ほぼ不定期日記

散歩ばかりしている男の嘘日記

ワタスゲ揺れる尾瀬ケ原を描かれました

2017年05月17日 | 生徒さんの新作

古淵教室の生徒 N さんの新作をご紹介いたします 

ワタスゲの白い穂揺れる尾瀬ケ原の景色を描かれました 


尾瀬ケ原を流れる朝霧がワタスゲの白い穂をフワフワと揺らしています 

ヒメシャクナゲの薄桃色とゼンマイの若葉色が静かな湿原に彩りを加えて 

スラリと伸びるダケカンバの幹の白さとともに画面に躍動感を作り出しています 

奥行きを考えながら描き込まれた草原が作品にゆるやかな広がりを生み出しました 

 


ここでご紹介している作品は「林信夫の日本画教室」のトップページの9点のみとなっております 

すべての生徒さんの作品をご覧になりたい時には下記リンクをクリックしてください 

林信夫の日本画教室 http://www.geocities.jp/nobrinsanjps/index.html


教室ごとのページからも生徒さんの個人作品ページに移動出来ます
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エゴの花咲き始める麻溝公園... | トップ | いただいた新潟のアオサを味... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む