ノーブル・ノーズの花の穴

麗しき本音のつぶや記
~月に1度ブログ~

気味が悪い街

2016-10-13 12:30:58 | Weblog

キモイ

スーパーのキッチン用品売り場に、
ペッパーくんが、案内係で立たされていた。

ボタンを押したら、しゃべりながら、
私の方を、ずっと目で追うので恐かった。

どうせ、それ以上の会話はできないのだろう。
だったら、こっちを見るな。
気持ち悪い。

世の中、こんなものに支配されたら、おかしくなってしまう。

人にしか、聞けない事だってあるのだ。
ヨドバシの店員くらい、ブッチャケ話できるならいいが、
おまえが説明したところで、買う気もせん!

コワイ

ヨボヨボの年寄りばっかりが、歩いているのを見ると、
何だか、亡霊の街にいるみたいで恐い。

この間、向かいのホームの車両から、降りようとしていた老人が、
ランドセルの背中を、押しのけているのを見た。

亡霊は、やってる事も恐い。

ダサイ

職場の入口のディスプレイは、センスが無さ過ぎる。

社内の素人か?
あれで、業者はないだろう。

立ってるハロウィンのオバケが、しょぼくて気持ち悪い。

季節ごとに変えているのだが、いつもあか抜けない。

外から見えて、恥ずかしい。
何も飾らない方がマシ。

ウルサイ

夕方の、チアリーダーのかん高い声が、
すっごく、うるさい。

ヒャーヒャー叫ぶな!!
もう、ウンザリだ。

人間がやる事は、全く気味が悪い。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松田聖子になろう | トップ | べっぴんじゃないけど »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL