오늘도 화이팅!

韓国俳優シム・ヒョンタクさんを応援しています!!

「猟奇的な彼女」 感想

2017-07-23 23:02:42 | SBS「猟奇的な彼女...
毎週月火が楽しみで、本当にあっという間だったというのが第一の感想です。
日本とほぼ同時放送だったのでリアルタイム視聴で台詞が分からなくて、モヤモヤしてしまう期間が短かったのはありがたかったです。
映画版が韓国映画史に残る大ヒットした作品だったので、時代劇に置き換えてのリメイク、しかも事前収録ドラマだったので
色々不安な部分がありましたがそんな心配は不要でした。
視聴率に左右されて元のストーリーから変わってしまうことのある同時撮影より、ストーリーが変わらずスタッフ・俳優陣も準備に時間を費やせるためか
安定感があって、普段より安心して見ることが出来たみたいです。

やっぱりヒョンタクさんが演じたチュンプンがサイコー~~~~
出演回は全32回中19回、時間にして全部で約25分と(大まかですがカウントしてみました^^;)決して出番は多くなかったにもかかわらず、ドラマ中ではとても重要な役どころでした。
いつも綺麗どころを従えての知識有閑人、亡霊面(正体がバレる手前まではほぼスタントさんの代役だったとインタビューで話されてましたが…^^;)、ウンソン大君、どれもよかったです。特にチュンプンは遊び人でありながら、ふと真顔になり何やら思っている表情に毎回でした。^^ 正体不明な役だったのでその辺の演じ処は難しかったのでしょうが、ヒョンタクさんは上手く演じていられれましたね。
亡霊面が出てきたころ、実はチュンプンなんじゃないかなと思ってたんです。でも確信が持てなかったこともありますが当たってたらドラマがつまらなくなってしまうし、違ってたら迷惑かけてしまうことになりそうだったのでブログに書くのは止めました。
チュソン大君の弟だったとはちょっと意外でした。年の離れた弟ということだったんですね。前にも書きましたが彼に仕えていた者で、主君の無念を晴らすためにチョン・ギジュンの悪事を暴き敵を討とうとしていたのではと考えてたんですが。チュソン大君が王の叔父にあたるのならウンソン大君も叔父にあたるんですよね?? 第32回で王、大妃と会うシーンで王は尊敬語で話してましたが…。 相関図が欲しいところです。^^;

ヒョンタクさんにチュンプン・ウンソン大君以外で演じてほしい役はウォルミョンです。ギジュンの秘密兵器であり、かつての恋人だったパク氏への想いは死ぬまで変わらなかった彼をどうヒョンタクさんだったら演じたのかすごく興味あります。訳アリの悪役、見てみたいです。
他のキャラで好きだったのはイ・ジョンシンさんが演じていたカン・ジュニョン。かっこよかったですね。^^ ヒョンタクさんと仲のいいイ・シオンさんが演じたセホとマルグムのカップルも好きでした。面白かったです~~。セホとチュンプンの絡みが無かったのは残念でした。ヒョンタクさんとシオンさんの共演、いつか実現するのを期待してます。(^^)

いつものことですが感想らしい感想を書けなくてすみません。
チュンプン様orウンソン大君と会えなくなるのは淋しいですが、DVD化を期待して待っていたいと思います。




안녕 춘풍, 은성대군
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« OSEN インタビュー③ (2017.7... | トップ | 10asia インタビュー (2017... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

SBS「猟奇的な彼女...」カテゴリの最新記事