そこそこの放送作家・堀田 延が、そこそこ真面目に、そこそこ冗談を交えつつ、そこそこの頻度で記す、そこそこのブログ。
人生そこそこでいいじゃない



夕凪の街 桜の国 (アクションコミックス)
クリエーター情報なし
双葉社


フジテレビのIプロデューサーに「傑作だ」と教えていただき、読んだ。
1945年8月6日の「ヒロシマ」、その10年後を描いたマンガ「夕凪の街」。
その感想。

わずか35ページのマンガだが、泣いた。
このマンガで泣けて良かった、と思った。

あの日、ヒロシマにアメリカが落とした原爆。
沖縄は陥落、本土にも激しい空襲、ほぼ勝敗は決していたのに、人体実験の如くヒロシマに投下されたウラン弾。
そして、その3日後にナガサキに落とされたプルトニウム弾。
人類史上最大の大量虐殺にほかならない。
戦争犯罪を問われるべきは、本来アメリカだった。
僕はそう思う。

映画「シン・ゴジラ」には石原さとみのこんなセリフがある。
「祖母を不幸にした原爆を、この国に3度も落とす行為は、私の祖国にさせたくないから」
日本は(世界で唯一)二発の原爆を実際に落とされ、数十万の民間人の命を奪われた国である。
その厳然たる事実を「シン・ゴジラ」は今一度あのような形で日本人観客にきちんと問うた。
世界で「シン・ゴジラ」が公開されるということは、世界の観客がその事実を今一度知ることにつながる。
怪獣映画という形を借りて、反戦のメッセージがズバリ描かれている。

たった70年やそこら前に、たった二発の爆弾で数十万が死んだのだ。
世界で唯一、この国で、この国の一般市民が、だ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ホビット三部... この世界の片隅に »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。