そこそこの放送作家・堀田 延が、そこそこ真面目に、そこそこ冗談を交えつつ、そこそこの頻度で記す、そこそこのブログ。
人生そこそこでいいじゃない



キャロル [Blu-ray]
ケイト・ブランシェット
KADOKAWA / 角川書店


2016年キネマ旬報ベストテンで外国映画ベストテンの2位に入った作品。
その感想。

僕的にはピンと来ず。
いい映画なんだろうと思うんだけど、致命的に面白くないんだよね。
最初まったく面白くなくて、ジワジワ面白くなってくるのかなぁ〜と思っていたら、そんなに面白くなくて、そのまま終わるという。
要するに女性の同性愛の話なんだけど、非常にお上品というか、物語に深みはあるんだけどおとなしいというか。
ずっとジワジワしたまま終わるので、正直言ってこれがキネ旬2位かよという思いもある。
まぁ1位が「ハドソン川の奇跡」なので、うんよく分からないのだが(笑)。
星2つ半。★★1/2

ケイト・ブランシェットってすごい筋肉質だよね。
背中が男らしいのよね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




エクス・マキナ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
クリエーター情報なし
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン


ヤバイ!
傑作発見!
昨年度米国アカデミー賞で大本命「フォースの覚醒」を差し置いて最優秀視覚効果賞を獲得した作品「エクスマキナ」。
こいつぁ大傑作だった。

A.I.の話だ。
A.I.つまり人間以上の人工知能を有したロボットがもし作られたらどうなるかという話。
これはねぇ、たぶん人類の未来を予言する映画になる気がする。
「ターミネーター」もそうだったけど、人工知能が人間同等の知能を身につけたら、そりゃこうなるよ。
いちばんの邪魔ものは人間なんだよ。
だからこうなる。
怖い。
でも面白い。

こんな傑作があまりひと目に触れられず映画史の中で葬り去られていくってどうなんだろう?
これは相当スゴイ映画だと思う。
1982年の「ブレードランナー」クラス。
あまりに素晴らしすぎて、少しばかり呆気に取られた。
星4つ。★★★★

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




スポットライト 世紀のスクープ[Blu-ray]
クリエーター情報なし
VAP,INC(VAP)(D)


昨年度の米国アカデミー作品賞受賞作。
遅ればせながらBlu-rayで観賞。
その感想。

これは作品賞で異論なし。
素晴らしく重厚な作品だった。
まぁ実話だからズルいんだけど。
それでも演出が素晴らしい。
星は4つ。★★★★
昨年度のアカデミー作品賞は個人的に「マッドマックス」を激押ししていたんだけど、これ観たら納得です。
この映画に作品賞を与えた米国アカデミー会員たちはなかなかたいしたもんだと思いました。
キネマ旬報の年間ベストテンもそうだけど、正しい作品に正しく賞を与えるって大事。
「君の名は。」がキネ旬のベスト10に入らないのもそりゃ当然なわけ。
正しい目で見れば、そうなるの。

いやー、いい映画だった。
まぁ実話なのだが。
結局、実際にこのスクープをものにしたボストングローブの記者たちがいちばんすごい。
カトリック教会って怖いね。
神父の中に小児性愛者ってそんなにいるんだ。
全体の6%だって。
こわいこわい。
ノーマルで良かった自分。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




あなた、その川を渡らないで [DVD]
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン


すごく良いと聞いて観てみた。
韓国のドキュメンタリー。
その感想。

まぁそりゃ感動するよ。
76年連れ去った老夫婦の片方が他界するまで。
星3つ。★★★
そりゃ泣く。
そりゃ感動する。
事実なんだもん。
その分、点数は少し差し引いている。

撮影が見事。
この監督、気配をどのように消して撮影しているのか。
2人の老人のごく近くで自然に撮影しているし、音声もきっちり録音できている。
時間をかけて取材対象者に寄り添った結果だろう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ズートピア MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社


今年の米国アカデミー賞アニメ部門の大本命。
順当ならこれが作品賞で頭角なのだが、今年は「君の名は。」がある(ノミネートはされるだろうと思う)。
で、実際のところ(個人的にはぜんぜん好きじゃないのだが)「君の名は。」がアカデミー賞を獲る可能性もないとは言い切れない。
いや、もしかすると獲るかも知れない。
そのぐらい大本命であるこの「ズートピア」が、実はパンチ不足なのだ。

この映画、ものすごくよく出来ている。
ザ・ディズニーアニメだ。
王道中の王道。
しかも今回は、動物の世界を描いたアニメでありながら、アメリカの人種差別問題や、世界的な移民排斥の動きを根本に流れるテーマにしている。
その辺のテーマ設定も、まったくまともなテーマが内包されていない「君の名は。」に比べれば、まさに作品賞候補にふさわしい。
だから、たぶん獲るだろうとは思う。
でも、なんだか不安だ。
それはなぜか?
ひとことで言えば「パンチ不足」としか言いようがない。

要するに、この手のよく出来たディズニーアニメに飽きているのだ。
僕はもちろんのこと、もしかすると世界中の人々が飽きているかも知れない。
よく出来すぎていて、もう面白みがないのだ。
そりゃよく出来てるんだけれど、なんだか予想の範囲内なのだ。
そうなると、異国のオタクが童貞感丸出しで作った異色でムチャクチャなご都合主義だらけの恋愛ストーリーが、それでも手法が新しいように映ってしまって、万が一にもアカデミー会員たちの票を集めることがあるかも知れない。
もし獲ったら日本のマスコミとか大騒ぎなんだろうな。
まぁ、知ったこっちゃないが。

この「ズートピア」。
点数は星3つ。★★★
繰り返すが、とてもよく出来ている。
出来すぎていて、ある意味つまらない。
面白い面白くないで言えば、僕も「君の名は。」の方が面白かった……今まで見たことがないものを見させられた、という意味ただ一点に於いて。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