菅生の日記

はじめての日記です。登山や旅行の記録です。

今日の天気

2017-03-06 12:52:01 | 日記

         

 九州から東海は朝まで所々で雨。関東は

昼前後に雨。北陸は午後に、東北南部は夜

に日本海側で雨や雪。東北北部は断続的に

雪や雨。北海道は午後に南西部から雪。沖

縄は雨。

       (しんぶん赤旗より)

 

 低気圧が本州の南海上を東進。関東は雲が

多く、南部を中心に昼前後に雨が降る。冬のよ

うな寒さが戻る。

 

       * リボ払いは高金利

 クレジットカードの決済。二回払いまでは金利、

手数料がないカードがほとんどですが、できれば

一括払いに。リボ払いは高金利の借金と同じ。

        (東京新聞より)

             ☁

 

     午後の天気  空はぼんやり…

    

       【】 晨 煙 暮 靄 【】

      ・朝に出る霧と夕方に出るもや。

      ・「晨煙」は朝早く出る霧。

      ・「暮靄」は日暮れに出るもや。

      ・朝夕の霞に包まれた景色の描写。

   ”晨煙暮靄”ぼんやり空から…

              夕方まで南部など☂

 

       ※ 桃の節句

 啓蟄の次候には「桃始めて笑う」があります。

桃の節句は三月三日で、また花はつぼみの時

期ですが、旧暦の三月三日は新暦の三月下旬

から四月上旬にあたり、ちょうど桃の花が咲くこ

ろ。かつては上梓の節句といい、川に穢れを流し

た行事が、やがて女子の健康を祈る雛祭りにな

りました。

 

       ※ 春の歌心

 石走る垂水の上のさわらびの

  萌え出づる春になりにけるかも

               志貴皇子(しきのみこ)

 

   (雪解けの水が岩からほとばしる滝のほとりに、

わらびが芽を出す春が来たんだな)

 

万葉集の巻八を開くと、春雑歌(はるのぞうか)から

始まります。そこには野の草花を見つめ、春の到来

をよろこぶ歌が並びます。なぜ古の人は、自然の生

き生きとした姿にふれるたび、歌を詠んだのでしょう。

暖かな日射しに、心もまた動き出すように。

 

 今朝は暖かく春です、体操に行く。議員も来ました。

村木さんに、大多摩観光で行った山のスタンプを  

借りてきました。30座の山です。多摩の山なら登れる

かしら?そう思ってくる。今日の天気は曇ってきました。

雨が降るかも、明日は人間ドックへ行きます。

午後はボランテァの弁当作りに行きます。        

       (-_-)/~~~ピシー!ピシー!

 

  

 

 

 

 

    ・2017.2.21 頼朝桜も終わりかけていました。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の天気 | トップ | 今日の天気 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。