諸行無常なる日々。或いは鬼渡神と神々の源流。

呪われた家系を生きる私の人生観や日常。それに立ち向かう為の神道的な考え。そして因縁の鬼渡神、神々の源流について考えます。

平将門公の恨みを晴らしたのは源義経!? その2

2016年09月17日 07時25分45秒 | 伝説

続きます。

こじつけ論を書く前に何故平将門公と源義経を関連付けたのか書いときます。

以前、「永井平九郎と御鍋神社」と題して記事を書きましたが、御鍋神社のある天栄村の羽鳥湖には「桔梗清水」なる山の名水百選に選ばれた小さな瀧が存在していて、そこで源義経の側室である桔梗姫が出産した時に使用した清水とされています。「桔梗の姫の隠し清水授水場」とも呼ばれているのです。

源義経の側室と言ったら静御前です。桔梗姫では有りません。桔梗姫は平将門公の側室なのですから。

でも不思議だと思いませんか。源義経の仮名は九郎。源九郎義経です。永井平九郎も九郎。九郎繋がりです。

勿論、間違っていると思います。桔梗清水は山形の出羽にもあります。誰かが村興しではないでしょうが、源義経伝説をでっち上げて永井平九郎とごっちゃになってしまった。そう考えていますが、この間違いが多少なりとも関連があるのではないかと考えていました。

そこで思いついたのです。平将門公の仇を討ったのは源義経ではないかと。

そんな藁をも掴むこじつけです。殆ど冗談に近いのです。でも何かある。もしかしたらと思っていました。その程度です。気楽にお読みください。

さて、以前「永井平九郎の兄は安倍清明!?【平将国伝説】」を書きましたが、ピンと来ましたでしょうか。今回のお題を書く為に先駆けて書いた事を。

平将門公の唯一生き残った息子の平将国が安倍晴明であると言う伝説がある。そして茨城にも安倍晴明を祀る神社があり、大阪だけでなく茨城にも新太と言う地名がある。私は少なからず坂東平氏と安倍氏は接点があるのではないかと考えています。

平将門公の一人だけ生き延びた息子・平将国。どの様に逃げ延びたのかは不明。そして平将国が巡り巡って安倍清明になったとまでは言わないまでも、一族同士で接点があった。それが正しいとは流石に断言なんて出来ないが、仮にそうだとしたら源義経に繋がる可能性がある。

そう言うことで平将国を安倍晴明と仮定してその過程を述べます(ややこしそう)。

安倍晴明が平将国であるのなら安倍晴明も平貞盛と藤原秀郷を恨んでいる訳です。父の仇。一族の仇なのですから。

茨城から何らかの伝で大阪に流れて来た。平将国は安倍晴明となった。そして子々孫々と恨みを伝承し続けてきた。そして時代が流れ源義経に繋がる人物が出た。その人物は鞍馬天狗こと鬼一法眼。鬼一法眼は義経の兵法の師と言えますからね。

鬼一法眼の存在は疑問視されているが、鬼一法眼を祀る神社である鬼一法眼社がある。いなかったとは言い切れない。因みにその裏の崖の上には魔王尊が祀られ、魔王の瀧が流れているているそうです。これは何れまたの機会に話したいと思います。

話を戻します。鬼一の「鬼」ですが、怨霊の意味合いも有ります。そうなると平将門公も恐れ多いですが朝廷に反逆した鬼であります。関連があるように思えます。

そして鬼一法眼の家は安倍晴明の直ぐ近所にあった。鬼一法眼も僧侶であり安倍晴明同様陰陽師であります。そうなると安倍晴明の子孫、もしくは弟子の可能性は十分にある。

更にですが、義経は鬼一法眼の兵法の書である「六とう三略」を盗んだとされていますが、この書は坂上田村麻呂も読んでいたし、平将門公もこの書により分身の術を身に付けたとされています。

