脱サラ陶芸家の干支ワールド/深山焼の陶芸体験教室(山形のどかな里山で登り窯を焚く)問合せ090-2955-1939 金田

脱サラ陶芸家の干支置物が山形初市で人気 /登り窯復活プロジェクト/電動ロクロ体験など詳細は「深山焼」検索し陶芸教室へ

2017干支 とり 酉 /新バージョンに取りかかる

2016-12-13 | 干支シリーズ/縁起物
2017干支トリ酉、
順調に制作に励む毎日でありますが、
それが、曲者(くせもの)なんであります。

先日の午後の事、工房から帰る途中、とある民家の庭先に、ニワトリを見つけました。(森合の赤土辺り)

数羽、放し飼いにされており、
足を止め、
しばらく見入ってしまいました。


「おお、ここ暫く
私の自由と、大部分の時間を奪っている
来年の干支 酉トリだ!」

「その本道をいく「鶏」ニワトリ君ではないか!」

「やっと出会えたね!これは貴重」


「直にお逢い出来て光栄であります」

カメラを取り出し撮影。


雄鶏が1羽に、雌鶏が3〜4羽くらいで、地面の何かを啄ばんでおります。



さすが雄鶏。
オンドリは、立派だ。
デカイし色も綺麗だ。



と突然!彼が、

メンドリに乗っかって
なんと交尾!


(週刊文春のスクープ写真風)

初めて見たー。


ハーレムだなぁ。
パワハラとかセクハラとか(ゲス不倫とか)関係ない世界。


事が済み、群れを離れて、
何にも無かったかのように、
一人たたずむ、オンドリのダンディズム。


一瞬、波止場のハンフリーボガードが見えた。
マルボロの煙が揺れている。

その男は、見た感じは40歳前後だった。

痩せている。

眼光が鋭い。

睨むような眼差し。

男は俺を見据えたまま、握手を求めてきたのだ。

右手を差しだした。

いや、
右の手羽を差しだした、、、、

オンドリ
「ニワトリの制作も、頼んだぜ」

声は、紅の豚だ。





「ゆうべ、どこに?」
オンドリ
「そんなに昔のこと、覚えてないね」

「今夜は?」
オンドリ
「そんな先のことはわからない」

三歩歩けば忘れてしまう習性。


「わかったよ」
俺はバーボンを飲み干した。

ハードボイルドー。

堂々としたオンドリ所作が、
実にカッコイイ。




という訳で
2017干支とり酉。新バージョンニワトリの制作に取り掛かっております。

「バージョンなんて無くていいからー」
「お客さん待ってるからー」
「とにかく数を、いっぱい作って…」

と、わかっておりますが、
これが物作りしてる者のサガ⁈。

違うモノを作りたくなるのです。
無性に作りたくなるのです。

仕方がないのだ!





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お知らせ


深山焼2017年干支とり

深山焼2017干支とり制作の様子はこちら
こちらをクリック

そして、私が制作する干支とりの販売予定場所はこちらです。



2016年12月17日土曜日 10時~
「みはらしクラフトミュージアム」
山形市蔵王みはらしの丘「はらっぱ館」
こちら
http://miharashi.jimdo.com/



2017年1月8日 (日) 10時〜
仙台市「お薬師さんの手づくり市」
こちら
http://www.oyakushisan.com/


2017年1月10日 (火)10時〜
「山形市 初市」
山形中央郵便局前

お問い合わせ先
TEL090-2955-1939

お問い合わせ メール
dango.01@i.softbank.jp

深山焼 深山工房つち団子
金田利之

〒992-0776
山形県西置賜郡白鷹町深山2530




ホームページ
http://www.dango-miyama.sakura.ne.jp

つち団子ブログ
blog.goo.ne.jp/noborigamaaruyo



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 素焼きを終えた干支とり/週... | トップ | 完成! 「にわとり」/2017干... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

干支シリーズ/縁起物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL