そこそこの放送作家・堀田 延が、そこそこ真面目に、そこそこ冗談を交えつつ、そこそこの頻度で記す、そこそこのブログ。
人生そこそこでいいじゃない



騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編
村上春樹
新潮社


村上春樹は全部読んできた。
今回の新刊も発売されてから3日後ぐらいには入手した。
時間のあるときに少しずつ読み進め、ようやく読破。
その感想。

今回のは……うーん……微妙。
前半はまぁまぁ面白いんだけど、後半が過去作の焼き直しだらけで、イマイチ乗りきれなかった。
「ねじ巻き鳥クロニクル」の井戸、「海辺のカフカ」のジョニー・ウォーカー殺し、「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」の地下迷宮、「1Q84」のリトルピープル……そういった過去作に出てきたモチーフにそっくりなものばかりが次から次へと出てきて、確かに村上春樹ワールドなんだけど、既視感が強くてつまらない。
さらに舞台設定はどことなく「グレート・ギャツビー」。
うん、まったくもってつまらない。
ノーベル文学賞、こんな感じで獲れるのだろうか?

次作ではまったく新しいモチーフを展開して欲しいなぁ。
なんだかんだ言って村上春樹は最初の羊シリーズ3作が好き。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« FAKE 雨に唄えば »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。