悩んでいます

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
現在の悩み、心のうち

30キロ走の途中で

2017-09-30 20:36:16 | 日記
今日も快晴。
とっても気持ちがいい日でした。

からりとした空気が爽やかで
こんな日に走らないでいつ走る?
そう思った私は今日が九月最後の日だし
30キロ走をして締めくくろうと考えました。

いつものように支度をしていざ出発です。

少し走ったところで赤信号となり、止まって待っている時
一人の年配女性から声をかけられました。

「毎日走っているんでしょう?
 どれぐらい走っているの?」
と聞かれたので
「15キロぐらいは走るようにしています。
 健康のためなんです。」
と答えました。

「頑張っているね。気をつけて行ってね。」
そう言ってその人は去っていきました。

嬉しいですね、こんなふうに声をかけてもらうと・・・。

また少し行くと、今度は向こうから自転車に乗った男性が
ちょっと派手な服を着てやってくるのが見えました。

もしかしたら、あの人かな?
そう思いながら見ていると確かにそのようです。
向こうも私に気が付いたようです。

そうなんです、時々走っているときに会う
かなり遠くから自転車でやってくる人。
名前も住所も知らないのだけれど
会った時には挨拶を交わす人です。

でも半年ぐらいずっと会わなかったので気になっていました。
病気なのかな、もう自転車に乗るのをやめたのかな
そんなことを思いながら
いつも私は出会っていたコースを走っていたのです。

今日もお互いを認めました。
でも、進む方向は反対だから
向かい合ったのはほんの一瞬のことだったけれど
挨拶をし、私は手まで振ってしまいました。
元気で自転車に乗っていることが分かって、なんだかとても嬉しかったです。

こんなふうに、走り始めてから二人の人から元気をもらいました。

俄然やる気が出てきた私。

スタートから15キロ行ったところでまた折り返し
30キロ走を無事に終えることが出来ました。

こうして私は九月最後の日の30キロ走を終えたのです。

今月も400キロ越えを果たしました。
カレンダーに記録しているのを見たら
台風がやってきた日だけ休んで、あとは毎日走っていました。
29日、よく頑張ったんだなあ~。

ということで、今夜はワインを飲んで乾杯です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の味覚

2017-09-29 18:55:32 | 日記
今朝はずいぶん冷え込みました。
ニュースでは初冠雪が見られたところがあったとか。
また初霜も降りたところもあったようです。

これからどんどん気温が下がって寒くなっていくのでしょうね。
秋の味覚を存分に楽しめる季節にもなってきました。

今日は、スーパーに行ったら
私が大好きな柿があったので買ってきました。
富有柿ではないのだけれど
私はたいていどんな柿でも好きなので
「あっ、柿だ!」と思ったらつい手に取ってしまいます。

一個では物足りないので、いつも袋に何個か入っているのを買います。
「ちょっと一個だけ食べてみようか。」
そう思って皮をむいてムシャムシャ。

しかし、悲しいかな、私は
「お菓子を食べないのだから、柿ぐらいたくさん食べたっていいだろう。」
そう自分に言い訳をして、またもう一個食べてしまうのです。

こんなのを「自分に甘い」というのですかねえ?

今日はもう一つ秋の味覚を楽しみました。

何かというと、畑で穂が出ていたシソなんです。
穂ジソを摘んで持って帰りました。

穂ジソなんて知らない人もいるかもしれないですが
クックパッドで料理の仕方を紹介しているのを見つけたので
たぶん私と同じように秋を楽しみたい人が
結構いるんでしょう。

その穂ジソを洗ってから全体に小麦粉をまぶし
それからてんぷら粉に水と少量の塩を加えました。
そのてんぷら粉をつけてから揚げ油の中に入れ
割と低温でカラッとなるまで揚げました。

揚げたては、やはり香りも良くて美味しかったですよ。

これはビールのつまみにいいかもしれません。
揚げたてを塩をつけて食べるのもいいでしょうね。
でも私は衣に少量の塩を入れたので
それ以上塩は付けずにそのまま食べました。

ほんとうに秋ですねえ。

銀杏の木の下に銀杏も落ちていました。

銀杏を拾って帰ろうかと思いましたが
あの独特の匂いがちょっと苦手で、
袋に入れて持って帰る勇気が今一つ出ませんでした。

次は栗かなあ~。
栗ご飯に栗の渋皮煮。
考えただけでも嬉しくなってきます。

これからますます食べる楽しみが広がります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何日ぐらいですか?

2017-09-28 21:07:34 | 日記
先日から鏡を見るたびに気になっていました。

でもランニングに出かけるときは帽子をかぶっていくから
あまり気にならないし
たくさんの人に出会うわけではないし
そう思って気付いていてもできるだけ気にしないようにしていたのですが
さすがに今日はこれはいけないと思って
とうとう白髪染めをしました。

悲しいですねえ、鏡を見た時に
頭皮から髪の毛の白いところがびゅ~~んとのびて
黒い髪の毛が浮いたようになってきているのを見るのは。

街中でもジムのお風呂でも
頭皮からだいぶん髪の毛の白いところが出てきている人を見ることがあります。

そんな人を見た時に、
白いところが気にならないのかなあ?と
いつも思うのです。

私はとっても気になるほうなので、
いつ染めようか、いつなら都合がいいかな
と計画を立てることが多いです。

どうしても染めようと思うのはどんなときかというと
やはり人と会ってしばらく話をするときですね。

短時間ならごまかしもきくけれど
長時間だとどうしても相手の方を向いて話す時間が長いから
相手も私の髪の毛とか指先とか見ることが多くなりますよね。

そうすると、絶対に髪の毛の白いところにも目が向いてしまうと思うんです。

だから、今日は長い時間会って話をすることになるぞ
と思ったら前日か当日の午前中に染めるようにしています。

ところがこれが、染めてもすぐに白い髪の毛のところが見えてくるんですよね。

もう少し長くもってくれたらいいのですが
私の場合は三週間もしないうちにかなり気になってきます。
一か月もたないのだから情けない。

美容院に行ったら、かなり高くつくので
(だって、いつもきれいにしていようと思うと
 二カ月に三回も美容院に行かなくてはならないので
 これじゃあお金がかかりすぎます。)
どうしても自分で染めることを選択しなくてはなりません。

