経堂こども将棋教室

将棋が好きなみんな、集まれ!

守りの基本は「囲い」

2016-04-21 18:57:56 | 日記
春の気持ちのよい風が街を包み込む
ます。
しかし、この季節に熊本ではあのような
大地震が。
熊本は支部の師範などを務め、度々訪れて
おり、先月末も伺ったばかりでした。

月並みですが、1日も早い復興をお祈りする
と共に、棋士としてまた教室として何かが
出来る「その時」に向けて、思い続けて
行きたいと思っております。

経堂こども将棋教室の高野です。

4月2回目となった16日の教室。
前半は体験も含めて30人を超える生徒さんが
将棋を指す、活気溢れる授業となりました。



野田澤先生

安川先生

村上先生と私。このお腹は一体…






この日の対局で気になったことが数点。
中でも、生徒同士の対局で「玉」の囲いがおろそか
になっている将棋が目に付きました。

7級、8級といったところまでなら、それでも
勝てるかもしれませんが、それ以上強くなるには
「囲い」は絶対に必要です。
講師との指導対局では、きちんと「美濃囲い」など
に囲えているのに、生徒同士になると、居玉で
攻めだけという形になってしまっています。

攻めることはとても楽しく、そして魅力的ですが、
サッカーで10人で攻めたらどうでしょう。
すぐに点を入れられてしまいますね。
守りがあってこその、攻めです。
きちんと「囲い」を作ってから、攻めるように
しましょう。

次回の教室は5月7日となります。
4月の第5週はお休みですので、気を付けて
くださいね。

GWの最後ですが、みんなと会えるのを楽しみに
しています。

経堂こども将棋教室 高野秀行

【教室よりお願い】
前回の記事でも書きましたが、前半クラス
(13:00~15:00)が生徒さんが一杯となって
しまいました。
当面ですが、体験入会を後半クラス(15:30~17:30)
に限らせて頂きます。
大変心苦しく思っておりますが、ご理解のほど
よろしくお願い致します。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「経堂こども将棋教室」より... | トップ | 大会結果 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。