そこそこの放送作家・堀田 延が、そこそこ真面目に、そこそこ冗談を交えつつ、そこそこの頻度で記す、そこそこのブログ。
人生そこそこでいいじゃない



トランボ ハリウッドに最も嫌われた男 [Blu-ray]
クリエーター情報なし
TCエンタテインメント


昨年のキネ旬4位に入っていた作品。
「ローマの休日」や「スパルタカス」などの脚本を手がけた脚本家の実話。
その感想。

これはいい映画。
星4つ。★★★★
1950年代のハリウッド映画の知識が少々必要なのだが(実名で有名な役者や監督、映画会社の名前がバンバン出てくるのだ)、あの「赤狩り」の時代に虐げられた芸術家たちの苦悩が重く心に響く。
文句なしにいい映画。

言論と思想の自由。
大事。
誰が何を言おうと自由。
大事。
誰がどんな映画をどんな風にけなそうと自由。
大事。
俺は「君の名は。」が大嫌い。
自由。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




アメイジング・スパイダーマン2TM(初回限定版) [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


2で打ち切りになった「アメイジング・スパイダーマン」。
ずっと観ていなかったのだが、ついに観た。
その感想。

映画としては至って普通。
普通に面白いけど普通につまんない。
星2つ半。★★1/2
ただし、エマ・ストーンが可愛すぎるので星3つ。★★★
「ラ・ラ・ランド」にやられてしまった僕にとってエマ・ストーンは天使。
なのでどうしても加点してしまう。
なので星3つだな〜とずっと思って観ていた。
ところが、だ。
エマ・ストーンが最後に死んでしまうのだ。
それがもう可哀想すぎるて、点を引いて、星2つ半。★★1/2
結局、星2つ半。★★1/2
そんな感じの映画。

興行成績が振るわなかったのでこのシリーズは「2」で打ち切りになった。
その後ソニーがスパイダーマンの権利をマーベルに売却したので、「アベンジャーズ」にスパイダーマンが参戦。
エマ・ストーンも死んだことだし、確かにこのシリーズ、下手に続けなくて正解だったな。
スパイダーマンのデザインは目が大きくて超かっこいいけどね。

新しいスパイダーマン「ホームカミング」に期待。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ドクター・ストレンジ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社


はい、マーベルシリーズの新作です。
この人もアベンジャーズの一員となって戦うことになるんでしょう。
ドクター・ストレンジの感想です。

いやいや、これはかなりやっちゃってます。
相当な駄作。
星1つ半。★1/2
もっと面白いのかと期待していたのになぁ。
ひどいですよ、観る価値無し。

前半は割と良い。
天才外科医が事故で手の神経を損傷し……という導入はとても良い。
西洋医学では手が治らないものだから東洋の神秘に活路を見出す。
僕たち日本人の大好きな話ですよ。
この辺まではとても良い。
ところが、その先がいかん。
何が何だかよく分からないパワーを身につけ、なぜか悪と戦うことになっていくのだが、本当に何が何だか分からないのだ。
いや、説明しようとする努力の跡は見て取れるのだが、突き詰めるとよく分からない。
これは僕の理解力が足りないだけなのかも知れないけれど、わからんものはわからん。
期待していたのになぁ。
なんだか狐につままれるような映画だった。
結局何がどうなってるのか分からないんだもの。

マーベルも手を広げすぎだろ。
ソーまででやめておけ。
あれですら設定上は「神様」なんだからすでにヒーローものに加入させるのは基本アウトだ。
それを我慢して観てやってんだからさ。
カーディアンズ・オブ・ギャラクシーの面々とドクター・ストレンジのアベンジャーズ加入はやめておいたほうがいいと思うぞ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




デッドプール [Blu-ray]
クリエーター情報なし
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


長らくBlu-rayを寝かしていたのだけれど、ようやく観ました。
カルト的人気を博していた「デッドプール」。
その感想。

なるほど、面白い。
星3つ。★★★
スーパーヒーロー映画なのに、主人公が終始ふざけているという新ジャンル。
下ネタとグロネタ、おっぱいとお尻、血飛沫飛びまくりの激しいスプラッター描写などなど、おバカのオンパレード。
それでいて気分が悪くならないのは、終始ふざけているから。
しかも最後は少し感動。
実によく出来ている。
これはヒットするのも頷ける。
観客を100%選ぶと思うので、万人には決してオススメしないが。

このデッドプールはX-MENのグループに属する。
つまり20世紀フォックス陣営。
同じマーベルコミックス出身だけど、アベンジャーズとは一緒になれない。
アベンジャーズはマーベル・スタジオ陣営だから。
ちなみにスパイダーマンは以前はソニー・ピクチャーズ陣営だったがマーベル・スタジオに権利が売却されたので、アベンジャーズに参戦できた。
もうひとつちなみに言うとスーパーマンやバットマン、ワンダーウーマンが集結する「ジャスティス・リーグ」はD.C.エンターテイメント陣営。
大人の事情がいろいろあるのだ。
20世紀フォックス陣営のX-MENシリーズは「ローガン」でどうやら打ち止めらしいので、20世紀フォックスはこのむデッドプールで今後は食いつないでいくんだろう。
いっそのことデッドプールもアベンジャーズと合流して欲しいが、映画会社の事情でそうはいかないのだけれど。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






アカデミー作品賞にノミネートされていたSF作。
今年秋に公開が控えている「ブレードランナー2049」と同じ監督の作品。
聞こえてくる評判がかなり良いものだったので、公開をずっと楽しみにしていた。
早速観てきたその感想。

うーーーん、僕は微妙だった。
星は2つ半。★★1/2
第三種接近遭遇ものとして「未知との遭遇」以来の興奮を前半味わったし、最後に伝えたいメッセージはよく分かったし、哲学的な方向に収れんしていくこの手のSF映画が嫌いではないのだけれど、随所に散見する「安い」展開に興ざめしてしまったという感じ。
映像がとても美しくて、編集も上手だし、「ブレードランナー2049」にはとても期待が持てちゃうぐらい監督の手腕は見事なんだけれど、物語の大筋がある意味高尚で哲学的なのに比べて、ちょいちょい出てくるベタでお約束の展開が邪魔というか、リアリティを削いでいるというか、とにかくたまに興ざめしてしまうのだ。
とはいえこんなの観てない人にはなんのことか分からんだろうな。
なので以下ネタばれで語る。





以下ネタバレ



前半すごく良かったのに、後半の「暴徒が街で略奪をし始めるくだり」とか「YouTubeを真に受けたバカ軍人が爆薬仕掛けて銃撃戦になるくだり」とか「中国が宇宙船相手に単独で攻撃を決定してロシアとかがそれに追随するくだり」とかそういうベタな展開が、ほーーーーーーーーーっんとに必要なくて勿体ない。
あんな要素なんてまったく要らないのに。
彼ら宇宙生命体と女性言語学者がいかにしてコミュニケーションを取れるようになっていくのかまでの過程と、ついにコミュニケーションが取れた瞬間のカタルシス、その後の会話の興奮などをもっともっと丁寧に描き、「彼らはなにをしに地球にやってきたのか」というその一点の謎解きをもっともっと徹底して丁寧に見せてくれていれば、それこそ最高の映画だったと思う。
それなのに、YouTubeバカ軍人とか中国バカ司令官が出てきて、興ざめさせる。
あいつらほーーーーーっんとに邪魔。
ああいう陳腐な要素のせいで、映画前半にせっかく漂っていた「これはただ者じゃない映画だぞ感」が後半どんどん薄まっていくのよ。
もう、勿体ないったらありゃしない。

最後に分かる「未来が分かっても(例えそれが悲しくてつらい過酷な未来だとしても)同じ選択をするのか?」という哲学的問いかけなんて最高じゃん。
そこで俺は少し泣いたからね。
なんであの円環文字が読めると過去や未来が見えるのかに、理屈はないよ。
ただそうなるのだというこの映画の理屈に乗れるか乗れないか。
俺は乗れたのでまぁ良かった。
でも、3000年後に助けて欲しいってなぜ今言いに来る必要があるのか始め、細かい理屈はなーーーーんも通ってない。
それでも俺は哲学的問いかけが心に響いたので少し泣いた。
だからこそ、その手前にいろいろ積んである要らない要素が勿体なく感じたのよ。
惜しい、実に惜しい!
でもいい映画だった。
「ブレードランナー2049」に期待したい!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