脱サラ陶芸家の干支ワールド/深山焼の陶芸体験教室(山形のどかな里山で登り窯を焚く)問合せ090-2955-1939 金田

脱サラ陶芸家の干支置物が山形初市で人気 /登り窯復活プロジェクト/電動ロクロ体験など詳細は「深山焼」検索し陶芸教室へ

道智道を歩いて/白鷹から出羽三山 湯殿山へ

2017-07-11 | イベント
9日、町の歴史好きが集まるグループ
史談会が主催する山歩きに参加しました。

山形新聞に掲載。
タイトル「道智道を歩いて」
サブタイトル「置賜から出羽三山への参詣道」



道智道とは、
白鷹町黒鴨 - 茎の峯峠 - 朝日町ぶな峠(茎の峯峠) - 大江町古寺(千眼寺南光院) - 地蔵峠 - 西川町大井沢(大日寺)までのルート。
少なくとも、もう30年は誰も通っていない。

簡単に言えば、
荒れた山道20kmを一日中、歩くということ。

写真の一番左背中を向けているのが、私です。
いちおう笠を被りました。





スタートの黒鴨は、工房がある深山の奥で、
今はどん詰まりの集落。

ずっと、不思議でした。
この辺鄙な土地に、なぜ深山観音堂などの立派なお堂があるのか?

黒鴨温泉など宿屋が今も残る黒鴨は、
「昔、出羽三山への近道だったんだ」と
師匠に、聞いてはおりましたが、

どうしても信じがたく、、、、

工房から頭殿山を眺め、
「この方向に山を越えて行けば出羽三山がある」と古の道に思いを馳せておりました。

いつか機会があれば、確かめてみたいと思っておりました。


好機到来!ってことで、

朝6時に黒鴨の蔵髙院出発。
道智道の起点に当たる蔵髙院には、光明海上人の即身仏(ミイラ)が安置されている。
この方は、出羽三山から来られたお坊さん。


黒鴨分校跡地を過ぎて、分岐して細い道へ。

ここには建物が建っていた土台が残る。
日影の石塔。





ここは日影の部落。
先ほどの即身仏が地中におられた場所。





朝日町と白鷹町の境界。ブナ峠歩道の看板、
「この看板が間違いだ」と言ってました。
ここは、茎の峰峠だそうです。


道中には杉の巨木が20本以上ある。
これが道しるべになっており、
草やぶだった道智道を、見つけ出し整備したんです。
史談会の丸川さん伊藤さん達のご苦労に頭が下がります。本当に素晴らしい事です。

水場


タバネ沢の美しい渓谷。

この日、地上の気温は35度の猛暑だったらしいです。
でもここは涼しい〜。


茅野 集落に到着。
と言っても湯殿山と庚申塔の石碑があるくらい。

庚申塔


朝日町 立木



もののけっぽい大木。



ここは木川沢(朝日川支流)
吊り橋が壊れてる。

2時に到着。木川ダムの発電所(朝日川第二発電所)。

朝日川、今回はここまで。


出羽三山へは、ここから三時間ほど歩き、西川町大井沢の宿に泊まり、
もう1日で、湯殿山に到達するとの事です。

高速使って1時間36分の、くの字の道を
真っ直ぐ歩くって事です。

いつか行ってみます。

赤いマーカーが湯殿山。
そこから青いラインを下に、曲がらず緑の山中に道がある。
その道の先が、西川町大井沢になります。
(この先、大朝日岳登山口の古寺鉱泉に至る)




湯殿山

このルートを行った当時の15歳男子は、偉いです。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
深山焼 深山工房つち団子
金田利之

〒992-0776
山形県西置賜郡白鷹町深山2530

TEL090-2955-1939
携帯メールdango.01@i.softbank.jp

陶芸体験、陶芸教室の詳細は、
こちらHPから。
http://www.dango-miyama.sakura.ne.jp

ブログ
blog.goo.ne.jp/noborigamaaruyo

◯深山焼の特注承ります。お祝い結婚式などの引出物をオーダーメイドで制作いたします。打ち合わせて色形の決定後、焼き上がりまでは、3ヶ月ほど。

◯深山焼をもっと深く知るには
「仕事旅行」をご検索してみて下さい。
「陶芸家になる旅」です。


◎伐採した木、お引き受けします。
・深山工房まで運搬願います。
・赤松が希望。
・広葉樹OK。杉はNG。
枝先や葉はいりません。直径5cm以上、腕の太さくらいまで。


「脱サラ陶芸家の干支ワールド」
山形放送news evelyニュースエブリー
2016年1月4日放送


NHK山形放送局
「被災した窯を後世に」
NHK やまがた6時
2015年11月20日放送









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サクランボと陶芸/山形県  | トップ | ご案内「ミニ灯籠をつくるワ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

イベント」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL