そこそこの放送作家・堀田 延が、そこそこ真面目に、そこそこ冗談を交えつつ、そこそこの頻度で記す、そこそこのブログ。
人生そこそこでいいじゃない



Black&White/ブラック&ホワイト エクステンデッド・エディション [Blu-ray]
クリエーター情報なし
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


『スター・トレック』のクリス・パインと『マッドマックス怒りのデス・ロード』のトム・ハーディがダブル主演のコメディ映画。
敏腕CIA捜査官の2人の男が、1人の女を公私混同して激しく奪い合うというストーリー。
何かのサイトでオススメされているのを読んで、購入&鑑賞。
その感想。

これはかなりの佳作。
なんといってもところどころが破壊的に面白い。
もう星4つあげてもいいぐらいの勢いだったが、星は3つ半。★★★1/2
星半分マイナスの理由は、主演女優のリース・ウィザースプーン。
イケメン2人が命がけで奪い合う女として、あまりにも可愛くない(アメリカ人男性にとっては可愛いのかも知れないが)。
そこに(日本人男子として)全然感情移入出来ないので、星半分マイナスさせて頂いた。
このヒロインの配役がもっとピンと来る女優だったら、もっともっと面白かったかな。
惜しいなぁ。
リース・ウィザースプーン、しゃくれてるんだよね。
しかも年齢もキツイ感じ。
調べたら、クリス・パインやトム・ハーディより年上なのね。
なんだよこのミスキャスティング。
残念。

ただ、映画としてとてもよく出来ている(下ネタ満載だが)。
監督はマックG。
しょうもない映画ばかり撮っていたやつだが、これは佳作。
別エンディングが3種類Blu-rayには収録されているんだが、どれもよく考えられている。
ありがちなコメディ設定だけど、良くシナリオが練り込んであるわ。
感心、感心。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






映画館に久々に出掛けた。
日曜日の二子玉は死ぬほど混んでいた。
ほとんどが家族連れかカップルだった。
僕は男1人。
肩身が狭いことこの上ない。
なるべく休日の二子玉には近寄らないようにしよう。

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ 」である。
この映画に向けて、ここ数週間いろんな映画を観てきたわけだ。
その感想。

普通。
悪くはない。
ものすごく良くもない。
星3つ。★★★
2時間半近くあるのだが、さほど長くも感じない。
つまり、よく出来ている方なのだろう。

観賞中心配になったのが、ほかの観客たちのことだ。
僕みたいにアベンジャーズシリーズの映画を全て観た上でこの映画に臨んでいるヘビーユーザーはともかく、だ。
そうじゃなくて、他の映画をそんなに観ていない観客……例えば『キャプテン・アメリカ』の1作目とか、『アイアンマン』の1作目とか、『アントマン』とか……そういうのをちゃんと観ていないライト層の観客たちにとって、この映画は意味不明だらけのはず。
シールドとかヒドラとか説明のない単語がたくさん出てきて、それで果たして楽しめたのだろうか?
僕の隣の席に座っていた、どう見てもデート中に軽い感覚でこの映画に入っちゃった2人とか、僕の前に座っていた、どう見てもご老人のご夫婦は、ストーリーの半分ぐらい意味分からないだろうなぁと心配に思って、気が気じゃなかった。
とはいえアクションシーンはとことん派手なので、なんだかよく分からないけどガンガン戦ってるから、意味分からなくても楽しいのかな?
まぁいいか、他人のことは。
でも僕自身がそういうライト層だとしたら、この映画はチンプンカンプンが多すぎて苦痛だったかもなぁ。
こういうところがシリーズものの弱点だね。

まぁでも、『スーパーマンVSバットマン』みたいな、最後いきなり強敵が現れて協力して戦うみたいな安直ストーリーじゃなくて、この映画ではきちんとアベンジャーズが二手に分かれて戦うし、突然の強敵も出ないので、ちゃんとしてます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




マイティ・ソー/ダーク・ワールド MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社


このところアベンジャーズがらみの映画を立て続けに観ているわけだが、残りは2本。
そのうちの1本『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』を観た。
その感想。

ひとことで言えば、わけが分からない。
ここまでよく分からない敵とよく分からない理屈とよく分からない世界観で話が進む映画もなかなか珍しい。
一応なんとなく(うっすら)分かるといえば分かるのだが、口で説明は一切できない。
よく分からないエネルギーを使ってよく分からない敵が宇宙をよく分からない方法で破滅させようとするのだが、よく分からない惑星直列のタイミングでよく分からない重力の異常とか空間のねじれが起き、それをよく分からない地球の科学者がよく分からない装置でなんだか上手に工夫してよく分からないけどなんとか敵を撃破するというお話なのだ(こんなにふんわりした文章も珍しい)。
ところが、つまんないのかというとそんなにつまらないわけでもなく。
星2つ。★★
わけが分からないんだけど、なんとなく観ていられるという珍しい映画。
たぶんナタリー・ポートマンが綺麗だからだろうな。
それ以外に観るところはない。
スター・ウォーズの新三部作と一緒だ。
ナタリー・ポートマンが綺麗だからなんとなくまだ観ていられる(笑)。



以下少しネタばれ。

最後ロキはあれどういう意味なのかね?
アンソニー・ホプキンスはどこに行ったのかね?
よく分からないエンディングに戸惑うよね。
アレフガルドがロキにのっとられちゃったわけ?
つくづくよく分かんない映画だなぁ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社


マーベル社のアベンジャーズシリーズ、そのひとつ。
宇宙が舞台の荒唐無稽もの。
荒唐無稽ってことでいえば、アイアンマンもキャプテン・アメリカもスパイダーマンも荒唐無稽なのだが、中でもマイティ・ソーと並んで荒唐無稽なのがこの『宇宙の守護者達』だろう。
アライグマと木とかが仲間だからな。
その感想。

やはり、無茶苦茶だった。
知らん星の知らん宇宙人たちが知らん戦いを展開する。
そんなものに2時間も付き合わさせられるのだから、たまったものじゃない。
一応主人公は地球人で、80'sをウォークマンで聴いているという設定なのだが、それも含めてスベっている。
ドンパチは派手で、CGも金かかっているのだが、所詮CGだ。
新しいスター・ウォーズと一緒でそんなものに観客はダマされない。
星は2つ。★★
しょうもない映画です。

こんなヤツラも一緒に戦っていくのかと思うと、アベンジャーズもそろそろキツいな。
広げすぎなんじゃないだろうか?
マイティ・ソーが出てきたあたりから破綻は始まっていたのだが(なにしろ神様だからな・笑)、こいつらの投入でますます無茶苦茶になることだろう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




アントマン MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社


一連のアベンジャーズシリーズの中の1本「アントマン」。
必要に迫られて観賞。
その感想。

普通。
ひたすら普通。
星2つ半。★★1/2
面白くもつまらなくもない。
もし映画館で観ていたら、『ああ金と時間を無駄にしたなぁ』と少し切なくなるぐらいの感じ。
悪くはないのだが、良くもない。
だから星2つ半。

身体を縮小させ、アリみたいな大きさになって戦うからアントマン。
そう思っていたら、実際にアリがたくさん出てきた。
想像していた以上に“アリ男”なのだ。
そこが少し笑える。

見終わってしばらくして気付いた。
ヒロインがイマイチなんだな。
『ロスト』でケイトを演じたエヴァンジェリン・リリーという女優さんなんだけど、やはりTVドラマクラスの女優さんなので、今ひとつ華がないのだ。
ここにもう少しビシッとハマる女優さんがいたら、もっと面白く感じたのかも知れない。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