ほぼ不定期日記

散歩ばかりしている男の嘘日記

若きバイソンと雪山を描かれました

2018年02月23日 | 生徒さんの新作

厚木教室の生徒 I さんの新作をご紹介いたします 

雪山に遊ぶ若きバイソンを描かれました 


しんしんと降り積もる雪が山の樹々を淡く霞ませています 

大胆に簡略化した背景と細密に描き込まれた野牛の姿を浮かび上がらせています 

どこか幼さを残したバイソンの表情が厳しい寒さをほんのり暖かく和ませて 

健気に生きる野生の動物に注ぐ作者の優しい眼差しを感じさせる作品となりました 

 

ここでご紹介している作品は「林信夫の日本画教室」のトップページの9点のみとなっております 

すべての生徒さんの作品をご覧になりたい時には下記リンクをクリックしてください 

林信夫の日本画教室 http://www.geocities.jp/nobrinsanjps/index.html


教室ごとのページからも生徒さんの個人作品ページに移動出来ます
 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

糸三つ葉を刻んでカレー南蛮蕎麦に散らす朝

2018年02月23日 | ほぼ嘘日記

午前7時に起床する 

新玉ねぎと豚こま肉を蕎麦つゆでサッと煮てインディラカレー粉を放り込みさらに煮たのを 

茹でた蕎麦にブッかけザク切りにした糸三つ葉をたっぷり散らす 


鮮烈な三つ葉の香りが鼻腔を突き上げる 

カレー汁に混ぜこむとよりいっそうそれが強くなる 

栽培ものの糸三つ葉ではなくて早春の野に萌えた野生の三つ葉を摘みたい 

そういうものに飢えている 

春よ来い! 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旬を過ぎたホウレン草を玉子とじにして蕎麦にブッかける朝

2018年02月22日 | ほぼ嘘日記

午前7時に起床して可燃ゴミを出す 

小雨が降っている 寒さは変わらず 

雪に変わるかも?と天気予報が教えてくれる 

露地物のホウレン草がひと束198円だったので買ってみたがもう旬は過ぎていて厚みが少ない 

それを下茹でしてから蕎麦つゆで煮て玉子とじにしたのを蕎麦にブッかけ長ねぎを散らす 


霜に当たり柴犬の仔の耳のような厚みのホウレン草はもう無い 

これからはトウが立ち筋っぽくて硬くなる 

それと引き換えに野にはフキノトウが顔を出してくる 

あのほろ苦くて香り高いフキノトウを喰えば胃の調子も良くなって 

居座り続けるインフルエンザの毒素も身体からすっかり吐き出されるのではないか? 

そう思うと多少熱っぽいけれど丹沢の山裾へ出かけたくなってくる 

去年の今頃は多少熱っぽくとも山に分け入って歩きまわっていた 

そういえば冬枯れの渓谷でトラツグミにも会えたり・・・ 

福寿草咲く公園でアトリの群れに出会ったり・・・ 

去年の今日は?といえば河津桜満開の泉の森の民家園でルリビタキに会ったりしている 

ほら!多少熱があっても解熱剤を服んで歩いていたではないか! 

負けて堪るか! 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長尾峠越しの富士を描かれました

2018年02月21日 | 生徒さんの新作

古淵教室の生徒 H さんの新作をご紹介いたします 

長尾峠越しに望む富士山を描かれました 


箱根の駒ヶ岳から長尾峠越しに富士山を望んで描かれました 

細やかに描き込まれた山頂付近の雪の真っ白な輝きが霊峰の存在感を生み出し 

帯状に伸びる外輪山の連なりがちいさな画面ながら広い奥行きを作り出しています 

薄く濁って広がる青空の色合いが深まる冬の空気を巧みに醸し出しています 

 

ここでご紹介している作品は「林信夫の日本画教室」のトップページの9点のみとなっております 

すべての生徒さんの作品をご覧になりたい時には下記リンクをクリックしてください 

林信夫の日本画教室 http://www.geocities.jp/nobrinsanjps/index.html


教室ごとのページからも生徒さんの個人作品ページに移動出来ます
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新玉ねぎとごてあらぽーで焼うどんの朝

2018年02月21日 | ほぼ嘘日記

午前8時に起床する 

空気がしっとりと湿っている? 寒さは変わらず 

新玉ねぎとごてあらぽーとニンジンを炒めたところにうどんを放り込み味醂と醤油で味付けし 

火を止めたら長ねぎを混ぜ込み皿に装ったら焼き海苔を散らして喰う 


焼うどんといえばソース味か?醤油味なのか?という論争が果てないけれど 

どちらも美味い!と宣言してそれに終止符を打つのは簡単だがそうはいかない 

ソース味ならば多彩なスパイスの香りを 

醤油味なら焦げる時の香ばしさを 

それぞれの贔屓筋が最初にあげるに違いない 

焼うどんは焼きそばに比べればややマイナーな印象だし数的にもそうなのだろうが 

焼うどんは焼きそばには無いほのぼのとした素朴さがあって時折無性に喰いたくなる 

そういえばどこの店だったかは忘れてしまったが焼きそばを頼んだら 

焼うどんにしか見えないものが運ばれてきたことがあったが 

鹹水を使ってない白っぽい麺は見ても喰ってもうどんだったし 

しかも乾麺のうどんを茹でたのを炒めたとしか思えないものだったのは・・・と 

ここまで考えたら40年前の西武新宿線の小川駅のすぐ近くの店だったのを思い出した 

小川駅の改札を出て数分歩くと道路はすぐに未舗装になった 

くだんの中華屋の前を通り抜けると大きな病院に突き当たりさらに 

病院を回り込む道沿いに進むと畑のなかに学生向けのアパートがぽつぽつと建っていた 

そのひとつに若き日の S 画伯が住んでいてその先には同じく元額縁屋の S が住んでいた 

当時の私は新小岩に住んでいて週末ごとに小川に行って彼らと遊んでいたが 

遊ぶといってもただ集まって馬鹿な話をしたりいっしょに飯を喰うくらいで 

それでもあっというまに日は暮れ朝が来て月曜日になれば新小岩に帰っていた 

気がつくと40年の年月が過ぎ去って未だに S 画伯とのつきあいは続いているが 

元額縁屋の S は数年前に亡くなってしまってもう馬鹿な話をすることも出来ない  

次は自分の番だ 

なりたい者にはなれた 未練は無い 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

霜降りひらたけで浸け汁作って冷やしうどんの朝

2018年02月20日 | ほぼ嘘日記

午前8時に起床する 

今朝も寒いけれど急に冷たい麺を喰いたくなったのはヘソが曲がっているからだろうか? 

ホクトの霜降りひらたけと長ねぎを煮干し出汁で煮て醤油と黄ザラと味醂で味付けする 

乾麺のうどんを柔らかくなるまで茹でてから冷水で良く冷やし引き締め皿に盛り擂り胡麻を振る 

冷たいうどんを熱々のキノコ汁に浸してすすり込む 


喰い終わったら・・・ハクション! クシャミ連発 

ちょっと熱があるみたい 

それで冷たいものを喰いたくなったのかと独り合点する 

薬は服まない 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホクトの霜降りひらたけで熱々きのこうどんの朝

2018年02月19日 | ほぼ嘘日記

午前8時に起床する 

昨夜小鍋に仕込んでおいた煮干しを火にかけ出汁を引く 

ホクトの霜降りヒラタケを手で裂いて長ねぎといっしょにコトコト煮込む 

味付けは塩と味醂 醤油は色付け程度 

腰が抜けるまで柔らかく茹でた乾麺のうどんにキノコ汁をブッかける 


ああ!鳴沢の道の駅で素朴なキノコうどんを喰いたい! 

風邪は治っているのに身体のあちこちに症状だけが残っていて悔しい 

そろそろ河津桜や熱海桜が咲き始めているというのに・・・ 

染井吉野が咲いたらアミガサタケの季節がやって来る 

去年見つけたポイントはハンターたちにも見つけられていない 

焦らずしっかり治そう 

今日は午後から教室 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ごてあらぽーとホウレン草でスパゲティの朝

2018年02月18日 | ほぼ嘘日記

午前8時に起床する 

眼振が起きたが目を閉じてぐるぐる目玉を回していたら治った 

ごてあらぽーとニンジンと長ねぎと下茹でしたホウレン草を炒めて茹でたスパゲティーを・・・と思ったら 

あっ!スパゲティが少ない! 仕方が無い もう戻れないのでこれで作るしか無い 

炭水化物が少ないのは悲しいなぁ〜 


うどんの乾麺も残りわずかだったのでスパゲティと合わせて喰おうか?とも思ったが 

歯ごたえが違い過ぎるのでやめた やめて良かった 

葉もの野菜の高値はいまだに続いている 

白菜を買うよりも白菜漬けのほうが安いというような逆転現象はいつまで続くのか? 

秦野に野菜を仕入れに出かけたい 

体力はあるか? 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山下まゆみ展@横浜高島屋

2018年02月17日 | おしらせ

山下まゆみさんの個展が2月28日から始まります

横浜高島屋7階美術画廊

2月28日から3月6日まで

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フレンチトーストに蜂蜜垂らしてホットミルクの朝

2018年02月17日 | ほぼ嘘日記

午前8時少し前に起床する 

溶き卵と牛乳にセブンイレブンの食パンを浸してバターでソテーする 

スナフキンのマグカップにはホットミルク 

フレンチトーストに蜂蜜を垂らして頬張る 


フレンチトーストで思い出すのは・・・映画の「クレイマー vs クレイマー」だろうか? 

父親役のダスティン・ホフマンが初めて作る黒こげのフレンチトーストが印象的だったが 

作ってみるとあれほど酷く黒こげにするほうが至難の業だということが判るだろう 

それほどに簡単な料理?だが 元々は堅くなったパンをなんとかして喰おうと工夫したのが起源で 

ただでさえ堅いフランスのパンを牛乳鶏卵でふやかせ焼いてデザートとしたものだったようだが 

フレンチトーストと呼ばれ始めたのはフランスではなくてアメリカだったりするのは 

挽肉を丸めて焼いたのをハンバーグステーキと呼ぶようになったのが 

その料理が生まれたドイツのハンブルグではなくてアメリカだったり 

魚の摺身を素揚げにしたものを薩摩揚げとは鹿児島では呼ばなかったりするのと似ている 

こういうことは洋の東西を問わないものなのだろうか? 

ともあれこの脂っぽくて甘いフレンチトーストを朝飯として喰うと胃弱の今は確実にもたれる 

太田胃散を服む 

ところで・・・ 

ダスティン・ホフマンは「クレイマー VS クレイマー」でアカデミー主演男優賞を授与されて 

ハリウッドでの確固たる地位を得ることに成功し今に至るが 

私としてはもっと前の「真夜中のカウボーイ」や「わらの犬」のほうが印象深い 

今はどちらも地上波では放映出来ないだろう 

随分と窮屈な世の中になってしまったものだ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加