事実、将門公には七人の影武者がいたと言うのは有名ですし、鉄人だったと言う伝説も残ってます。これって「六とう三略」の軍略から来ているかも。

もしかしたら鬼一法眼が持っていた「六とう三略」は平将門公が所有していた書かも知れない。将門公も義経も裏切られて敗れはしましたが、優れた軍師でも有ります。

「六とう三略」と言う同じ兵法を使うと言うのは、将門公の恨みを晴らしたと言う理由の一つになるかも知れません。

 

 

続く。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平将門公の恨みを晴らしたの... | トップ | 平将門公の恨みを晴らしたの... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (りひと)
2016-09-17 08:33:20
今崖にもはまっていまして、砂洲が安曇ならその逆(対抗していたかはさておきですが)に崖にこだわった一族がいそうなんです。安倍氏とは関係あると思います。
それも戦いに強い方イメージです。山岳に近いか忍者に近いか?まだその程度ですが。越というのが関わっていそにも。
田村麻呂とも関係するのですね、きたきたって感じです。
桔梗もいっぱい伝説の地あるのですね、義経静香も吉野でも。何か所縁があってその地に関わるのか?と作家の方も悩んだ葛藤を本にしているようです。
もっともっと古い時代に理由があるように思うので将門の子供の時代は特に楽しみです。1592
ランキングで (りひと)
2016-12-13 18:29:38
こんなこと話していたんだと振り返り中です。
そう今日兜町行ってきたばかりです。兜神社のお守りまでいただいてきましたよ。
でもびっくり証券取引所で販売で自動販売機で引き換え券を、下にガーって落ちるし罰当たりな感じでした。兜神社と対岸の小網神社はいつでもセットでいなねばと行っています、毎回時間なくてその後グダグダですけど。将門が祀られていた可能性あるでしょうね。鎧の橋になんか書いてありました。

そうそう本題ですど最近9の神が出てきそうで気になっています。将門と桔梗姫の子供が永井さんですかあ。将門さんは数字ではイメージなけど桔梗姫は5であるなら将門は6(亀)かも?5は銅で6は鉄かな?で生まれた子供が9(龍蛇神)。
この法則はクナト三神なんですよね。水神と風神のセットのサラブレッドが永井さん。
将門は鉄と黒と馬のイメージはありますね。
関東の風神掘り起こし活動中で、この前ふいご祭りに行ってきましたよ。

うちの父も龍蛇系です。不思議に6に嫌われていますね、男ばかりやられちゃう。
そっかあ、将門と永井さんは仲良かったですかあ?ひょっとして?その因縁ひきづってないかなあ?永井さんに将門が失望したとか?将門は可愛いと思っていたのに裏切られたとか?将門の敵と永井さんがつるんじゃったとか?そこに源氏がチラホラかも?

また本題ずれてしまいましたが、父が何となく許されたような愛宕さんなのですがあそこは東京の三角点の場所。(三角って高いって意味もあるかも?)あそこにこの前ほうずき祭りで行った時に平九郎という字が飛び込んできましたけど、すっかりそのままでしたがさっき調べたら曲垣平九郎さんの事で家光時代みたいですね、あの階段を馬で登ったとか?

うわあ、見えてきちゃいましたよ。あそことにかく崖です。風も強かったはずで馬とも縁がある。
永井さんいてもおかしくないかも?おまけに家康までいますから。そうそう今日は己巳でトミの日で虚空蔵の日。辰と巳に関係する普賢菩薩とも縁がある。祭神には火と水の神もいますし、弁天さんも。太郎坊さんの猿田彦さんもいます。将門関係オールキャスト。

海神使ってこの地にきたらあの崖のピークは必ずいくでしょう。阿多古を阿の姫と田の神と子供と解釈していましたけど、阿の姫は良いとして田の子供と古(フル)の王子と解釈すると将門と桔梗姫と永井さんになるかも?クナト三神がいたらいいなあ。

東京も地形をマップで見れるようになったのでどこが大事なのかはっきり分かるようになりましたよ。お互いに将門の供養をしていけばひょっとすると思います。関東の鉄をさぐれば供養になると思います。家光さんよりは二代の方の方が馬や鉄と近い動きが見えてくると思います。
8589 8が二つに5と9は最高。あとは6だけ、将門さんは巫覡で全て見えてるはずなので、怖いとの先入観で流されず接点を持ってみようかな?そうそう龍蛇神は大丈夫な気がします。

そもそも将門が怒るのは思いやりのかけらもない方々だとは思います。平氏と源氏は将門と平九郎でタッグ組むべきですよ。良い未来を作る為に。
クナトとトミがタッグを組めないようにされていたのかもしれませんね。

将門、吉野に行ったことないかなあ?義経はあるんだっけ?まさか魔王?麻と鬼で魔。安倍晴明にはこきつかわれたのでは?安部のが好きなので蘆田道満の方が将門には近いように思います。安倍晴明は狐の方なので。8589 4059
5と9は母と子はかなり味方になりそうですね。6をうまく慰めましょう。将門が大事なのは今は皆知っていますし、日本人なら感じるはずですから。
25年前。 (綱永井寵生)
2016-12-15 02:44:52
りひとさんへ

勤めていた株の業界紙は兜町の9番地だったと思います。大通りに面していて隣が中島病院。その隣のビルが山種ビル。
直ぐそばに首都高が走っており、そのガードしたの首都高の社員食堂でよく560円のランチを食べていました。
兜神社でも小網神社でも缶コーヒーを飲みながら佇んでおりました。先が見えない将来を憂いて。いまだに見えてませんが。

永井平九郎は将門公の家来だった説もありますが、将門公を諌めて朝廷から賜った鼎をもっと福島まで逃げて来たとの伝承もあります。

そうそう、私の勤めていた業界紙は辰巳に新社屋を建設して移転。その数年後、会社更生法適用となりました。方角が悪かったのでしょうか。社長が馬鹿だったのだろうか。
兜神社懐かしい。 (りひと)
2017-09-27 12:40:28
この前お片づけでバックから出てきました。私も結構罰当たりです。神様すみません。で当時小網とくっ付けてたんですね。弁天さんとみみずくとどぶろくですので妥当かとも。両方にいたしていたのもびっくりです。だってあそこ、あんまり雰囲気良くなかったですので、でもあれ高速のせいですよね。本来はあの辺りはとても大事な場所だったはずつい最近まで。さっきも大阪の地図見ていて思ったのが元は水の流れていた川かな?と思う場所の高架があるんですよ。東京の方も結構多い、それにより暗くなっちゃって。246号もそうですしね。

道の分岐なのでおそらくお地蔵さんがあっても良い場所で川なので水神さんがいてもいい場所。風神と水神セットになりそうな感じですね。

別件で伊勢津彦の件で阿部というキーワードきましたけど義経記事で安部(確か当時大阪の地名で気になった字だったはず)とコメントしてますね。
で最新情報で阿部島って福岡にある相島というような説もあるみたいです。どうも安曇っぽくなってきますよ。私の好きな阿から安へ移行してきたのかなあ?と。

宮地嶽は仲哀さん関係あるかな?仲哀さん存在理由が明確に見えてきたようにも思います。

で近江では地蔵と山姥が気になり、そしてそこに狐がいないか?と。山神が若い女嫌いなのは狐せいではないかな?と。義経も気になりますね、好かれそうですので。九は好かれそうですよ。5648
塩釜に阿部さん。 (綱永井寵生)
2017-09-28 23:46:33
りひとさんへ

塩釜には何故か阿部さんが集中して住んでいます。私は塩釜に逃げた伊勢津彦神を追って阿部志彦が追いかけたのではないかと思いましたが、流石に分からないです。

伊勢津彦神と阿部志彦。そして塩釜の志波彦神。彦は日子。つまり太陽。そして風神でもある。どんな関係があるのか。猿田彦尊が塩釜神としたら伊勢津彦と志波彦神は繋がります。

そして阿部志彦は伊勢津彦の祟りを恐れて祀り上げる。だから塩釜に阿部さんが多いのかも。

色々考えられますが、今一つ考えが練れません。

コメントを投稿

伝説」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。