のぶまさのプヨプヨ申松山備忘録

埼玉県申松山(ヒザシマツヤマ)市に住む
定年間近のプヨプヨ初老のぶまさnobumasaです。

愛のコリーダ

2006年11月03日 08時08分21秒 | 映画/TV
GYAOで観た。最後まで。
良くぞここまでというのが感想。公開(日本でしたかもわすれました)当時は、ぼかしばかりで何の映画かわからなかったんだろうが
篠山さんの功績?で、最小限度のぼかしの超大作AVとして復活した。
ぼかしの技術は、AVの方が進んでいるけれども、やっていることは同じでも超まじめに演技しているのが笑えました。
全シーンで、本当ではないのだろうけど、女優はともかく、藤達也さんはがんばったなと思います。イチモツの演技もしていました。
でも、それからこのような映画がでてこないということは、大島監督の実験が失敗だったのかな
それとも男優の能力不足なのか?
女優(アイドル)は、売れなくなると露出が多くなり、最後はAV挑戦に行く線路があるけど
男優には、そういう線路はまだないようです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加