フォト

洗足学園音楽大学・延原ゼミの活動の様子を写真を交えて紹介します。

コンサート「のぶつむり」がんばって終了!(2)/アンケート結果

2017-06-10 18:31:23 | 活動報告


ゼミでは毎年一回必ず演奏される曲があります。
それがこのイベール作曲2つの間奏曲です。
この曲の原曲はフルートとヴァイオリンとピアノなのですが、
実にいろいろな編成で演奏されるほどよいのです。



今回は4年生の中村紀仁君と3年生の前川あかりさんにより、
ソプラノサックス2本で演奏されました。
ピアノはこの日2組の演奏をした2年生の髙城美希さんです。

気持ちを揃えて演奏するというのは、
まさにこの曲のことを言うのでしょうね。
同じ音域の2本は高い音域と低い音域で交わることが多く、
互いに主役となる異なるキャラクターを演じます。
さらにピアノのテンポ感も重要です。
難しい技巧はなくとも難しいアンサンブルです。
コンサートに「間奏曲」として、束の間の安らぎを演出しました。

アンケート結果です。全て原文どおりです。

●本日の演奏・曲目で良かったものは何でしょうか。
ベーメ作曲 ロシアの踊り 6
エックレス作曲 ソナタト短調 6
クライスラー作曲 前奏曲とアレグロ 5
ショパン作曲 ワルツ第5番 変イ長調作品42 5
Percussion medley 〜雨の日に〜 5
ドニゼッティ作曲 オーボエソナタ へ長調 6
ボザ作曲 アンダンテとスケルツォ 4
デュティユー作曲 コラール、カデンツとフガート 5
イベール作曲 2つの間奏曲 3
ブルカリ作曲 雨上がり 4
プーランク作曲 延原正生編曲 3つのノヴェレッテ より第1、3曲 10
村松崇継作曲 EARTH 8
イベール作曲 アルトサクソフォーンとピアノのための室内小協奏曲 より第2楽章 7

●司会者やスタッフ。進行につきましてひと言お願い致します。
ユーモアを交えた司会、楽しかったです。
よかったです。
楽しいMC、とても良かったです。
あたたかみがあり、親近感を持ちました。
とてもよかったです。
ユニークでした。
かえるがかわいかった♡
スムースでとてもよかったです!!
司会の方も面白かったです!
司会のしほつむりchanは本当におつかれさまでした。
楽しかったです!
ユーモアがあって良かったです。
司会者の名調子で、スムーズに運営ができてすばらしいです。
演奏者も思わずにっこりしていました。
6月にあった進行で楽しかったです。

●このようなコンサートの開催についてどのようにお感じになりましたか?
演奏をする方にとっては、それぞれ良さを伸ばしていける場であり、
聴き手にとっては気持ちのこもった演奏を楽しめるとてもいい機会です。
すばらしい。
身近に音楽がある幸せを感じます。
ゼミのレベルの高さを感じました。
曲目紹介の紙の大きさをプログラムと同じ大きさにして下さい。
雨についてのすてきなコンサートだと思いました。
気軽に聴きやすくよいと思います。
色々なレパートリーがあって楽しく聴けました!
皆さんお疲れ様でした!
延原先生が編曲したノヴェレッテ、最高です。譜面が欲しいです。
リーズナブルでとてもよいです。
定期的に開催されてとても楽しかったです。
1人1人の個性と能力がとても良かった。
今日の形式は良かったです。
毎回楽しみにしております。
色々な楽器の音色を聞くことができて演奏できない人も飽きずに楽しめると思います。
皆さん上手ですね。
いつも楽しみにしております。機会があればまた聴きにきたいです。
タイトルも面白いです。
また来させて頂きたいです。

「ベーメ作曲 ロシアの踊り」について
トランペット、迫力あってすてき。

「Percussion medley 〜雨の日に〜」について
雨の日が楽しくなりそうです。
『イベント』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コンサート「のぶつむり」が... | トップ | 期待の1年生(1) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
のぶつむりを終えて (中村紀仁)
2017-06-10 20:01:47
今回の演奏会でイベール作曲「2つの間奏曲」を演奏したサクソフォンの中村紀仁です。
元々フルートとヴァイオリンの曲ですが、今回はソプラノサクソフォン2本という同族楽器だからこその音色感やアンサンブルを表現しました。
色々と反省の多い本番でしたが、楽しめて演奏出来たと思います。
Unknown (高城美希)
2017-06-11 21:41:40
反省点もたくさんあったけれども、先輩方と演奏できてとても楽しかったし、勉強になりました。
また頑張ります!!

コメントを投稿

活動報告」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL