ノーブル・ノーズの花の穴

麗しき本音のつぶや記
~月に1度ブログ~

ウナギと文具店

2017-05-17 09:49:58 | ドラマ

「ツバキ文具店」は、実に風情のあるドラマだ。
特に、第3話は良かった。

男爵の依頼で、鳩子が書いた、断りの代書は、
本人の口調の文体、封印、切手、どれもこだわりのあるもので、
文章好きの私を、うならせた。

私としては、成功報酬として、お金が欲しいところだが、
男爵が、鳩子を連れて行った「つるや」を見て、
うな重が食べたくなった。

調べたら、文人も通った老舗で、
うな重2000円とあった。

ステーキランチ、なう。

先日、身内と、鎌倉を散策した。

予約した小さなレストランで、ステーキランチ。
周りの喧騒を忘れさせる、落ち着いた空間だった。

小町通りの脇道に、浪花家の支店があると知った。
麻布十番では、予約して1時間以上待ったが、
ここでは、すぐにイートイン。
パリパリの皮が、美味しかった。

あのドラマでは、草村礼子さんは、
認知症のおばあちゃんだが可愛いし、
高橋克典も、地味でいい感じ。

“ポポへ”と書く、小さなハートのお手紙も、
はーたんの、文章の練習になるだろう。

男爵のように、うなぎ待ちで、ワインと生ハムを、
別な店で食するような、通な事はできないが、
いつか、うな重、食べに行きたいものだ。

ステーキの次は、ウナギだ。

 

『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドキュメンタリー | トップ | 熱くて濃い人達 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL