諸行無常なる日々。或いは鬼渡神と神々の源流。

呪われた家系を生きる私の人生観や日常。それに立ち向かう為の神道的な考え。そして因縁の鬼渡神、神々の源流について考えます。

河童は何故キュウリが好きなのだろうか。その2

2017年01月25日 21時49分08秒 | 伝説

続きます。

キュウリの瓜科の一年生のつる草で、発祥はインドのヒマラヤが原産。インドでは3000年以上前から栽培されていた。中国へは紀元前114前に西域(東・西トルキスタン、地中海沿岸)から伝わった。その西域の民族は当時「胡(エビス)」と言われた事から「胡の瓜」、「胡瓜(キュウリ)」となった。

日本への伝来は平安時代。キュウリと名付けられた謂れは「木宇瓜、黄瓜」と呼ばれたからみたいです。

江戸時代の園芸書には「これ瓜中の下品なり」と書いているので、江戸時代は食用とはされていなかった可能性があります。そういえば大河ドラマを見ていると戦国時代の夏のデザートとして瓜を食べているシーンをよく見ますが、キュウリを食べているシーンは見た事ないですね。勿論、西瓜も。

更に日本人で初めてラーメンを食べたと言う食通の水戸光圀はキュウリに付いて、「甚だ穢れ多し。食して仏神に参拝すべからず。また毒多くして能少し。植えるべからず、食べるべからす」と語っている。ここから考えると江戸時代のキュウリは食べられる代物じゃなかったと言えます。

人は食べないキュウリを河童は好む。この点に秘密がありそうです。

実は私にも食物アレルギーがあります。海老、バナナ、そして柿です。不思議なのですが子供の頃は大好きでよく食べていました。しかし18歳の時から食べられなくなった。急にアレルギーが出たのです。

特に強いアレルギーは柿です。子供の頃から大の柿好き。メロンよりも柿が好きなのですが、10代後半に柿を食べて3日間、七転八倒の胃痛を経験。それだけではなく喉の扁桃腺が物凄く痛み、唇が黒人のクンタキンテの様にぶっくりと膨れ上がったのです。

あれは酷かった。それ以来、30年以上柿は食べていません。あの苦しみは耐えられませんから。

バナナも海老も唇の腫れ、喉の痛みが出ます。不思議なことにバナナチップや干し柿は大丈夫です。海老は生でも焼いても出ます。

私が考えるに柿とバナナは渋みに問題があると思います。キュウリも渋みがある。その毒素が昔のキュウリは強かったのではないでしょうか。断言は出来ませんけど。

ここでふとふと思ったのですが、イザナギ命が黄泉醜女(あの世の力の有る女)達に追いかけられた時、筍を投げ、醜女達が貪り食べて時間稼ぎをした記述があります。

私、ブドウを投げたり桃を投げたりしているので、醜女達の好物だからだと思っていましたが間違っていたかも。

筍を煮る時に出る灰汁は毒です。昔は妊娠した女性が子供を中絶する為に飲んだと聞いています。

調べてみたら筍には青酸配糖体と言う植物毒が高濃度に配合されているそうです。だから食べるには灰汁抜きが必要。そしてそれらは桃や梅にも多く含まれている。

つまり黄泉醜女は毒が好物。その理由は毒は穢れている。そして黄泉の国の住人である黄泉醜女も穢れた存在。穢れた者は穢れている物を好むと言う事。

キュウリも穢れている。そして河童も穢れた存在。だから河童はキュウリが好物としたのではないだろうか。

以上が私の考えであります。

 

続く。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 河童は何故キュウリが好きな... | トップ | 河童は何故キュウリが好きな... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おお~~ (hasunohana1966)
2017-01-26 00:08:56
面白いいです。アレルギー反応が突然出た原因はなんでしょうと疑問が湧きました。
渋み (りひと)
2017-01-26 09:36:21
興味深いですね。柿渋は特に大昔から実用性の知識を知って生活に取り入れていた一族はいますからそれを知っていたか?逆にちゃんと理解して利用までは出来ずただ怖い、穢れがあると思っていた風潮があったのか?

どちらにしても知識なりの量で多分かなり行動が違うはずですね。おまけに桃が出てきたのも嬉しいかな。

河童が日本独自というのもなんとなくどちらかが見えてきそうですね。

成分の中にいやなものがあればそれをいかにしてどうにかしようと思うのか?穢れていると避けて扱いを変えるのか?それは自分で決めるべき物ですね。どちらかに偏れば情報は偏り流されます。

そういう意味でもきゅうりのお題はかなり興味深いと思います。

またアレルギーの話もそれぞれありますよね、個人体験では抗原との接点が強かったからそうなるのか?と妊娠後の子供の影響での体験では思っていますけど実際はどうなんでしょう。

どちらにしてもアレルギーは自己防衛機能であるのは確かなので注意して生きるべき大事な方々だと思っています。家族でもそれぞれ違うので各自がきちんと知識と経験を活かして生活していけるようにしないといけませんね、ただ一時ほど産地や成分偽装も少なくなったし外国ならもっとアバウトな国と逆のうるさい国との中間ですからそれも踏まえ注意しながらですね。

皮膚症状だけでなく粘膜や内臓にまで影響するトラウマになります。食べられても食べたくないんですから結局自分の判断は第六感も鍛えられてくるのでそうした勘も優れてくるのではとも思っていますよ。

きゅうり奥が深そうですね。2051
何かが変わった。 (綱永井寵生)
2017-01-26 19:06:54
hasunohana1966さんへ

私は2月生まれですが、18歳になる前の月に仲が良かった従兄弟が事故死しまして、その時を境に精神が変わった感じになりました。
海老、バナナ、柿は子供の頃は全て大好物なのに食べられなくなった外、子供の頃は普通だった注射器も見るだけで過呼吸になります。変わりました。取り上げられた感じもしています。
トラウマなのか魂が半分入れ替わったのか、何がなんだか判りません。
柿。 (綱永井寵生)
2017-01-26 19:19:18
りひとさんへ

いわき市に住んでいた時、近くの家に見事な柿木があり、よく貰って食べていた記憶があります。食べ過ぎたのが悪いのか。そう言えば父の実家の柿木を叔父が切った後に従兄弟が亡くなった。

柿木は桜に匹敵する霊木でもあります。その木の股にシマヘビがトグロを巻いていた。祟りなのかも知れません。

桃は桃太郎よろしく陰陽五行の法則で鬼に勝てる最強の食べ物ですが、鬼である私には毒なのでしょうか(冬に産まれた者は鬼)。

今、インフルエンザで体調が悪いですが、祖父も従兄弟も1月になくなっている。甥も1月で危なかった。どうも私の家系は1月は不吉な月の様です。
ひょっとして? (りひと)
2017-01-27 08:29:21
なんかその従兄弟さんとはただならぬ関係ような気がします。彼がいなくなって守りが無くなったとも。八幡神だったのでは?

聖徳太子も実在ではないけど多分小野妹子がいて二人の個性で何かをしようとしていた。日本が起動するには2トップがいいんでしょうね。

血筋や養子的ルーツも含め子孫はいっぱい健在のはずですから現世の中でも。ちいさな身近な出来事の中のそんな事が起っているようにも周りの人間ウォッチしていて思う事があります。

一方は、知識勉学に優れた自我を捨てて社会貢献を望んでいる器の広い方(小)でもう一方はスサノオ的で恩義を大事にして茅の輪で一生守り続けると相棒を敵から守り続ける存在(大)。

スクナヒコナと大国主もそうですし、恵比寿と大国もそう2トップ。

八幡が多分その系の一方では?と。
歴史の中ではちょっとおかしくなってましたが多分相撲の復活でいい軌道に入ってきたような。

最近菅原道真さん所に行って調べたら藤原という名前なのですが滋賀の滋の付く方への道真さんの思いが半端じゃなさそうで。悪い事は悪いと言える対応です。その方が先に亡くなったようです。

天神さんに行った際の牛さんがどうもそれっぽくって。道真と牛、梅の5と亀の6これが一緒になるといい方向になるんでしょうね。

という事で好きな神社にはスサノオさんがいらっしゃりそこにきゅうりも関係し、道真さんのお社もあります。

裏には幸姫が接着剤的に必要ですけど間を抜かれちゃうとくっ付けないのかもと。お邪魔している何か原因はあるとは思いますよ。
祟りではないと思います。気付きで変わるなら簡単ですけど何か身近にメッセージくると思います。焦らず気長にですね。6254、4575
柿木。 (綱永井寵生)
2017-01-28 18:50:07
りひとさんへ

叔父が柿木を切った理由は駐車場を貸すのに邪魔だったたらですが、子供心にやっては行けない事と感じその光景を見守っていました。

その後、家の跡取りの従兄弟が死に、叔父の息子の頭の障害が見つかった。私は柿が食べられなくなった。私は柿木が頭から離れません。

スサノオ命とキュウリの関連は続きに書こうと思っています。

コメントを投稿

伝説」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。