信子の華ごよみ

自宅の庭に咲いた花々を記録
植物の育成、華のうつろいを観察

クリスマスローズが咲いてきました

2017年03月20日 | 日記
キンポウゲ科:Ranunculaceae クリスマスローズ属:Helleborus 学名:Helleborus
和名:クリスマスローズ 寒芍薬 英名:hellebore 原産地:バルカン半島を中心にヨーロッパ全域
1.有茎種 H.argutifolius アーグチフォリウス
       ギザギザのある3裂した葉で、黄緑色の丸い花

2.中間種 H.niger ニゲル 英名でクリスマスローズ、花色は純白で清楚 
        

3.無茎種 H.orientalis オリエンタリス 現在の交配種の中心的な存在で変異や亜種多い 
         
      
クリスマスローズの交配は、特に無茎種同士では容易で、人気の花色が多い交配種は多くの無茎種の花粉(遺伝子)が複雑に交ざりあって出来ている。そのため、自家家受粉すると親とはやや異なった花が現れたりする。画像の最後の2つはこぼれ種から育ったもの。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オキナグサ・ピンホイール | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む