MONAのフォト・ギャラリー

写楽・・話楽・・・な日々

目黒雅叙園の「坂本龍馬展」

2017-06-22 22:10:23 | 東京


チケットを頂いて 目黒雅叙園の「百段階段」で開催されている「坂本龍馬展」へ行って来ました 

「百段階段」は 昭和10年に建てられた絢爛豪華な料亭です 

階段沿いに造られた座敷や宴会場は 壁や天井や床柱など いたるところに見事な装飾が施されています 


段差が苦手な人には お勧めできません  

というか・・ 

この階段を上り下りした仲居さんとかお客さんは 大変だったろうな~  

と 想いを馳せました 



そうそう・・ 坂本龍馬 

幾つもの龍馬の手紙が展示され 彼の人柄や夢が伝わってきて 歴史の中の人というよりも もっと身近な人に思えてきました 

大好きです  




もっと 長生きしていたら 日本は変わったかもしれませんね! 

龍馬の最期を実物大の影絵で再現したシーンを見て 胸が詰まりました 

こんな風にして 命を絶たれてしまった事に・・・ 

「百段階段」は 実際には九十九段で終わりです 

「完全なものはない」という戒めなのでしょうか

『イベント』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春ウコンの花 | トップ | コウゾの実を食べてみた »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ば~ば)
2017-06-23 07:07:17
目黒雅叙園はよく取材に行きました
あの階段、お客は1回の昇降ですが仲居さんは日に何度も~わたしなら足腰が耐えられませんね

坂本竜馬の直筆の手紙が見つかりましたね、すでに殺されることを予感していたような~事件直前の手紙
おはようございます (kao)
2017-06-23 07:48:24
仲居さんはお料理ももって。。・
すごいですね、おつからかったと
拝察します・
竜馬は長生きしてほしかったです・・。
Unknown (ぱふぱふ)
2017-06-23 08:26:13
目黒雅叙園は仕事の関係でよく利用しました~
沢山の人が出入りして、またそこで働く人もたくさんいて
時代を感じますが・・そこで坂本竜馬展ですか・・
見に行きたい気分ですね~~
時代時代で・・その時はわからなかったことも
あとの世になってわかること多いですね・・
まだに時代に名を残したということですね
なかなか時代に名を残すということは難しいですが・・。
Unknown (MONA)
2017-06-23 21:42:36
龍馬のTV番組、結構みているんですけど・・・ 
そうだっけ? 
亡くなる3日前の手紙がありました。
でも、そういう内容ではなかったと思います。
kaoさん (MONA)
2017-06-23 21:44:43
階段は大変だったでしょうね。
どうしてこんな造りにしたのかな? 
バリアフリーが一番です
ぱふぱふさん (MONA)
2017-06-23 21:48:49
その頃は通信も移動も時間がかかって・・・ 
それなのに、短い人生であれだけのことが出来たって、凄すぎます。
もし、彼が今の時代に生きていたら・・・ 
想像するだけで楽しくなります。

コメントを投稿

東京」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。