ほぼ不定期日記

散歩ばかりしている男の嘘日記

メジロは寒緋桜の蜜を吸う・ヤマガラは鳴き交わす

2017年02月27日 | ほぼ散歩

相模原教室の前に北公園に寄ってみる 

寒緋桜が満開だ 


チチチチとさえずりながらメジロが蜜を吸っている 

 

そんなに背伸びして・・・鼻もクチバシも真っ黄色じゃないか 


寒緋桜の蜜に飽きたのかメジロの群れは今度は枝垂れ梅に飛び移って蜜を吸い始めた 


画像で見ると春爛漫だが今日は肌寒い 空も薄曇りだ 

そのぶん写真は撮りやすい 

枝にとまったヤマガラの細かい羽根模様までくっきり映っている 


ヤマガラの群れはジージクジージクと鳴き交わしながら地面のドングリを探している 

ドングリを採ったら飛び上がって枝の上で啄んでいる 

その様子を動画で撮る おお!ちょうど正午の鐘が鳴ったぞ 


バラ園のバラの木は出番を控えて短く切り揃えられている 

ほかにはクリスマスローズが咲いているくらいかな? 


あっ!バラにジョウビタキがとまった! 


プルプルと尻尾を振っていたかと思ったら・・・ 

パッと飛んで目の前の馬酔木の枝にとまった 



この子は人懐っこいなぁ〜 

近づいても逃げないジョウビタキのメスを動画で撮る 


だんだん雲が広がってきた 

シジュウカラも寒そうに首をすくめていた 


愛車に戻ってサンドウィッチを齧り仕事場に向かう 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松谷千夏子展「 PORTRAITS - 近くの風景、遠くの風景 」

2017年02月27日 | おしらせ

松谷千夏子さんの個展が3月1日から始まります

新宿高島屋 10階美術画廊

3月1日から3月13日まで

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベーコン豚汁もどき蕎麦に卵黄を落として月見にする朝

2017年02月27日 | ほぼ嘘日記

午前6時に起床する 

肌寒いけれど空気は春めいている 

アゴ出汁にベーコンと大根とニンジンとジャガイモとワカメを放り込み麦味噌を溶いたのを 

茹でた蕎麦に汁ごとブッかけ真ん中に玉子の黄身をポトリと落として手繰る 

見た目は悪いがこういうのが本当は美味い 


昨日「還暦おめでとう」のメールを兄から貰う 

武甲山に登っている途中に送ってくれたらしい 

元気でなにより 

肉親は兄だけになってしまった 

空が高くなったような気持ちがする 

モカ・マタリをミルで挽く 

甘酸っぱい香りに恍惚とする 

ドリップする時よりも飲む時よりも 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湧き水の里に春来たる・カワセミは白い玉を吐く

2017年02月26日 | ほぼ散歩

キジに会いたくて秦野に向かう 

いつもの里山を歩きまわったが季節が早過ぎたようでキジには会えず・・・ 

産直でフキノトウと大根と菜の花を買い湧き水の里に向かう 

メジロが梅の花の蜜を吸っている 


おっ!ジョウビタキだ これはオスだね 


ジョウビタキのオスは桜の枝にとまったり梅の茂みに潜り込んだりしている 

動画で撮る 


こっちにいるのはジョウビタキのメスだ 


そのうちジョウビタキのメスはヒラリと地面に降りて 

あっちこっちへピョンピョン飛び跳ねては餌を探し始めた 



わぁ〜!エナガだ!エナガの群れが桜の木に飛んできたよ! 



可愛いなぁ〜! まるでぬいぐるみだ 


ああ!羽根をパタパタさせてるよ! 身悶えするほどに可愛いっ! 


エナガは桜の幹にくっついた蜘蛛の糸を剥がし始めた 



巣作りに使うために蜘蛛の糸を集めているということは? 

もうすぐ卵を産むのだろう 

そしてヒナが産まれるのだ!と思っただけで嬉しくなってくる 

カワセミ君がいつもの止まり木にいる 


のんびりしてるな〜と思ったら突然オエッ!と白い玉を吐き出した 

この玉はペレットっていうんだよね 

消化出来ない小さな骨やウロコを丸い玉状にして吐き出すらしいよ 

カワセミがペレットを吐き出すところを動画で撮っておく 


吐き出すのが良く見えないのでその瞬間だけをスローにしてみる 

 

湧き水の里はすっかり春だ 

池の水もぬるんで緑色の藻が増えている 

クレソン茂る水たまりにはアズマヒキガエルがいた 

オスがメスを逃がさぬようにしっかりと抱きついている 動画で撮る 


歩きまわっていたらクシャミが出た 花粉かな? 

午後4時になったので家路に着く 

今夜のおかずはフキノトウの天ぷら 大根の煮物 菜の花の胡麻和え 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あんかけうどんにエリンギとブナシメジを和える朝

2017年02月26日 | ほぼ嘘日記

目が覚めたら午前4時だった 

起きるにはいくらなんでも早すぎるだろうと 

枕元に置いたMacで録り溜めたラジオを聴くうちに 

うとうとと眠りに落ちそうになりながらまた目覚めて 

結局ずっと寝付けぬまま過ごす 

午前6時に起床する 

アゴ出汁にエリンギとブナシメジを放り込み水溶き片栗粉でとろみをつけ 

ポコポコと湧いているうちに良く溶いた鶏卵を細く垂らし卵とじとする 

茹でた五島うどんにあんかけ汁をブッかけキノコを並べ長ねぎを添える 

あんかけ麺はなかなかに難しいものだが今朝のは上手く出来たと思う 


これで晴れて還暦となれた 

思い返せば面白い人生だった 

出会いと別れをしみじみ振り返る 

昨日両神で出会ったセツブンソウの姿が甦る 


今度の車のダッシュボードは平らなのでマスコットのスナフキンが置ける 

これからの旅を見守ってもらえるように両面テープで右端に座らせてみた 



 憧れの人よ 「私はあなたに近づけてますか?」 

もらったモカ・マタリを挽いてドリップする 

野性味あふれる甘酸っぱい香りが部屋に広がる 

Washburn Rover の埃を払ってオサビシ山の歌を爪弾いてみる 

丹沢の里山に行ったらキジに出会えるかもしれない 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

わらじカツ丼を秩父で喰って小鹿野で化石を探す

2017年02月25日 | ほぼ散歩

圏央道を入間で降りて秩父に向かう 

正丸峠のあたりにはまだ雪が残っている 

道の駅あしがくぼで昼飯にする 

わらじカツ丼の並盛り 秩父名物だ 


長さ18センチ 幅7センチ 厚さ5ミリ これが2枚乗っている 



豚カツは悪くないのだが浸けタレが甘い 甘過ぎる 

砂糖醤油なのだろうがこれでは豚カツが台無しだ 

ウスターソースで味付けする店もあると聞いた そのほうが良いに決まっている 

お茶をガブガブ飲みながら先に進む 

午後1時 今日の目的地の小鹿野町に到着する 

さらに小径を進み川沿いの「おがの化石館」の駐車場に車を停める 

300円払って化石館に入ると地元で採れた化石があれやこれや陳列されている 

オパール化したアンモナイトは美しい でもこれは外国産 後ろは紫水晶 


2階にあがるとさらに化石が陳列されている 

モササウルスの骨格標本のレプリカもある これは赤ちゃんかな? 


化石館を出て河原に向かう 

褶曲した地層がむき出しになっている ここが今日の本当の目的地だ 


ここは「陽当りの良い崖」という意味の「ようばけ」と呼ばれてる 

ダイナミックな「ようばけ」の景色を動画でパノラマに撮る 


化石の潜んだ石はないか?と河原を歩きまわる 

が・・・簡単に見つかるはずも無い 

帰ろうと思ったら向こう岸に小鳥の影が? 

あっ!ルリビタキだ!慌てて動画で撮る 


一昨年牧ノ原でツメタガイの化石を偶然見つけて以来化石掘りに興味が湧いている

次来るときはハンマーとタガネを持って来よう ルーペも忘れずに 

今日はポカポカで良かった 

まだこのあたりは冬と変わり無い景色だ 

河原を離れ愛車に戻りもうひとつの目的地に向かうことにする 

ようばけから車でさらに20分ほど渓谷を登る 

節分草の生息地に到着 

保護のための協力金300円を払って園内に入る 

うわぁ〜♪ 可愛い〜♪ 

これが節分草の花! 

 

花の直径2センチほどのちいさな花だ 透明感が凄い! 


なんて可憐な花なんだろう! 草丈は10センチも無い 


妖精のような節分草の花を

眺めながら園内を歩いていたら苔むした木の根方にキノコが生えていた 

これはホコリタケ? そうだよね? 


空が薄暗くなってきた 寒い! 帰ろう 

晩飯は圏央道の青梅インター前のジョイフルで鶏天定食を喰う 

これは当たり! ジョイフル侮れぬ 

午後7時半に帰宅する 

今度の車は遠出が楽だ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冷やし中華風蕎麦手繰ってクシャミが出る朝

2017年02月25日 | ほぼ嘘日記

午前6時に起床する 

春は名のみぞ 今朝も寒い 

茹でた蕎麦を流水で冷やし引き締め繊切りにしたハムとキュウリ錦糸卵を飾り付け 

良く掻いた缶の粉わさびを添え青ネギを散らし蕎麦つゆを回しかけて手繰る 



飛散し始めた杉花粉のせいで腫れた喉に冷たい麺が心地良い 

わさびの刺激で詰まった鼻がスコンと抜ける 

とたんにクシャミ! やれやれ・・・

年々症状は軽くなっているとはいえこの季節が辛いのは変わりない 

思えば最初に花粉アレルギーの症状が出たのは大学1年の春だった 

熱は無いのに風邪と変わりなく朝目が覚めず昼過ぎて登校する日が続いた 

おかげで山種美術館秘蔵の速水御舟を見損なった 

だんだんヤル気も失せて大学を中退しようと決めた 

親にバレたら仕送りを止められてしまうだろうと絵だけは描いた 

学科の単位を取らぬまま4年になった春に教務課から問い合わせがきてバレた 

同級生の尽力で学科の単位を揃え無事に卒業し大学院まで進んだ 

その肩書きのおかげで絵を教えて飯を喰っている 

インチキな人生としか言いようが無い 

明日に還暦を迎えてしみじみそう思う 

モカ・マタリは今朝も甘酸っぱい香りを漂わせている 

のんびり行こう 

自分らしく 

今度の車は四角くい切り餅のようなかたちをしている 

おとなしく伏せて微笑みながら飼い主を待っている忠犬のような風情だ 

それほど乗っていないのでまだ身体にフィットしていない 

今日は少し遠乗りしてみよう

フキノトウでも摘みに行こうかな?  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

玉縄桜満開の相模原公園で小鳥は蜘蛛の糸を集める

2017年02月24日 | ほぼ散歩

古淵教室の前に県立相模原公園に寄ってみる

玉縄桜が満開だ! 


早咲きの桜だとしてもちょっと早過ぎる 暖冬だったからかな? 

大温室の横を抜けて冬枯れた雑木林に向かう 

おっ!ジョウビタキ これはメスだね ♪ まんまるだね ♪ 


パッと日向に飛んで行ったらスリムになった 便利な羽根だね 人間にも欲しいなぁ〜 


日向と日陰のジョウビタキの膨らみ具合の違いを動画で撮る 


あぁっ!エナガだ!可愛い! 


エナガはしきりに幹に取り付いては離れている 何をしているんだろう? 


ああ判った!蜘蛛の糸を集めてるんだね ♪ エナガは巣作りに蜘蛛の糸を使うからね 



シジュウカラが首を傾げてこちらを見下ろしている 


パッと飛んだのでそっちを見たら今度はアトリを見つけた 

シジュウカラとアトリを動画で見比べてもらう 


コナラの木にはコゲラが群れている 


このコナラの木は寿命が来てるのかな? 

