ほぼ不定期日記

散歩ばかりしている男の嘘日記

焼き茄子を冷やし素麺に乗せてトマトを散らす朝

2017年06月28日 | ほぼ嘘日記

午前6時に起床する 

走りの茄子をふたつ直火で黒焦げになるまで焼き皮を剥き味付けした出汁に浸し冷やしておく 

端っこを糸で縛った素麺を茹でて冷やし端を切り落とし捻ってガラス鉢に装い焼き茄子の汁を張る 

素麺の上に焼き茄子を並べおろし生姜と醤油漬けにした実山椒を飾りザク切りトマトを散らす 


走りの茄子はどうしても焼き茄子にしたい 

しぎ焼きや煮物やカレーにするのは旬が来てからで良いのだ 


焼き茄子はしみじみと美味い 

まるで田舎の囲炉裏端にいるような気持ちになってくる 

皮を剥く手間などなんでもなくなる 

だからといって毎日焼き茄子では飽きてくる 

油で炒めたり揚げたりしたくなってくる 

その頃にはすっかり真夏になっている 

そうこうしているうちに秋が来て秋が終わり茄子の季節も終わり 

そして冬が来る・・・などと 

どうでも良いことを考えてしまうのは今週末が猛暑になると聞いたからだ 

まさか・・・ 

梅雨入りいらいまともな雨はほとんど降っていない 

このまま梅雨明けしてしまうのだろうか? 

モリアオガエルの沼は干上がっていないだろうか? 

確かめに行くしか無い 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阿部千鶴 絵画展 成城さくらさくギャラリー

2017年06月27日 | おしらせ

阿部千鶴さんの個展が開催中です

成城さくらさくギャラリー

6月16日から7月2日まで

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蒸し鶏に白髪ネギを山盛りにして中華風冷やし蕎麦の朝

2017年06月27日 | ほぼ嘘日記

午前6時に起床する 

夜中に少し降ったようだがカラ梅雨には変わり無い 水は足りているのか? 

キュウリをピーラーで縦に薄切りにして軽く茹でたのを流水で冷やし蕎麦の上に並べた上に 

昨日作った蒸し鶏の残り半分を薄切りにして並べさらにその上に白髪ネギを山盛りにしたら 

そこへ実山椒の醤油漬けを天盛りにして山椒醤油をかけ熱した胡麻油を垂らす  ジュッ! 

千鳥酢を回しかけて手繰る アマガエルのランチョンマットを敷いて雨乞いの代わりとする 


この調理法は蒸し鶏に向いているけれど白身魚ならもっと美味い 

メバルやカサゴなどの底魚を酒蒸しにしてジュッ!と油を垂らし酢をかけて喰うのだ 

もちろん真鯛やマハタならもっと美味い 財布が許せばだが 

メバルやカサゴや真鯛は近所のスーパーでも売っているがなかなかマハタには出会えない 

もともと希少な魚だし売っていたとしても高価なので売るほうも二の足を踏むのだろう 

近ごろでは養殖されたマハタが流通しているというのだがまだ見たことは無い 

ハタには色々な種類があってマハタ以外では・・・ 

アカハタにクエにマダラハタなどいろいろいるが 

その中で最も美味いとされるのはキジハタだ 

キジハタは場所にもよるが防波堤でも釣れる 

そういえば氷見のフィッシャーマンズワーフ海鮮館の生け簀にはキジハタが群れ泳いでいた 



あのあたりの防波堤でもキジハタが釣れるということなのだろうか? 

富山に住む友人 H に聞いてみるしか無い 

そう思ったら富山に旅したくなってきた 

また雨晴海岸にテントを張って夜明けの立山連峰を眺めてみたい 

左が黒部 真ん中が剣岳 右が楯山 ああ!もう我慢が出来ない 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネジバナ咲く梅園でトカゲの尻尾は青く輝く

2017年06月26日 | ほぼ散歩

相模原教室の前に北公園に寄ってみる 

梅雨だというのに良く晴れて蒸し暑い 

寝冷え続きで微熱がおさまらないのでフラフラしながらバラ園に向かう 

初夏のバラたちはそろそろ見頃を終えるようだ 

最近の流行りなのかぎっしり集まって咲くバラが目立つ 

野ばらの遺伝子を使っているのだろうか? ぎっちりギチギチに咲いている 


散り始める姿もぎっちりギチギチなので風情が無い それでも美しい 


日陰の無いバラ園にいたら頭がクラクラしてきたので梅園の木陰に逃げ込む 

梅の実は黄熟し始めてそここにポタリポタリと落ちている 

誰かが杭の上に並べていたのを・・・パチリ ♪ まるで記念撮影だ 


梅の葉が作る木漏れ日を浴びてネジバナが咲いている 

このネジバナは乱れ咲きだね 


でも・・・やっぱりスッと伸びやかなネジバナが好きだな 


こっちの陰に咲いているのはほんのり白っぽいね 

なんだか美味しそう ♪ まるで練り切りみたいだね 


あっ!トカゲ! まだ子供だね 尻尾が青いね ♪ 動画で撮ろう 


カラスに気をつけてねとトカゲの子供に声をかけて雑木林に向かう 

森の入り口ではリョウブの花が咲き始めている 


リョウブの下にはフジバカマが咲いている あれ?違うかな? 


アゲハチョウが飛んでくるような気がしてしばらく待ったけど空振り 

翅がボロボロになったスジグロシロチョウが蜜を吸っているだけ・・・ 


蝶の必死な姿に胸を打たれる 

がんばれ!がんばれ!とエールを贈る 

エゴの木はちいさな実をつけている まるで梅雨明けの景色 


胸苦しくなってきたので愛車に戻って冷房の風を浴びる 

少し楽になった 

コンビニで買ったサンドウィッチを齧りお茶を飲み仕事場に向かう 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

厚揚げごろごろにゅうめんで温まる梅雨寒むの朝

2017年06月26日 | ほぼ嘘日記

午前6時に起床する 

気温が低い訳ではないがなんとなく肌寒く感じる朝だ 寝冷えしたかな? 

宗田鰹の節と昆布で出汁を引き醤油と塩と味醂と酒で味付けした汁のなかに 

角切りにして茹でこぼした厚揚げとブツ切りにした長ねぎを放り込み煮たのを 

茹でた素麺にごろごろ転がし煮汁を張り醤油漬けにした実山椒を天盛りにする 


すぐに喰わずに少し待つ 

じわりじわりと素麺に煮汁が染み込んでいく 

油で揚げた豆腐の旨味と出汁や醤油の旨味が切り詰めたような素麺の味を膨らませる 

汁をすする 

海と山の恵みの豊かさが冷えた身体を芯から温めてくれる 

醤油漬けにした山椒の実を噛み締める 

鮮烈な香りと刺激が寝ぼけた頭を叩き起こしてくれる 

鰹を釣る人 節にする人 昆布を採る人 加工する人 醤油を作る人 塩を作る人 味醂を醸す人 

酒を醸す人 素麺を作る人 大豆を育てる人 豆腐を作り厚揚げにする人 長ねぎを育てる人 

さらに運ぶ人や商う人など たくさんの人たちがいて私の今朝の飯が出来上がっている 

我々はそれぞれが複合的に有機的に結びつき繋がり合って共に生きている 

それを担保しているのはお互いを信頼しあう心だ 

密告と讒言に満ちた世界は要らない 

恐怖と刺激でミスリードを計る者たちを私は決して許しはしない 

誓いを新たにしてエチオピア・モカを挽く ドリップは濃い目に 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

漱石好みの洋風かき揚げを蕎麦に乗せる朝

2017年06月25日 | ほぼ嘘日記

午前6時に起床する 

梅雨らしい雨降る朝だ 

夏野菜を固めの衣で丸くまとめて揚げたのをつゆを張った蕎麦に乗せ青ネギを散らす 

漱石が無理を言って作らせたという神田松栄亭の洋風かき揚げに見えなくもない 


漱石の小説といえば「坊ちゃん」に尽きる 

坊ちゃんが生まれなければテレビの学園ドラマも存在しなかっただろう 

無鉄砲で真っ直ぐな若い教師といやらしい教頭にぼんやりした校長にマドンナ 

ほとんどの学園ドラマが「坊ちゃん」のキャラクター設定をそのまま使っているし 

刑事ドラマにしてもほぼ同じような登場人物の組み合わせで作られていることを考えると 

これほど繰り返し使われたフォーマットは他には無いのでは?と思う 

中村雅俊さんなどは漱石の墓参りを欠かさず行っているに違いない 


青春とはなんだ? これが青春だ! でっかい青春 進め!青春 

夏木陽介 竜雷太 竜雷太 浜畑賢吉 

ラグビー サッカー ラグビー サッカー 

ジョーズ ジョーズ2 ジョーズ3 ついには鮫が空を飛ぶようになる 

受けたネタは繰り返され → 繰り返すほどに磨り減って → 先細り → 萎れて終わる 

ヒットすると必ず続編を作る愚 もうやめたらどうだ? 

偉大なるフォーマットが汚されたような気持ちになってくるのは私だけだろうか? 


水戸黄門が武田鉄矢さん主演で復活するそうだ 

どうせなら海援隊の3人で光国助さん格さんを演ったらどうだろう? 

ミュージカル仕立てで 


揺れた! 

長野南部で震度5強 

どうかご無事で 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミツウマのかろやか農業長6号を装備する

2017年06月24日 | ほぼ装備品噺

頼んでおいたミツウマの田植え用「かろやか農業長6号」が届く 

おお!梱包された状態ですでに軽い! 


さっそく履いてみる 

上がミツウマのかろやか農業長6号で 

下が今まで使っていた安全長靴だ 


とにかく軽い! 

片方で320g! サイズは28㎝ 

両足合わせても安全長靴の片足ぶんよりも軽い 

田植え用だけあってフィット感もなかなか良い 

踏み抜きにさえ注意すればこれで森歩きがぐんと楽になるはず 

ちなみに5600円 送料500円 代引き手数料364円で 合計6464円だった 

もうすぐモリアオガエルに会える ♪ 

追記:やはり踏み抜きは怖い 

   近所のホームセンターで安全中敷きを買った 

   踏み抜き防止インソールLL 748円 

   これで安心 ♪ 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

内倉ひとみ・船井美佐・榮水亜樹 MA2ギャラリー 恵比寿

2017年06月24日 | おしらせ

内倉ひとみさんの3人展が7月1日から始まります

MA2ギャラリー 恵比寿

7月1日から7月22日まで

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

厚揚げを煮含めて巨大きつね蕎麦の朝

2017年06月24日 | ほぼ嘘日記

午前6時に起床する 

身体が重い 昨日は暑かった 

厚揚げを茹でこぼし蕎麦つゆでコトコト煮含めて蕎麦の上にドスン!と乗せ 

実山椒の醤油漬けと酢橘胡椒を添えてネギを散らす いっしょに煮た椎茸も添える 


今日は注文してあったミツウマの長靴が届く予定だ 

田植え用に作られた軽い長靴だ 

片足で400グラムを切る 

今まで使っていた鉄芯入りの安全長靴は還暦の衰えた足にはもう重い 

軽い長靴を履いてモリアオガエルの産卵を見に行く夢を見る 

夢が現実になるのはもうすぐだ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宇宙を舞う天女と青い地球を描かれました

2017年06月23日 | 生徒さんの新作

古淵教室の生徒 H さんの新作をご紹介いたします 

宇宙を舞い飛ぶ天女と青く輝く地球を描かれました 


衣を翻して舞い飛ぶ天女が慈悲深い眼差しで青い地球を見守っています 

ぽっかりと浮かぶ地球のダイナミックな雲の動きが黒い画面に躍動感を生み出して

塗り重ねた岩絵の具の紺色の重厚な輝きが底知れぬ宇宙の深さを表現しています 

金色と朱色で縁取られた輪郭線が作品にクラシックな味わいを醸し出しています 


ここでご紹介している作品は「林信夫の日本画教室」のトップページの9点のみとなっております 

すべての生徒さんの作品をご覧になりたい時には下記リンクをクリックしてください 

林信夫の日本画教室 http://www.geocities.jp/nobrinsanjps/index.html


教室ごとのページからも生徒さんの個人作品ページに移動出来ます
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加