ほぼ不定期日記

散歩ばかりしている男の嘘日記

おむすびと筍の皮を描かれました

2017年04月20日 | 生徒さんの新作

古淵教室の生徒 S さんの新作をご紹介いたします 

おむすび四つと筍の皮と切り株を組み合わせて描かれました 


高菜むすびのコロリと丸いボリュームが三角むすびのフォルムをくっきりと引き立てています 

青シソの葉と高菜の葉と焼き海苔の質感や色合いの違いも丹念に描き分けられて 

ひとつひとつ塗り重ね描かれた米粒の白さが秋の森を明るく輝かせています 

ザクザクとした切り株と透き通る落ち葉が深まる秋の情景を醸し出しています 

 


ここでご紹介している作品は「林信夫の日本画教室」のトップページの9点のみとなっております 

すべての生徒さんの作品をご覧になりたい時には下記リンクをクリックしてください 

林信夫の日本画教室 http://www.geocities.jp/nobrinsanjps/index.html


教室ごとのページからも生徒さんの個人作品ページに移動出来ます
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 塩鯖を煮て素麺に乗せて琵琶... | トップ | 泉の森にエビネ咲く・雑木林... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む