ。

 市選管事務局職員2人が投票所で票を投じるまでの流れを紹介。特定の候補者への投票を促す選挙運動については、電話やLINEなどを使うことができると説明した。電子メールの利用や17歳以下の選挙運動は禁じられている点にも触れて、注意を呼び掛けた。

 県内の投票率は、昨年7月の参院選では60~70代の60%超えに対し、18歳は45・34%、20~24歳は25・77%と低迷していたことも指摘。「自分たちの意見や考えを大切にするため、必ず投票に行ってほしい」と訴えた。

 同校地の生徒会選挙を取り仕切る選挙管理委員会の丸山祐輔委員長(17)は「選挙の仕組みを詳しく理解できた。若者が有権者意識を持つきっかけになるような生徒会選挙のやり方を考えたい」と話していた。
 出前授業は選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたことを受け、市選管が昨年から学校の要望に応じて開いている。

美咲町子ども議会 通学路問題ただす

 美咲町教委主催の「子ども議会」は、同町原田の町議会議場で開かれた。町内3中学校の生徒9人が“議員”として一般質問に立ち、定本一友町長ら町執行部に対し、通学路の問題や町の将来像などについて質問したり、意見を述べたりした。
 中央、旭、柵原の各中学校から3人ずつの生徒が出席。中央中3年関智加さん(14)が議長役として議事進行した。
 登壇した生徒たちは、町の少子化や過疎化への対応、空き家の活用方法、若者の働き場所の確保―など町が抱える課題について本番の議会さながらに執行部をただした。
 また「ブドウを使ったワインなど特産品を開発しては」といった提案のほか、「通学路の危険箇所に街灯や信号を設置してほしい」「幅広い年齢層が使えるスポーツ施設の整備を」などと要望。幹部職員は「皆さんの意見や提案について検討したい」「素晴らしい町にするため一緒に考えましょう」などと応じていた。
 関さんは「やりとりを聞いて、美咲町は子育て環境が充実しているなど住みやすい町だと感じた。今後、町のことについて問題意識を持ちながら生活したい」と話した。

◆美作市議会での質疑の中から
4月に行われた市議選の投票率について、岡本和之総務部長は「年代間の差が顕著となっている」と答えた。
市選管によると、今回から初めて投票が可能になった18、19歳の投票率は33・85%。20~24歳も34・74%と低く、最も高かった70~74歳の87・69%と大きな差が出ている。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 津山市6月定例議会一般質問... | トップ | 津山市/稼ぐ力に欠ける »
最近の画像もっと見る

地方自治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL