石原延啓 ブログ
seeking deer man

nobuhiro ishihara blog 
 





長野県茅野市の尖石考古館に寄る。
ここには日本に3体しかない土偶の国宝「縄文のビーナス」がある。この見事なお尻(右写真)を見て下さい。左写真は重文の「仮面の女神」。
大英博物館に貸し出した時はこちらの方が人気を博したとか。いずれにせよ国宝級ですね。
縄文土器の分布や当時の地域同士の交流について知りたくて学芸員の方と1時間以上立ち話。この人がいちゃってて最高に楽しいひと時でした。
発掘や研究を重ねる事で新しく分かってきたことが多く、私たちが歴史の時間に習った内容から比べるとえらい違いがある。
土器や土偶についても日本列島内に起きた事象だけで考えるのではなく、大陸や半島の情勢もふまえて検証していかねば見えてこないことが多々あるとのこと。
考古学もグローバルスタンダードな時代を迎えたということですな。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






数年来の夢であった御頭祭@諏訪大社上社へ。
あまりにワイルドな諏訪の地に感動の嵐。
いつの日か生御柱祭をみることができるだろうか。。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )






facebookでアフリカ在住の友人の投稿より。
タイで猪を食べた体長8mのニシキヘビが地元住民によって撲殺されたというぶっそうな記事。
腹を割かれた写真もあって、さすがにNG。
そしたら友人の友人がいやいやこんなのもある、と数年前の記事を引用。
体長6mのニシキヘビが子羊を食べて動けなくなったところを捕獲されたのこと。
こちらもご丁寧に吐き出した写真も掲載。
2月以来食事は10回以上咀嚼するようになったら長年悩まされた逆流性食道炎が治ってコーヒーが美味いと威張っていたら
1週間前に同期との飲み会で飲み過ぎて以来完全復活でムカムカな毎日。
しかしこのヘビさんを前にすると私もまだまだですなあ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






韓国のレジデンスで友達になったポーランド人アーティストのプシャモが来日して今度は東京のレジデンスに滞在している。
早速日本の桜を観せにゃあかんと千鳥ヶ淵と上野公園をハシゴした。アメ横の居酒屋で夕食を食べ、渋谷ののみや横丁で一杯飲んで解散。
桜の下で酔っぱらいと話したり、目の前でイカを焼いて食べたり、のみや横丁で日本酒を飲んだりと結構楽しんでいた。
あの韓国のレジデンスで居合わせた外国人アーティストたちは互いに仲が良く、その後もお互いに行き来するなんて珍しいと彼は言う。
そういうのを日本語で「縁」と言うんだよというような話をすると、彼はポーランドの面白い話をしてくれた。
「ある男が不幸続きで、なんで俺にばかりこんなことが続けて起るのだと神様に祈ると、実際に神が現れて彼に言った。『俺はお前が嫌いなんだ』」大笑い。
「俺たちは神に好かれているよね」と続ける彼に大いにうなずくと、別れ際に彼は付け加えた。
「でも神様は気が変わるんだよなあ」いや、楽しい夜でした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )