ほぼ不定期日記

散歩ばかりしている男の嘘日記

蒸し鶏のマリネをスープ春雨に乗せる朝

2016年08月25日 | ぼくモライもん

午前6時に起床する 

快晴 カメラを持って駐車場に向かう 

富士の頂付近に見えている白っぽい部分は雪なのか?氷なのか? 


あいかわらず台風10号はフラフラとしている 

今日は暑くなりそうだ 

いただいた翁の春雨を柔らかく戻して蒸し鶏のスープと麺つゆをまわしかける 

蒸し鶏のマリネとロースハムを乗せ繊切りにしたピーマンを飾って喰う 


淡白な味わいの春雨には鶏の出汁が良く合う 

鰹節や煮干しの出汁だと香りが強過ぎると思う 

やっぱり春雨はサラダにするに限る そういうことか 

エチオピアモカを挽いて飲む 

初秋のキノコに会いに山に潜り込みたい 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜咲き乱れる春景色を描かれました

2016年08月24日 | 生徒さんの新作

南林間教室の生徒 F さんの新作をご紹介いたします 

咲き乱れる桜の春景色を柔らかな色調で描かれました 

画面いっぱいに咲く桜の花がものみな薄桃色に染めあげて 

見る者の心うきたたせる春の空気を醸し出しています 

塗り重ねた胡粉下地に染料をぼかしにじませて花びらの柔らかさを描き出しています 

妖精となって花のなかを舞い飛んでいるような気持ちにさせる作品となりました 

 


ここでご紹介している作品は「林信夫の日本画教室」のトップページの9点のみとなっております 

すべての生徒さんの作品をご覧になりたい時には下記リンクをクリックしてください 

林信夫の日本画教室 http://www.geocities.jp/nobrinsanjps/index.html

教室ごとのページからも生徒さんの個人作品ページに移動出来ます
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オムスパが破裂する朝

2016年08月24日 | ほぼ嘘日記

午前7時に起床する 

涼しくて良く眠れたのに頭が重い 

玉ねぎピーマンにんじんを繊切りにしてケチャップ炒めにして茹でたスパゲティを放り込み和えたのを 

良く溶いた鶏卵2個で作ったオムレツで巻いて飯田君作の耐熱皿に装ったら破裂した  ああぁ〜! 


破裂したオムスパを見ていたら子供の頃の手鞠歌を思い出した 

一列談判破裂して〜♪ 日露戦争始った〜♪ 

もう子供たちが手鞠をつきながら歌う景色など見ることもないけれど 

考えてみれば子供が遊びながら歌うにはなんとも恐ろしげな歌詞だったと思う 

それだけ戦争が身近なものだったのだろう 

今の子供たちはゲーム機を持ち寄って助け合いながら怪獣を退治しているらしい 

怪獣を隣国に置き換える日が来ないことを祈ってオムスパを頬張る 

猛暑はひとやすみのようだ 

仕事の前に公園に寄ってみよう 

カイツブリに会えるかもしれない 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鈴木強 日本画展「笑福・宝船」小田急百貨店新宿本店

2016年08月23日 | おしらせ

鈴木強さんの個展が開催中です

小田急百貨店 新宿本店 本館10階アートサロン

8月23日から8月30日

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蒸し鶏そうめんに糠漬けキュウリを添える朝

2016年08月23日 | ほぼ嘘日記

午前6時に起床する 

薄曇りの朝だ もうひとつ台風が来るらしい 

蒸し鶏のマリネとハムと錦糸卵をそうめんに乗せ糠漬けキュウリを添えショウガの繊切りを飾る 


台風9号は威力を失うこと無く北海道を突き抜けて行った 

気温はそれほどでもないけれど湿度が高いので冷たい麺を喰いたくなってくるが 

気をつけなくてはいけないのは素麺は意外とカロリーが高いということだ 

さらにはツルツルと喉越しが良いのでつい喰い過ぎてしまう 注意!注意! 

人工知能が人間を越える20数年後までは生きていたいのだ 

成熟する前に反抗期が来るはずだ はたしてどうなるのか?見物ではある 

教室用の膠を炊きながらエチオピアモカを淹れて飲む 

ゲリラ豪雨に備えて折り畳み傘をバッグに仕舞っておく 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

丸山友紀 日本画展 = eyes stare = そごう横浜店

2016年08月22日 | おしらせ

丸山友紀さんの個展が8月23日から始ります

そごう横浜店 6階美術画廊

8月23日から8月29日まで

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鶏レバーカレーにラッキョウの甘酢漬けを添える朝

2016年08月22日 | ほぼ嘘日記

午前6時に起床する 

雨脚が強い もうすぐ台風が上陸するらしい 

スノーピークのコッヘル焚とスベア123R で十八穀米を炊き鶏レバーのカレーの残りをかける 

炊けた十八穀米がコッヘルの底のかたち通りの台形になるので目玉焼きが乗せやすいのが良い 


鶏レバーをカレーにしたら甘みが強くて驚いた 

そう言えばレバーの刺身はどれも甘い 

ライオンはカモシカを仕留めたらまず最初に腹を喰い破りレバーを貪るし 

イヌイットもアザラシを狩ったらレバーを取り出し分け合い喰うという 

栄養のかたまりのような甘いレバーのエキスが沁み出たカレーを喰い迫り来る嵐に備える 

風雨が激しくなるので外出を控えろとテレビが言っている 

教室用の膠を炊きながらエチオピアモカを挽く 


追記:台風直撃につき本日休講となった 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野葡萄は色づき始める・カイツブリは水に潜る

2016年08月21日 | ほぼ散歩

午後4時を過ぎてもちっとも涼しくならないけれど出かけることにしたのは 

ハグロトンボがそろそろ集団産卵し始めているのではないかと思ったからで 

愛車で相模川に沿って遡り湧き水のせせらぎに着いたら午後5時になっていた 

さっそくミヤマアカネがお出迎えしてくれる  そろそろ眠る支度かな? 


ノブドウの実は少し色づき始めている 


草むらをかきわけて土手を降りる 

指先ほどのちいさな瓜の実がなっている  なんていう瓜だろう? 


梅花藻が咲くせせらぎにはハグロトンボが集まっている 


どれもオスだ  メスの姿は見つけられない 

 

ハグロトンボのオスはベストなポジションを占めようと争っている 動画で撮る 


今日は集団産卵は見られないようだ 

あきらめて川沿いを散歩する 

ツクツクボウシが賑やかに鳴いている もう秋だ 


あっ!カイツブリだ 


子育てを終えてカイツブリはのんびりと夏の終わりを楽しんでいる 動画で撮る 


日暮れ始めたらバス釣りのひとたちが続々とやってきた 

釣りの邪魔にならないようにと家に帰ることにする 

愛車の窓を開けて走ると涼しい夕風が流れ込んできた もう秋だ 

今夜のおかずは鶏レバーカレーとレタスとトマトのサラダ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

十八穀米でお粥を炊いて手作り梅干しを添える朝

2016年08月21日 | ぼくモライもん

午前6時に起床する 

涼しくて良く眠れた 

十八穀物米を弱火でコトコト1時間炊いてお粥を作りいただいた手作り梅干しを添える 


いただいた手作りの梅干しは昆布出汁に漬け込んだりしていない真っ当なもので 

ほどほどに塩っぱくて声を出したくなるくらいに酸っぱい これが梅干しだ 

子供の頃の夏の朝には「梅干しを食べなさい」と母親に言われたものだった 

持たされた弁当にも必ず梅干しが入っていたものだったし 

級友たちの弁当にもすべからく梅干しが入っていて皆酸っぱい顔をしていたものだった 

そのせいか炎天下で体育の授業をしても熱中症になる子供等少なかったし 

クラブ活動で駆けずり回って汗だくになっても倒れはしなかった 

動物は塩が無ければ生きてはいられない 

塩気を減らし活力を削りやがて薬漬けにしようとしている奴らがいる そんな気がする 

エチオピアモカを挽いて飲む 

台風が近づいて山に入れないのなら墓参りに行ってみようかな? 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紀文の玉ねぎ天を茶来未の茶蕎麦に並べる朝

2016年08月20日 | ほぼ嘘日記

午前7時に起床する 

夜半からの雨が地面を冷やしてくれて涼しい朝だ 

茶蕎麦を茹でて器に装いレタスを敷き紀文の玉ねぎ天をふたつ並べる ラッキョウの甘酢漬けを添える


玉ねぎが高騰しているのは主産地である淡路島の玉ねぎが不作だからということらしい 

芯に黒い皮が出来る病気が流行っているのだそうだ 

玉ねぎが高いのは困る 家庭で使うことを考えても困るのだから・・・ 

大量に使うカレー屋はさぞ困っていることだろうと思ったら銀座のナイルレストランに行きたくなってきた 


初めてナイルレストランに行ったのはもう40年も前のことだ 

年上の同級生の Y さんに連れられて入ったのが最初だったと記憶している 

歌舞伎座で菊五郎の狐忠信を観たあとだっただろうか?・・・判然としないが 

東銀座のちいさくて古い店に入って学食のものとそうでほど変わらないぼろいテーブルに着き 

なにを喰おうかと考えていたらインド人の給仕の青年が笑いもせず「なに食べる?」と聞いてきた 

Y さんが「マトンカレー」と答えたのでそれに倣い待っていると数分後にカレーが運ばれてきた 

給仕が「よく混ぜろ!」とにらみつけてくる 「はいはい わかりましたよ」と腹の中で答えて 

シャバシャバしたルーとパサッとしたご飯を「よく混ぜて」頬張った時ビィーン!と衝撃が走った 

さわやかな香りと辛さ 上品な旨味 どれほど大量の玉ねぎが使われているのだろう?と思った 

さっきの無愛想な給仕が微笑んでいた 

レジに座っているおじいさんも微笑んでいた 

古びたちいさな店が急に輝き出した 

あの感動はいまでも忘れられない 

人ごみに耐えられなくて東京には足が向かないけれど 

ナイルのカレーの雰囲気だけでも感じたくてカレー粉はインディラカレーのを常備している 

よし!今日のお昼はチキンカレーにしよう 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加