諸行無常なる日々。或いは鬼渡神と神々の源流。

呪われた家系を生きる私の人生観や日常。それに立ち向かう為の神道的な考え。そして因縁の鬼渡神、神々の源流について考えます。

相変わらずの運の悪さか、クルマがエンコした。でもギリギリ助かった。

2016年10月29日 12時25分28秒 | 出来事

昨日、某病院に向っていました。愛車のポンコツアトレーで。ちょっと雨が降っていたので。

このクルマ、平成7年型の筈です。一年落ちを中古で買ったのです。多分、事故車だったと思います。何となくハンドル周りがポコポコ言うし。私はあんまりそんなの気にしませんけど。

でもクルマも20年経つと走っていなくてもガタが来ます。プラスチックの剛性が弱くなり、パキッとノブが折れたりします。フロントパネルも急にプラスチックのジョイントが割れて落ち、後続車に踏んづけられました。もういたるところボロボロです。

特に問題なのはラジエターからクーラント液が漏れている事。それで漏れ止めの液体をラジエターに入れたのですが、漏れていた箇所は入り口。否、入り口じゃなくて上部の空気穴のようなプラスチック部分からクーラント液が沸騰して漏れてました。どうもそのプラスチップ部が経年劣化していたみたいです。

もうエンジンが暖まるとボコボコボコボコと沸騰音が聞こえます。だからそれで漏れてクーラント液が減少。クーラント液を継ぎ足し継ぎ足し使用していました。

そうこうしている間、今度はバッテリーが弱くなった。まだ交換して1年も経っていないのに。ある商業施設でエンジンが始動せず、5キロ以上道程を歩いて家まで帰り、バイクで戻りバッテリーを外しまた家に帰り充電。そしてまだバイクで戻りセット。クルマはエンジンが掛かってクルマで帰り、また歩いて施設に行ってバイクを取ってくると言う苦行でした。

それから2週間も経っていない先日、結構遠い川平の睡眠時無呼吸症候群の病院500メートル前で急にエンジンオーバーヒートとバッテリー切れのランプが点灯。急いでエンジンを切って停止。再始動しようとしたらセルモーターが回らない。もう焦っちゃいましたよ。

停車したのはマッサージ治療院の前。訳を言って少し止めさせて貰ってタクシーで帰り、バッテリーを買うか前日嫌な予感がして充填しておいた予備のバッテリーを取りに戻ろうかと思ったのですが、治療院のオーナーの人は駄目と言う。クルマは重くて人力では動かず。途方に暮れましたよ。家に電話して親父に予備のバッテリー(充電はしたものの前に使っていたヤツで性能は不透明)を持って来て貰おうとしても、案の定、親父はパチンコで不在だったし。

治療院の従業員は気の毒がって押してくれたりしてくれたのですがやはり動かない。それでもう一度エンジンを掛けたらセルモーターが回ってくれて再始動出来ました。家に戻る途中、ショルダーバックを治療院に忘れていたのを思い出しましたが、アクセルから足を離すとエンジンが切れるかも知れないので、エンジンヒートまま、エンジンから沸騰音がするまま帰宅。エンジンを切ってもう一度セルモーターを回しても再始動は出来ませんでした。やっぱりね。

その後、またバイクで治療院まで戻りバックを回収。病院は諦めてそのまま帰りましたよ。あっー散々だった。

こうなった原因はクルマにあんまり乗らなかった事と、下りはニュートラルにして惰性で走り充電出来なかった事。そして冷寒地用のバッテリーにしなかった事です。お金をケチったからこんな事になったのです。人間、ケチってばかりでは駄目だって事です。

それにしても治療院のオーナーは意地悪だと思いましたが、その意地悪のせいでギリギリ家まで戻れた。これも正負の法則でしょうか。

何時もギリギリで駄目になる人生でしたが、今回はギリギリで大丈夫でした。

ちょっとは自分の人生の操縦法を身に付けたのかな。ちょっと、否、かなり遅いような気もするけど。

 

ではでは。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大川小学校津波控訴判決を考... | トップ | 高樹沙耶容疑者の大麻不法所... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様です。 (りひと)
2016-10-29 14:28:49
おんなじです。どうしても貧乏性でケチってしまう。故トラブル確立は高くなる。また、意地悪にも合うけどそのおかげか不思議に最後の着地はうまくいく。

でもでも心がその間本当浮き沈みですよね。鍛えられるというか。ただ回数重ねるとメンタル強くなるし、裏とったりほけんかけたり事前の準備はしたたかになる。本当勉強です。

トラブルってバネになる。
今の子供たちは凹んで戻らないのでしょうからそういう意味では強くなれてますよね。頑張って生きましょうよ。応援しております。5221
トラブルはバネになりますが・・・・。 (綱永井寵生)
2016-11-02 11:05:34
りひとさんへ

トラブルはバネに成りますが、ここめが弱いと金属疲労を起こし、ねじ切れる心配があります。過度のトラブルは小心者には応えます。私は何時も胃が痛いです。

そうは言っても人間誰しもトラブルからは避けられません。トラブルも分割払いで払い、大きなトラブルは出来るだけ避けれればと思います。

小さなトラブルなら、これですんで良かったと思うくらいの心境になれれば良いと思います。
そうですね。 (りひと)
2016-11-02 17:47:38
私も大きな事は願わなくなりました。日々なんとか暮らせるとか明日生きてるくらいでも大きなトラブルが来ないなら幸せを感じられるようになりましたよ。

そうそう、一つ記事に関わるか?は分からないのですが質問いたします。
大江さんがやたら大阪や奈良で出てくるんですが、大枝氏が大江氏になったとか?そんな説があるのですがご存知ですか?私その大枝氏が大事なように思っていまして、大江というとちょっと怖くなって行くようにも感じています。それもご褒美的な意味合いのようなのでそこが曲者で。鎌足も藤原じゃなかったし、高麗ふくしんさんも名前返上したようですし、歴史のトリックとも。蘇我氏も一旦石川氏になりまた蘇我氏にと。
大枝については伊達さんも関係者が使うようです。

大枝氏について知りたいです。ひょっとしたらですが綱永井さんの関係の名字は過去の因縁ではなくどこかに押さえられていたりしないですかねえ?力ある一族なのでうまく先入観で利用されていたりしないですかねえ?

お時間ある時に教えてくださいね。ついていないのを受け入れない因縁の打破もあるのかも?と。ちょこっと思いました。枝だと、木ですから鬼ですし、船でもあると思いますよ。3848
土師氏から大枝氏へ?? (綱永井寵生)
2016-11-11 00:24:43
りひとさんへ

歌手ではなく、歌人の大江千里の父の大江音人の父が大枝氏のはずです。大枝氏の前は土師氏と記憶しています。菅原氏と同じ時期に別れたと思われます。

つまり出雲の血も流れています。天穂日命から続いていますので出雲に戦いを挑み支配したと考えられます。だからこそ祟りを恐れて大江氏は熊野神社の神職を代々勤めていると言えます。

鎌倉の大江氏は秋田に逃れましたが、東北でも多い姓です。元々は秋田との説も有ります。

大枝氏のベースの地は茨城だと記憶とていますが、成功者が出ると親族が寄って来て一緒に流れていく習慣がありますので、一概には言えませんが。

コメントを投稿

出来事」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。