ほぼ不定期日記

散歩ばかりしている男の嘘日記

帆立と春キャベツでかき玉汁蕎麦の朝

2017年03月30日 | ほぼ嘘日記

午前6時に起床する 

今朝も晴れ おかげで寝覚めが軽い 

煮干しと昆布の出汁に帆立の缶詰水煮と玉ねぎと春キャベツとパプリカを放り込み煮たところに 

水溶き片栗粉を加えてトロみをつけ卵を流し入れたのを茹でた蕎麦にブッかけて手繰る・・・ 

こりゃぁ美味い! 美味いぞ! 


帆立のコクと玉子の甘さが昆布のまったりとした旨味と相まって美味い! 

素材のエキスがしみ出したスープを飲むと身体の中までポカポカになってくるような気がする 

今日は大磯で花見の宴がある 

その途中で湧き水の里に寄ってみよう 

冬鳥たちが去ってしまう前に 

追記:花見の宴は明日だった・・・ 加齢を痛感する朝だ 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬鳥たちは帰り支度を始める... | トップ | 夕暮れの緑道を歩く・ソメイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ほぼ嘘日記」カテゴリの最新記事