くるま走ってたの!

小田急線を中心とした鉄道写真や、カメラの話題、ミニカーの話などなど、気軽に書き散らしています!

前パンを撮る時はハミパンに注意して撮っています

2017-09-07 18:00:00 | 撮り鉄の話 [小田急編]
本日は、東武線。
通勤電車10030系を1枚、11267Fを縦位置で。


[EOS-1Ds MarkⅡ, シグマAPO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM,2017/2/17,東武日光線?]
方向幕が「回送」なのはご愛嬌。

東武の電車の形式はインフレを起こしていて、よそ者のマニア泣かせです。
モハ11267号がモハ11230形の一員だといわれてもピンと来ませんし、だいたい10030系なんてめちゃくちゃ切れの悪い番号で系列を作ったのは何故なのか…ちなみにVVVF試作車は10080系、これまた変な番号ですこと。
ちなみに、撮った時は知りませんでしたが、このモハ11267は、モハ11230で唯一のシングルアームパンタグラフ搭載車なのだそうです。

東武だけあって車両数も半端ではなく、10000系列は総勢なんと486両も製造されたとの話。
それだけに、東武線沿いを歩いているとしょっちゅう遭遇します。
地味な面構えではありますが、貫通扉/連結ホロ/電気連結器/方向幕と通勤電車必携アイテム満載の上に前パンを振りかざして突っ走って来る2R車は、なかなかの迫力ですよ…普段小田急ばかり撮っている私からすると、前パンを巧く処理して撮るのは少々難しいですけれど。
ほら、フレーミングからパンタグラフがはみ出ちゃうじゃないですか、だからハミパン…え、そんなの誰も言わないですかそうですか(笑)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黄色い時代もあったのさ | トップ | グリーンマックスから東武100... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

撮り鉄の話 [小田急編]」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。