ほぼ不定期日記

散歩ばかりしている男の嘘日記

ポークカレーに沢庵を添えて琵琶湖の旅を夢見る朝

2017年06月19日 | ほぼ嘘日記

午前6時に起床する 

雨やんで涼しい朝だ 

豚肩ロース肉の薄切りと玉ネギじゃがいもニンジンを軽く炒めカレールゥを加えてさっと煮る 

炊きたての黒米ご飯に熱々のポークカレーを垂らし酒悦の沢庵を3切れ添えて喰う 


酒悦の沢庵はたしかに昔ながらの味がするけれど 

琵琶湖を旅した時に長浜で買った沢庵のことを思い出すと物足りなくなってくる 

それくらい長浜で買った沢庵は昔通りの沢庵だったし昔の沢庵のように臭かった 

しかしあれが本物の沢庵である 

そう思うと今すぐに琵琶湖に旅したくなってくる 

琵琶湖に行って最初に喰いたいのはビワマスの鮨だ 

貴重なビワマス鮨だが敷居の高い料亭や寿司店に入らなくても 

長浜駅から数分歩いたところにあるレトロな定食屋の中島屋食堂に行けば手軽に喰える 

ビワマスは琵琶湖だけに棲む鱒だ 

その味は鱒のなかで最も美味いと言われている そして・・・ 

諸君!見給え!これがビワマスの鮨だ 


その横でギラリと光っている真鯖を〆た握り鮨も文句無く美味い 

さらに沢庵の細巻きがまた泣かせる味なのだ 

酢飯は関西風というよりもやや江戸前なのも良い 

老齢の主人と女将のどこか訳有りな佇まいがこの店の味わいを深めている 

その寿司とニシン蕎麦のセットがなんと・・・850円なのだ 安い! 


蕎麦の味など気にするな ここは関西 ヤボだよ 

ただひたすらにビワマスの透き通った美味さを楽しめば良いのだ 

腹ごしらえが終わったら黒壁の街並を歩くも良し 

湖畔を散策するも良し 

小腹が空いたら名高き「つるやのサラダパン」を買って齧れば良い 

つるやのサラダパンは沢庵の微塵切りがコッペパンにはさんである 

歯触りが心地良い 味はどうってことないけれど 

やはりこのあたりは沢庵の里なのだ 



あっ!そうそう!お土産の沢庵を買い忘れないように! 

しっかり干して引き締まった大根を本物の糠床に漬けた臭い沢庵 

柿の葉といっしょに漬け込んだやつね ♪ 

ああ! 行きたい! 

食後のコーヒーを飲む前に酒悦の沢庵をもうひと切れ齧る 

教室用に膠を炊く 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 楮の実紅く色づく・蛙は雨乞... | トップ | 真鯖を実山椒で有馬煮にして... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む