ほぼ不定期日記

散歩ばかりしている男の嘘日記

青梗菜とエリンギをきつねうどんに添える朝

2016年10月29日 | ほぼ嘘日記

午前6時に起床する 

冷蔵庫から半割りにした青梗菜を取り出す 

これで葉もの野菜の在庫が尽きた どこかで仕入れなければ 

半割りの青梗菜をさらに半割りにして薄切りにしたエリンギといっしょにうどんつゆで煮ておく 

油抜きしたお揚げさんを薄甘く煮含めうどんの上に乗せ青梗菜とエリンギを添えネギを散らす 

出汁は煮干しと昆布 昆布は羅臼産 煮干しは静岡産 つゆの味付けは醤油と味醂と塩と黄ザラ 


ほの甘く煮含めたお揚げさんを噛み締めるとじんわりと大豆の旨味がしみ出してきて・・・美味い! 

お稲荷さんを作りたくなってきた 

私が育った四国のお稲荷さんは三角錐と言えば良いのか円錐形と言えば良いのか判らないが 

関東で見る稲荷寿司とは違って口が開いていて中身の酢飯が見えていて しかも 

細かく切った具材が混ざった「ちらし寿司」が詰め込まれているのだとしか言えないが 

ともかくお揚げさんをすりこぎでゴロゴロと押し潰したら斜めに切り分け口を開き甘く煮含め 

ニンジンごぼうヒジキ椎茸ごまコンニャクの入った五目寿司をその中に詰めるだけのことなのだが 

いざ作ってみると酢飯の甘酸っぱさとお揚げさんの甘さのバランスがなかなか難しいのだと 

しみじみ思っていたら俄然自分の生まれた故郷のお稲荷さんを作りたくなってきた 

自分用の膠を炊きながらエチオピアモカを挽いて飲む 

今日はちょっとだけお絵描き あとは散歩 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋吹き去った麻溝公園ににサ... | トップ | 紅葉ニンジンをエリンギ蕎麦... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ほぼ嘘日記」カテゴリの最新記事