コゲラは飽きもせずコツコツと突っついている 


こんなにちっちゃくてもキツツキだからね 

健気な姿を動画で撮る 


日差しがあると思って薄着で歩きまわっていたらクシャミが出た 

あわてて駐車場に戻り愛車の中でおむすびを齧る 

仕事場に向かう 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひとくち鯖缶をスライスオニオン蕎麦に乗せる朝

2017年02月24日 | ほぼ嘘日記

午前6時に起床する 

空は薄曇り それほど寒くない 

鯖の水煮缶を開けて蕎麦に乗せスライスオニオンとパプリカをそのうえに乗せる 

蕎麦つゆで煮たスナップエンドウを添えつゆを張る 


いなばの「ひとくち さば水煮」缶詰めは「ひとくち」というほど量が少ないことはなくて 

標準的な鯖缶に比べてやや小振りの鯖の筒切りが缶詰されているだけだが・・・ 


面白いのは原料が「日本産さば100%」なのに 

作っているのはタイ国だということで 

それにしても日本で獲れた鯖を冷凍していったんタイ国に持って行って 

あちらの工場で製造しているからこそ 

ひとつ100円未満という廉価な商品に出来るのだとしたら 

日本国民がおおむね過酷な労働に絶えられなくなっている現状を合わせて考えると 

それはそれで仕方が無いような有り難いような気持ちになってくる 

とにかくトランプが我々の大統領でないことだけは幸いだと思わなければなるまい 

もともと地球に国境など無い 

果てしない大地を歩いたり 

小舟に揺られて大海を渡って 

世界のすみずみまで人間は棲みつくようになった 

もともと我々は自由だったのだ 

人種や民族などというものも便宜上作った幻想のようなものでしかない 

庶民が自由に行き来出来ないようにしたいのは誰なのか? 

制限を作り金儲けをしているのは誰なのか?と考えれば 

見えなかったモノが見えてくる 

水面しか見ない釣り師の針に魚はかからない 

水の中の地形や水流や水温を見極め 

そこに魚の習性を考えあわせてやっと狙った魚が釣れるのだ 

ある国の謀略に他の国がさらに謀略を重ねた今は事件の真相など見えっこ無いと 

われわれ庶民は高みの見物でもすれば良い 

もっと身近で切実な問題があるはずだ たとえば豊中の土地のこととかねっ! 

何かが起きてすぐに騒ぐのは素人釣り師か詐欺師と決まっている 

モカ・マタリを挽いて飲む 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カワセミに邪険にされる・メジロは電車を見送る

2017年02月23日 | ほぼ散歩

朝からの雨があがったのでアミガサタケ探しにご近所を歩くことにする

倉見駅前の早咲き桜はまだ2分咲きくらい 


急に暖かくなったのでメジロはぼんやりしている 

ほら!電車が出発するよ〜「ドアが閉まります ご注意ください」動画で撮る 


メジロは出て行く電車を目で追っていた 

踏切を渡って倉見桜緑道に向かう 

アミガサタケ無いかなぁ〜?とソメイヨシノの根方をぐるぐる歩きまわる 

無いよ!とキジトラ猫に諭される 


さんざん探したけれど猫の言う通りアミガサタケは見つからない 

仕方が無いので道ばたのフキノトウを摘む これくらいあればじゅうぶん 


緑道を抜けて永池川に出る 

おっ!カワセミ! クチバシが黒いからこれはオスだね 


真っ赤な足が可愛いなぁ〜とカシャカシャ撮っていたらピュッと飛んだ 

ピピピピと鳴きながら飛んで逃げて少し下流の枯れ葦に止まった 

もう近寄るな!っていうことなんだろうな 


カワセミに邪険にされたのでふてくされて先に進む 

川沿いの河津桜はすっかり葉桜になっている 

わぁ!メジロが群れなして蜜を吸っているよ♪ 


あっちでピロピロ♪ こっちでピロピロ♪ 

さえずりながら飛び交ってなんとも忙しない 

 

葉桜になっても蜜があるのかな? 

忙しなく蜜を吸うメジロの姿を動画で撮っておく 


そろそろ帰ろうと踵を返したら足元に青い影・・・ 

えっ!カワセミ? 

じゃなくてイソヒヨドリだった 

 

イソヒヨドリはしばらく土手を歩いていたがやがて工場のほうに飛んで行った 

あそこに棲みついているのかもしれないね 

フキノトウの入っているポケットに気をつけながら家路に着く 

今夜はフキノトウの天ぷらに真鯖の煮付けにブロッコリーとスナップエンドウのサラダ 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加