ほぼ不定期日記

散歩ばかりしている男の嘘日記

ヒメシャラの花咲き散る・シマリスは石をどけて穴を掘る

2017年06月09日 | ほぼ散歩

古淵教室の前にしばらくぶりに麻溝公園に寄ってみれば 

生け垣は皆アジサイの花に代わっていて・・・ああ梅雨だったね 


梅雨入りしたにしては雨が降らないな・・・

なんて言っていたら次の日からザッと降り出すのが梅雨ってものだけどね 

色とりどりで形もそれぞれのアジサイを楽しみながら雑木林に入る 

ああ・・・ヒメシャラが咲いている 

咲いたそばからポトリポトリと散り落ちている 風情があるね 


ジーチクジーチク♪ ピィピィ♪ 

シジュウカラだ 巣立ったばかりの若いシジュウカラだね 

頭もネクタイもまだ薄い灰色だ 


パシャパシャ♪ 

枝と葉っぱが邪魔をして上手く撮れない 

パシャ♪ やっと目玉が写った クチバシはまだほんのり黄色いね 


散り敷くヒメシャラの花を踏まないように気をつけながら雑木林を抜け花壇に向かう 

時計草のつぼみが膨らんでいる すっかり夏だ 

ほら!ひとつ咲き始めてるよ 

明日の朝になればあの不思議な造型の花姿を見せてくれるのだろう 楽しみだ 


ヤグルマギクの花にはモンシロチョウ 夢中で蜜を吸っている 

 

日差しが強くなると汗が吹き出してくる 

仕事前に汗だくではまずいので木陰に逃げ込む 

シマリス舎はすっかり緑陰に包まれている 

リスちゃん?どこにいるの? いた!ふたつのリス舎の連絡通路の上ににうずくまっている 


木漏れ日と網目がシマリスちゃんの背景に魔法をかけている 

カメラを嫌がって餌台のほうへすっ飛んで逃げた 

シマリスちゃんはおとなしくトウモロコシをポリポリ齧っていたが・・・ 


それに飽きたのか地面に飛び降りて落ちたヒマワリの種を探し始めた 

水分を吸って発芽寸前のほうが栄養があるのだろうか? 

石までどけて穴を掘り湿った種を探し出している 動画で撮る 


仕事の時間が近づいてきたので駐車場に戻ることにする 

3歳くらいの男の子と若いお父さんがしゃがんで何かを見ている 

ほ〜らトカゲさんだよ〜 お父さんが優しく話しかけている 

幼子はじっと動かずにちいさな動物を見つめている 

ふたりが立ち去ったので近づいてみると・・・ 

それはトカゲではなくてカナヘビだった 


カナヘビは焼けた石の上で右足と左足を交互にあげて日向ぼっこをしていた 

本格的な梅雨になったら姿を見ることも出来なくなるね 

カナヘビにさようならを言って愛車に乗り込む 

仕事場に向かう 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黄色い沢庵をかくやに切って... | トップ | ショルダーベーコンを煮麺に... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素敵な更新をありがとうございます。 (群青色)
2017-06-10 09:18:55
おはようございます。
麻溝公園の景色をありがとうございます。
いつも、その場所に瞬間移動させていただいているようです。ありがとうございます。

恥らっているような白いアジサイ。
希望いっぱいの時計草の固いつぼみ。
豊かな白、黄色のヒメシャラさん素敵です。
ヤグルマギクとモンシロ蝶は光を浴びてキラキラ美しく
幼いシジュウカラさんやカナヘビさんも
それぞれの居場所で活きていますね。
丸い黒いおめめのリスさんは
なんて愛らしいのでしょう。
水無月もはや10日の快晴
朝から汗をかいております。
元気を頂戴いたしました。

週末も素晴らしいお時間をお過ごしいただけましたら幸いです。
ありがとうございます。感謝
ちいさないのちが (ほぼ不定期日記管理人)
2017-06-10 09:52:28
群青色さま
コメントありがとうございます
雑木林はすっかり翡翠色の葉に覆われて小鳥たちの姿を隠してしまいましたが
あどけない雛鳥たちは時々顔を出してくれるので心癒されます
ちいさな命が輝く雑木林に今日も出かけたいと思っています
高温多湿ゆえ群青色さまもご自愛くださいますように

コメントを投稿

ほぼ散歩」カテゴリの最新記事