今日みたく雨ならきっと

2017-10-12 15:27:24 | 将棋
昨日は65期王座戦第4局が行われました。

中村六段が勝てば王座奪取。羽生王座が勝てばフルセットにもつれ込むという大一番でした。

戦型は予想通り角換わりになりました
。中盤から羽生王座が猛攻を仕掛ける展開になりましたが、中村六段の研究に嵌まり、羽生さんが負けてしまいました。

これにより羽生さんは13年ぶりに一冠に後退。中村六段は3回目のタイトル挑戦でのタイトル奪取。7大タイトルのうち、3タイトルを20代の棋士が手にしているという状態になりました。

複数タイトルを保持しているのは渡辺明二冠のみ。

年末には羽生-渡辺の竜王戦が行われます。もし羽生さんが勝てば永世7冠王となりますね。

この竜王戦が羽生さんにとっての正念場な気がします。ここで竜王をとれければ、タイトル100期もなくなる気がします。

なので、何が何でも竜王になって欲しいです。

□□□□□
67期王将戦挑戦者決定りーぐが行われました。

斎藤-豊島という若手最強と言っても過言のない二人の対局でした。

今期の豊島八段は鬼のように強く、しかも後手番で無敗をほこっています。

この対局でも豊島八段が勝ち、後手不敗を更新しました。

ここまで勝ちまくっていてタイトルを持っていないんですから不思議なもんです。

豊島八段も中村王座もまだ20代半かと思いきや、二人とも20代後半になっていました。いつの間にか。

やはり棋士は20代後半から30代前半に覚醒するパターンが多いみたいですね。

□□□□□
最近購入した久保&菅井の振り飛車研究という棋書を読んでいます。

菅井流4手目△3二飛車が好きなんですが、やっぱり角交換からの▲5五角で大変 という事が書いてありました。

他にも、ダイレクト向かい飛車の頁では▲6五角で実践的には居飛車指しやすいとありました。

両方とも私が後手番で採用する事が多い戦法です。そもそも後手番で相居飛車にしたくないと言う考えから、この二つの戦法を指すようにしたのですが、プロの目から見ても苦しい、というとどうなんでしょうかね。

◇◇◇◇◇
本日の名言
「これが今の実力として受け入れるしかないと思います。」by 羽生前王座

この記事をはてなブックマークに追加

最後に観覧車が海に沈む映画

2017-10-01 18:57:44 | 将棋
先日羽生棋聖のしゅうい式がありました。

それにあわせて羽生さんの誕生会も行われ、羽生さんは大勢のファンや関係者に囲まれて47才の誕生日を迎えたそうです。

なんかアイドルみたいですね。

□□□□□
桜川支部定例会に参加して来ました。私が出場したC-4は14人参加していました。

正直早くC-3に戻りたいので優勝を狙っていました。

□□□□□

1回戦

後手
(相振り飛車)

▲KKSvs三間飛車

スズキさんとの対局。中盤でグチャグチャしてそれでもやや優勢かと思っていました。しかし終盤で読み間違いがあり詰みを逃してしまいました。そこで投了。
スズキさんには随分久しぶりに負けました。

2回戦

後手

▲居飛車vs△2手目3二飛車

序盤でうっかりして2筋を破られてしまいました。勝負を建て直すことができなさそうなので、早々に投了しました。

3回戦

先手

▲横歩取りvs△2三歩戦法

イシガミ君との対局。2三歩戦法をやってきたので、△3二飛車切りの定跡を試してみました。
予想外に上手くいって快勝しました。

4回戦

後手

▲矢倉vs(2手損)米長流急戦矢倉

オオタニさんとの対局。2手目に3二飛車と振ったんですが、角道を止められたので仕方なく相居飛車に。矢倉にしてきたので米長流にしました。
中盤で優勢になりましたが、終盤一瞬怪しくなりました。それでも勝ちきれて良かったです。

5回戦

後手
(相振り飛車)

▲原始中飛車vs△向かい飛車

ツゲさんとの対局。9筋を突破されそうでしたが、飛車を只で取って優勢をキープして勝ちました。

6回戦

後手

▲原始中飛車vs△糸谷流右玉

ワタナベさんと久々に指しました。
序盤は互角でしたが、中盤に飛車と金の割りうちをかけてから大優勢になり、そのまま勝ちました。

7回戦

先手

▲都成流vs△居飛車

ホシノさんとの対局。先手でしたが1六歩をついてタイミングを調整して先手で都成流を採用しました。
都成流好きなんですが、やっぱり難しい。本譜はホシノさんが二歩を打ってしまいそこで勝ちました。

その後感想戦をしましたがやっぱり不利だったようです。

8回戦

(相振り飛車拒否)
後手

▲石田流vs△(2手損)居飛車銀冠

これも2手目3二飛車にしましたが、石田流を目指されて居飛車に戻しました。
中盤に大ポカをしてしまいそこで投了しました。

9回戦

後手

▲筋違い角 乱戦

コグチさんとの対局で筋違い角を打ってきました。これは最近私が振り飛車を指すようになったからだと思います。

コグチさんが無理攻めしてきましたが、危なげなく勝ちました。

10回戦

後手

▲四間飛車vs地下鉄飛車

サオトメさんとの対局。ノーマル四間だったので地下鉄にしましたが、組上がる前に仕掛けられました。

サオトメさんは振り飛車らしい軽い捌きの棋風なんで格好良いなと思います。

中盤で優勢になりましたが、そこでも振り飛車らしい捌きの前に手こずって必死を掛けられました。

寄せに入りましたが詰むかどうかよくわかりませんでした。結果詰んだから良かったんですが、感想戦で詰まない変化もあるっぽいと言う結論に至りました。運が良かった。

11回戦

(相振り飛車)
先手

▲角道オープン四間飛車vs△石田流

キヨシさんとの対局。中盤でキヨシさんの飛車角を抑え込んでそのまま勝ちきりました。

□□□□□
今日の結果は8勝3敗で2位でした。

11局のうち居飛車6局、振り飛車5局でした。

11局も指して、先手を引いたのは3局だけでした。こんなことってあるんですかね。

石田流を相手にするのが苦手です。もう少し勉強しないといけないですね。

◇◇◇◇◇
本日の名言
「持ち時間を残して勝つとは何事だ!と怒ってやりました」by 深浦九段


この記事をはてなブックマークに追加

花火

2017-09-24 12:27:20 | 将棋
先日行われた王座戦第2局。
第1局では後手の羽生さんが「千日手に持ち込めるのに、投了」と言う展開でした。

1局目の内容からまだまだ羽生さんの方が強いな、と思っていたんですが、なんと第2局も羽生さんが負け。2連敗で王座失冠まで1つというカド番に追い込まれてしまいました。


もしこのまま王位に続い王座まで失冠となったら、2004年以来の1冠になってしまいます。

日本中の将棋ファンはそれだけは見たくないだろうと思うので、なんとしてもここから羽生さんに逆転防衛して欲しいです。

□□□□□

昨日はJT杯二回戦で、羽生-森内というゴールデンカードが行われました。

対局前の森内さんのコメント「羽生さんには子供の頃から負ける事の方が多かったですが、羽生さんのおかげでここまで来れた。」と言うコメントに感動しました。

戦型は予想通り矢倉になりました。
羽生さんの攻めvs森内さんの受けと言う展開になり、一瞬羽生さんの攻めが切れて巻けそうになりましたが、そのまま勝ち切りました。


森内さんがフリークラスに転向して、もうこの二人の対局は殆ど見られなくなるだろうと思っていました。

結果は羽生さんの勝ちと言う予想通りの展開でしたが、それよりもこの二人の矢倉が見れてよかったです。

最近の急戦じゃなくて、昔ながらの矢倉を見れて。

□□□□□
銀河戦の準決勝で、豊島-羽生と言う注目の一戦があり、羽生さんが勝ちました。  

これで銀河戦の決勝戦は羽生-久保の好カードとなりました。                                
豊島八段は今期3敗目を喫しました。
今期恐ろしいほど強い豊島八段に勝つなんて凄いですね。

もしかしたら優勝するかもしれない。

豊島八段といえば、室谷さんとの結婚の噂が一時出ましたが、もし本当ならあれだけ強くて室谷さんみあいな美人と結婚できるなんて、本当に羨ましい限りです。


◇◇◇◇◇
本日の名言
「付き合って下さいね~」ギャグ漫画日和より引用

この記事をはてなブックマークに追加

「椎名林檎としての活動をアルバム3枚で終了する」とは何だったのか

2017-09-10 16:51:03 | 将棋
一昨日竜王戦挑戦者決定戦第3局が行われました。松尾八段の1勝、羽生二冠の1勝のタイで迎えた最終局は、羽生さんの横歩取り△8五飛車戦法となりました。

終盤までどちらが優勢か解らない展開が続きましたが、最後は羽生さんが勝ちきりました。

これで羽生さんは永世竜王を掛けて、渡辺竜王との七番勝負に挑む事になります。

将棋ファンは殆どの人が羽生さんに竜王を奪取し、永世七冠王の誕生を待ち望んで居ると思います。

□□□□□
日立市長杯将棋大会に参加してきました。私が出場したBクラスは10人しかいませんでした。子供の参加者が異様に多くて、ヒラマ君が子供の部Aクラスに出ていました。

□□□□□
1回戦

後手

▲居飛車vs△2手目3二飛車

ヨコタさんとの対局。
▲6五角△7四角▲同角△同歩▲5五角の時に、本来なら△3三角と返せる筈が自分から角交換していたため8八銀型だったので、それが出来ず仕方なく飛車角交換になってしまいました。序盤から飛車の打ち場所に神経を使う将棋になりましたが、終盤こちらからの端攻めが決まり逆転しました。

しかしそこでお互いに秒読みに追われ、私も最後の最後に飛車を只の所に打つという大ポカをしてしまいました。指した瞬間に「間違えた!!!!!」と叫んでいました。

そのきょくめんで敗勢と言うことはなかったけど、投了しました。 

2回戦

後手

▲袖飛車vs△2手目3二飛車

対局相手の方は聴覚障害者の方でした。最初筆談で挨拶をして、ちよっと戸惑いました。

序盤から作戦成功して「これは勝った」と思ったら、一気に負けそうな雰囲気になりました。

しかし冷静に指して何とか勝ちました。

3回戦

後手

(角換わり)力戦

苦手な相居飛車の後手番になってしまいました。中盤に馬を作りましたが、それで優勢になることはなく苦しい展開が続きました。
終盤も一方的にやられて、何とか盛り返したんですが、こちらが詰めろを駆けた瞬間に詰まされました。

詰めろに受かれて即詰みを見逃すとか大バカです。

4回戦

先手

▲天守閣美濃右四間vs△四間飛車

これも序盤から作戦成功者しました。
終盤に相手の方の異様な粘りに苦労しましたが、何とか勝ちきりました。


5回戦

先手

(相振り拒否)

▲一手損端玉銀冠右四間vs △四間飛車銀冠

3手目にkksを明示したら、角道を止められ「あーこれ相振り飛車になるな」と思ったら、案の定四間に振ってきて相振り飛車になりました。

相振り飛車に自信がないので、そこからの右四間に振りなおして、3筋と4筋を飛車と角で捌いて優勢になりました。
そこでまた負けそうな雰囲気になりましたが、最後は玉頭戦を制して勝ちました。

□□□□□
今日の結果は3勝2敗でした。居飛車を持って3局、振り飛車を持って2局という内容でした。

やはり相居飛車で後手番だと勝てない。こんなに勝てないもんかね?って言うくらいか苦手です。

ちなみに、ヒラマ君は子供の部Aクラスで全勝優勝してました。そりゃ優勝して当たり前だと思いますけどね。

◇◇◇◇◇
本日の名言
「セックスと飯だけ奢ってください」by 野武士 おぎやはぎの人体実験 より引用

この記事をはてなブックマークに追加

彼等がいた。

2017-09-03 18:39:52 | 将棋
先日の王位戦。後手番の菅井七段が採用したのは△3三金型三間飛車でした。
全く意味不明の作戦でしたが、この変態戦法で羽生さんを下し、王位を奪取しました。

これで振り飛車党のタイトルホルダーが二人になりました。もう「不利飛車」と言われる事もなくなるのかもしれないですね。

そして今日のNHK 杯は前代未聞の決勝戦以外の生放送対局でした。
注目の▲森内九段vs △藤井四段の対局です。

戦型は森内九段の矢倉に、藤井四段の右四間でした。

激しい責め合いの勝負になりましたが、藤井四段が勝ちました。

これで藤井四段は、羽生二冠、佐藤先生、森内九段の3人にデビュー一年以内に勝ったんですね。

それは恐ろしい事です。

□□□□□

桜川支部定例会に参加して来ました。私が出場したC- 4は全部で11人いました。
小学生は一人だけでした。

□□□□□
1回戦

後手

▲居飛車vs△2手目3二飛車

カマタさんとの対局。飛車先をずんずん伸ばしてきて、△3三角に▲2一飛車成の変化になりました。あんの上、滅茶苦茶な乱戦になりましたが、勝ちました。

2回戦

後手

▲居飛車vs△2手目3二飛車

中盤に十字飛車を駆けられてピンチかと思いきや、その後に準王手飛車を掛ける手があり、それで逆転しました。

最後は相手の竜を只で取ったら相手の方が投了されました。

3回戦

後手

(相振り飛車)
▲四間vs△三間

コグチさんとの対局。前回は2手目△3二飛車からの相振り飛車でしたが、今回はノーマル四間とノーマル三間の闘いになりました。

中盤までずっと攻めていましたが、ガチガチに受けきられ負けました。

4回戦

先手

▲糸谷流右玉(模様)vs△原始中飛車

ツゲさんとの対局。序盤から優勢で苦戦することなく勝てました。

5回戦

先手

▲居飛車vs△kks

久々にスズキさんとの対局。予想通りKKS をやって来ましたが、割りと隙があってやりにくさは感じませんでした。終盤、一瞬だけ危なくなりましたが、何とか勝てました。

6回戦

後手

(相振り飛車)
▲三間vs△三間

イワセさんとの対局。多分石田流にされるだろうと予想していましたが、石田には組まれませんでした。
中盤にポカをしてしまい王手飛車がかかり、そこで投了しました。

7回戦

先手

▲ダイレクト向かい飛車vs△居飛車

キヨシさんとの対局。3手目に角交換をしてダイレクトに振り、一方的に勝ちました。

8回戦

先手

▲kksvs△居飛車急戦

イシガミくんとの対局。居飛車党と言うことがわかっていたので、kks に。序盤に急戦を仕掛けられ、大ピンチになりましたが、相手のムリ攻めがたたって逆転勝ちしました

9回戦

先手

▲居飛車銀冠vs△4➡3戦法

中盤にミスってしまい石田流を捌かれ完全に負けたと意気消沈していました。
 しかし相手の方が終盤間違えて、そこから逆転しました。

10回戦

後手

(相振り飛車)
▲三間vs△三間

ホシノさんとの対局。普段通りなら対抗形になったでしょうが、今回はまさかの相振り飛車。しかも相三間なので全く意味わからない複雑な局面が続いていました。

結果として、ホシノさんの駒を押さえ込むことに成功して勝てました。

□□□□□

今日の結果は8勝2敗で2位でした。

振り飛車を7局、居飛車を3局ということ割合で指しました。

振り飛車でも対抗形なら勝てるんですが、相振り飛車後手番では殆ど勝てないんで、それが今一番の過大だと思います。

今度、菅井王位が相振り飛車の棋本を出すそうなので、それで勉強しようと思います。

◇◇◇◇◇
本日の名言
「森内先生に矢倉を教えて頂きたいと思っていました」by 森内九段

この記事をはてなブックマークに追加