ほぼ不定期日記

散歩ばかりしている男の嘘日記

花菖蒲咲く水辺でサナエ蜻蛉はシジミ蝶を齧る

2017年06月14日 | ほぼ散歩

南林間教室の前に泉の森に寄ってみる 

梅雨だというのに空は快晴 日差しがまぶしい 

調整池は花菖蒲の花でぐるりと彩られている 


おっ!目の前に大きなトンボがとまった 

ヤンマかと思ったらサナエトンボだ なにサナエなんだろう? 

コオニヤンマかな? コオニヤンマはサナエトンボの仲間 ややこしいね 


しばらくサナエトンボはおとなしくしていたが 

急にスイッと飛び立って草むらの上を旋回したと思ったら今度は岩の上にとまった 

あぁっ!シジミチョウを齧ってる! 


バリバリと音を立てて齧っているような気がする見事な喰いっぷりだ 動画で撮る 


睡蓮沼の上に伸びた花菖蒲の葉っぱでオオシオカラトンボが翅を休めている 

青い身体と黒い瞳がなんとも美しい 


こちらでロープにとまっているのはシオカラトンボだ 

トンボの目玉は水色眼鏡 歌の文句の通りのトルコブルーにうっとりする 


池の暗がりにはウシガエルが浮かんでいる 


日向ぼっこでもしているのか?それとも昼寝をしているのか? 

ウシガエルは少しも動かない 

その後ろで蠢いている大好物のザリガニには気がついていないようだ 動画で撮る 


池のほとりを離れて雑木林に向かう 

森の入り口のビヨウヤナギは今が盛り どの花も満開だ 


スジグロシロチョウは夢中で紫苑の蜜を吸っている 


ベニシジミはスパニッシュダンサーのような装いで葉っぱの上で舞っている 


それからベニシジミは草むらの底に潜り込み 

草の茎に卵を産みつけている 動画で撮る 


強い日差しで頭がクラクラしてきた 

木陰を選んで駐車場に戻る 

仕事場に向かう 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とんがりトマトをポテトサラ... | トップ | 小田原揚がりの真鯖で琵琶湖... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ほぼ散歩」カテゴリの最新記事