目白こども将棋教室

将棋が好きなみんな、集まれ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

指導対局から

2013-02-15 22:36:27 | インポート

2月も半ば過ぎとなりましたが、

まだまだ寒い日が続いております。

三寒四温にはもう少し時間が必要

でしょうか。

くれぐれも体調にはご自愛ください。

目白こども将棋教室の高野です。

講師である私一人で全てを行っている

目白こども将棋教室。

必然的に私との指導対局が授業のメイン

となりますが、今回は生徒さんの実力を

紹介したいと思います。

まずは将棋連盟道場2級のまさとくんとの

4枚落から

006


▲6四歩と飛車先を伸ばして来た局面。

玉も美濃囲いにしっかり囲えており、

攻めも歩が前に行き、次に銀、そして大駒

と理想的な布陣となっており、100点

この後も最後まで緩みのない指し手が

続き、見事勝利

そろそろ4枚落は卒業のようです。

続いて入会して3ケ月のともかぜくん

との5枚落戦。

007


下手が▲7四歩と押さえて局面。

この手はとてもいい手です。しかし△5四金に

▲7七桂と跳ねた手が疑問で△7六歩で

形勢を損ねてしまいました。

△5四金には▲6八飛として6五歩を守る

ところ。こうしておいて、玉の囲いを作れば

十分の駒組となっていました。

ただ、まさとくんの4枚落戦もそうですが、

歩が前に行き、銀、そして大駒の順番は

とても良く、毎回この流れを目指して駒組

を進めてくださいね。

目白こども将棋教室の実力はいかがですか?

とてもセンスがいいでしょう

将棋の基本をしっかり学ぼうとする生徒さんが

多く、これからが本当に楽しみです

次回の教室は2月27日となります。

みんなと元気に会えるのを楽しみにしています

目白こども将棋教室 高野秀行


この記事をはてなブックマークに追加