ほぼ不定期日記

散歩ばかりしている男の嘘日記

郷土の森のケシ畑を描かれました

2017年04月19日 | 生徒さんの新作

古淵教室の生徒 H さんの新作をご紹介いたします 

府中市の郷土の森のケシ畑を描かれました 


夏の日差が生み出す強い陰影が穏やかな情景に深い味わいを醸し出しています 

塗り重ねた岩絵の具の輝きと重厚な手触りが輝くケシの花咲く草地の広がりを表現し 

細やかに描かれた茅葺きや長屋門の奥に垣間見える古民家の息づかいまで感じさせています 

緑と茶色のシンプルな構成が縦長の画面を心地良いリズムを作り出しています 

 


ここでご紹介している作品は「林信夫の日本画教室」のトップページの9点のみとなっております 

すべての生徒さんの作品をご覧になりたい時には下記リンクをクリックしてください 

林信夫の日本画教室 http://www.geocities.jp/nobrinsanjps/index.html


教室ごとのページからも生徒さんの個人作品ページに移動出来ます
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花びら散り敷く勝坂遺跡公園... | トップ | 塩鯖を煮て素麺に乗せて琵琶... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む