くるま走ってたの!

小田急線を中心とした鉄道写真と電車に関する色々な話題、カメラの話、などなど、ゆるーく書き散らしています。

基本は、シチサン。

2017-08-24 18:00:00 | 撮り鉄の話 [小田急編]
本日は、3000形の走行写真を1枚。
タイトルは、遠い昔に「鉄道ファン」誌上で見た記憶のあるカメラの広告のキャッチコピー。
なんのカメラだったか忘れちゃったのですが、ご記憶にある方ぜひ教えてください。



鉄道ヲタク界隈で言うところの「シチ・サン」構図、要はオーソドックスな「編成写真」を、どうぞ。
ただこれ、逆光気味だし、串刺しだし、側面にケーブルの影が映り込んでいるし、前面窓には架線柱が映り込んでいるので、ウルサイ方はダメという写真だと思います。
しかし私は、これはこれでまあアリかと思っています、ハイ。3000形だし(笑)。

小田急の3000形、カッコが嫌いなんですけど、遭遇回数の多さと肩の力を抜いて撮れるせいか、不思議とちゃんと撮れていることが多いのです…ちょっと癪の種なんですが、発想を転換して「練習用」と考えると、素晴らしい被写体に…思えないなぁ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 熟して食べられるようになる... | トップ | 赤鬼さん、小田原に向かう。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
安定の (netaro)
2017-08-26 12:57:48
小田急「3シリーズ」(笑)

これほどまで 緊張感なく撮れる車両って なかなか無いです。

もうひとつの「3」は 色がダメダメだから 意外と難しい イメチェン後のやつは なんかおもちゃっぽくて それはソレで(汗)
3シリーズというとBMWみたい (のぼたパパ)
2017-08-26 18:58:00
コメントありがとうございます。
緊張感ないのは良いことなんですよね、よく分かります。
30000は「メタリックうんこ」も新色もイマイチですねぇ。新色は何枚か撮りましたけど、家電製品みたいに見えちゃう。

コメントを投稿

撮り鉄の話 [小田急編]」カテゴリの最新記事