MONAのフォト・ギャラリー

写楽・・話楽・・・な日々

nonno 花 

2017-04-19 21:55:26 | 

ノンノ nonno   という言葉は 

アイヌ語で「 花 」という意味だと 知ったのは 

「 クナウとひばり」という アイヌの昔話を語った時でした 

それは こんなおはなしです 

空の国の神の娘 「クナウ」は アイヌの国に降り立ち 

森や 野や 湖の美しさに 強く惹かれるようになりました  

そして 空の国の神よりも 野の花となりアイヌの国にとどまる道を選んだのです 


今 足下には 小さいけれど こんなたくさんの野の花が咲き乱れています 

気温20℃ちょっとの 心地よい気候と 美しい自然・・・ 

クナウの気持ちが わかる気がします

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うんしょこ うんしょこ・・・ ... | トップ | 八重桜 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (kao)
2017-04-19 22:18:00
雑誌のノンノにはそういう意味が
あったのですね。・
クナウ伝説物悲しいですが、
ステキなお話ですね。・
胸に沁みいりました。
Unknown (ば~ば)
2017-04-20 07:08:55
そう言えば“ノンノ”と言う雑誌がありましたね、花ってことかな?
芝庭にも目立たないけれど、小さな小さな花が数種類…どれも春の光を満喫してるようです

↓、私は白身魚でも豚肉でも…コスパで竹輪でも
Unknown (ぱふぱふ)
2017-04-20 08:34:39
アイヌのことについて大部分の人は知らないから~
しかも身近な大切なことをいっぱい教えてくれているんですよね
アメリカインディアンが教えることも、アイヌの人が教えることも
管理の部分で旧ツウなことがあって・・素晴らしいと思うのに
アイヌのことも琉球のこともなくなってしまった文化、民族のことといs手
伝えることも知る機会も奪われてるのが寂しいね
細々とした火でも続くこと祈ってます
kaoさん (MONA)
2017-04-20 22:42:18
アイヌは文字を持たないので、歴史は口伝えで伝えられている事しかわからないのです。
でも、この昔話を聞いても自然感が伝わって来るでしょう?
ばーば様 (MONA)
2017-04-20 22:43:49
お魚、竹輪がいいかも。
作ってみますね。
ぱふぱふさん (MONA)
2017-04-20 22:46:33
そうなんです。
先日語ったネイティヴ・アメリカンの「空をもちあげよう」という昔話も、すごく素朴! 
でも、本当に大事なことを言っている。
真っ直ぐに胸に来ますね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。