石原延啓 ブログ
seeking deer man

nobuhiro ishihara blog 
 

再会  




昨日は母校の同窓会に顔を出す。懐かしい面々もさることながら嬉しい久しぶりの出会いがあった。随分前に旧食堂が改築されたと聞いて所在を心配していた猪熊弦一郎先生の壁画が会場となった生協食堂に移設されていました。時代を超えてアートの持つポジティブなエネルギーを感じさせる名作です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






連休の合間に郡山に3日間滞在してコレクターの方のご自宅にてウォールペインティングを制作。ご縁あって以前引き取って頂いていたチビも仲間が出来て嬉しそうだ。制作が遅れてしまい大変ご迷惑をかけてしまったが、そのお蔭で郡山のグルメを堪能。そして何より、このコレクターの方のお話が大変勉強になった。穏やかでもの静かな方なのだがその中身はぶち飛んでいる。アートと音楽と食に関する知識が半端ない。ジャンルを越えたクリエイティビティのあり方に目の鱗が落ちると共に、感覚を感覚的なまま曖昧にして放置せずに徹底的に絞り込み「ぶれない」という宿題を貰った。曖昧なものを曖昧のままふわっと掬いとる、という考えのもとに散漫(ぶれる)になりがちだった私にとってはもう一度検討すべき課題だと思った次第。それにしても郡山の食べ物は美味しかったな~

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )