ほぼ不定期日記

散歩ばかりしている男の嘘日記

ゴボウとピーマンを天ぷらにして博多風ゴボ天うどんの朝

2016年10月11日 | ほぼ嘘日記

午前6時に起床する 

秋だから当たり前とはいえ肌寒いのをちょっと通り過ごしてむしろ寒い やれやれ 

フリースを羽織って台所に立つ 

ゴボウとピーマンを天ぷらにしてうどんに並べる

うどんは博多風に腰が抜けるまで茹でてある 

つゆは煮干しと昆布の出汁を引いて讃岐風にした 


野菜不足はますます深刻になっている 

葉もの野菜はまだ出回らないし 

大根はたぶん冷蔵保存していたものを並べているのだろうし 

長ねぎは土の中で腐ってしまったなどという報道を見ると 

この先冬に向かって鍋ものやおでんが楽しめなくなるのではないかと思うと 

いっそう今朝の肌寒さが増してくる そんな気になってくる 

ちょっとした天候異変で我々の暮らしに深刻な影響が出てくるのを考えれば 

頑丈な大地だと思いこんでいるものが実は・・・ 

温めた牛乳の上に張った薄い幕のような頼りないものだと再確認してみる 

覚悟をすれば怖さは無くなるはず 

エチオピアモカを挽いてドリップする 

教室用に膠を炊く その配合は冬仕様 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋のバラ咲く北公園で蟻は豹... | トップ | 冷え込んだのでナメコあんか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ほぼ嘘日記」カテゴリの最新記事