いっそのこと真っ白の髪でいたら楽でいいだろうなとは思うものの
そうする勇気がありません。

まだまだ気持ちは若い!!
そう自負している私は真っ白の髪の毛で過ごすことに抵抗があります。

ええい!仕方がない。
染め続けるしかないか~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒガンバナのことで

2017-09-27 19:26:30 | 日記
実は今日、私はちょっと驚いたんです。
この前ヒガンバナのことを書いたばかりだったので
それで余計に驚いてしまったのですが・・・。

いつものようにフラフラと
あちこちと見まわしながらランニングしていた時のこと。
「アレ?なにこれ?白いヒガンバナがあるじゃない!!」

ふと見た植え込みの中に、
何と白いヒガンバナがあるのを発見したのです。
どうやらその家の人が植えて育てているらしい。

私の頭の中ではヒガンバナというのは「赤い花」だったので
見た目がそっくりで色が白いのを見たときは
ほんと、驚きました。

それで、私はヒガンバナのことを調べてみました。

調べてみて、またまた驚きました。

私が見たのは球根通信販売をしている会社のホームページでしたが
それを見ると、ヒガンバナもいろいろあって
花の色が赤、白、黄色、橙色、桃色、紫色などもあるというのです。

へ~~~そうなのかあ。

そして、色ごとに名前が違うのだということも分かりました。

赤は曼殊沙華  これは知っていました。

知らなかったのは
白は アルビフロラ
黄色は ショウキラン
橙色は キツネノカミソリやオオキツネノカミソリ など。 

花の写真も載っていたので見てみましたが
どれも似た形をしているけれど、色が違うし、花の大きさも違うのです。
そして、とてもきれいだと感じました。

特に黄色いヒガンバナのショウキランはヒガンバナより少し遅れて咲き
切り花としても人気があるとか。
花屋さんで見たことあったかな?
記憶がないけれど、花屋さんにあまり出入りしていないから気付かなかっただけかな?

ヒガンバナが切り花として使われることがあるということも
今日初めて知りました。

いつか私があまりに赤いヒガンバナがきれいだったので
思わず何本か摘んで持って帰ろうとしていたら
それを見ていた人が
「ヒガンバナは毒だから摘まないほうがいいよ!」
と私に声をかけてくれたことがありました。

それを信じて、私は毎年ヒガンバナは川岸などに咲いているのを
ただ見るだけにしていたのだけれど・・・。

まだまだ知らないことがたくさんあるなあ~と感じています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ああ、また落選! でも落ち込んでいられない

2017-09-26 17:10:09 | 日記
昨日、私はショックを受けていました。
東京マラソンの抽選結果のメール連絡がきたからです。
 
何ということか、またまた落選です。
これまで抽選エントリーしてきたレースがことごとく落選。

こんな悲しいことはないよ~~と叫びたいぐらいだけど
申込者数が多ければ多いほど当選確率は下がるのは確か。

仕方がない、もうここまで落選が続けばいちいち落ち込んではいられない。

それで、今日は秋晴れのいい天気だし
30キロ走に挑戦することにしました。

たった一つ当選しているレースを目指して
力を出し切れるようにトレーニングすればいいだけのことだ。
気持ちをそう切り替えました。

いつものように着替えをして、持ち物を整え
ちょっとストレッチをしてから出発。

30キロ走か、どっち方面を目指そうか?
そうそう最近ずっと行っていないところがある。
そこを目指してみようか。
行先はすんなり決まりました。

ちょっとアップダウンがあるけれどトレーニングにはよさそうなコースです。
歩道橋を上ったり、坂を登ったりするコース。
そして、行った先には近郊ではちょっと有名な滝もあります。

30キロ走だから、スピードはあまり意識しないで
ずっと走り続けることを目標としよう。
片道15キロ、で、往復30キロ。

よーし頑張るぞ!

国道沿いの歩道を走り続けました。
途中で一回トイレ休憩。
もちろん水を飲んだり、塩熱飴をなめたりもして気分転換。
それからまた走り続けました。

これまで私は結構根性がなくて、
距離が長くなるとたいてい途中から歩きが入っていました。

でも不思議なことに今日はかなり頑張れました。

途中一回だけ、坂の勾配がきつくてほんのちょっとだけ歩いたけど
それ以外はずっと走ることができたんです。

目的の滝があるところまで行ったら滝の写真も撮って
またすぐ折り返しです。

きっと帰りはもういいやと思う気持ちが強くなって歩くだろうなあ。
そんなふうに思っていたけど
何とか最後まで走り続けたいという気持ちが強くなり
ペースは落ちたけど最後まで走り通すことができました。

少しは成長できているかな、
しんどいことがあると、すぐにダメになってしまう自分の気持ちが
少しずつでも強くなっているのかな。
そんなことを思った私です。

今日はちょっと疲れたけれど、私にとってはいい日になりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加