nobara*note

くらしの中にアンテナをいっぱい張って日々のお気に入りを主婦の目で綴ります、目指すは雑貨屋さん的ブログ♪

真梨幸子 イヤミス短篇集

2017-06-27 15:22:37 | 本・雑誌・ドラマ
娘に借りた本の中から、真梨幸子さんの イヤミス短篇集 を読みました。

あらすじ・・・・(「BOOK」データベースより)
小学生の頃のクラスメイトからかかってきた一本の電話。
「覚えている?会おうって約束したこと」。
その声から蘇る、憧れだった美少女の顔。
それはノストラダムスが人類滅亡を予言した一九九九年七月の出来事だった(「一九九九年の同窓会」より)。
他人の不幸は蜜の味。
甘い六篇が詰まった著者初の短篇集。

「一九九九年の同窓会」……ノストラダムスの大予言の世紀末にかかってきた一本の電話。
「いつまでも、仲良く。」……ダイエットに成功して生まれ変わった私が戻る場所は。
「シークレットロマンス」……どこの会社にも知られざる、そして秘められた恋がある。
「初恋」……居酒屋にあった「ルサンチマンノート」。そこで懐かしい名前を見つけた。
「小田原市ランタン町の惨劇」……遊びだけのはずだった女。だけど気になる最後のメール。
「ネイルアート」……入り込んでしまったネットの匿名掲示板。名無しの女はだいたい怖い。

イヤミスとは、読んでイヤーな気持ちになるミステリーのことを指していて
この短篇集の作者真梨さんや湊かなえさんなどが、イヤミスの女王と呼ばれています。
他人の不幸は蜜の味という、悪趣味な分野のお話のことですが
後味がよくないくせに、結局癖になってしまうというドロドロの魅力を秘めていて、私は結構好きな分野。
こちらの短篇集、いかにもありえそうな話で、なんだか自分に降りかかってきそうな気もして来て
結構ゾクゾクさせてくれて、読後のたまらないもやもや感を存分に楽しめました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イヤミス短篇集 (講談社文庫) [ 真梨 幸子 ]
価格:734円(税込、送料無料) (2017/6/27時点)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

酵素乳酸菌ダイエット+ユーグレナ

2017-06-26 11:52:57 | 美容・健康
活性型酵素と植物発酵エキスの W酵素 に、植物性乳酸菌、クロレラ
さらに今大注目の成分、栄養バランスに優れた ユーグレナ 配合の
新しいダイエットサプリ 酵素乳酸菌ダイエット+ユーグレナ を飲んでいます。

酵素は、健康で過ごすためのエネルギーづくりに必要な成分ですが
30代以降年齢とともに、体内で減少していくのが現状。
酵素不足になると、食べ物の消化吸収の妨げとなり、体内に残りカスが溜まっていってしまいます。
ですから、酵素の補給が、健康やダイエットのカギとなるというわけ。
そのためには、サプリや健康食品で補っていく必要があるわけですが
酵素は熱に弱いので、同じ摂取するにも、加熱処理されていないことが大切なんだそう。



酵素乳酸菌ダイエット+ユーグレナ 120粒 (1日の目安4~8粒) 通常価格4320円



活性型酵素と310種類の植物発酵エキスの W酵素
お米由来の乳酸菌 話題の ユーグレナ 栄養素の宝庫クロレラ等を凝縮した
発酵のパワーで、大人ダイエットをサポートしてくれる新サプリメント。



飲みやすい小さな粒状サプリに、きれいを支える成分がギッシリ!
しかも完全無添加



毎朝4粒ずつ飲んでいます。

私は便秘体質ではないのですが、快腸な時とそうでない時である程度波のあるタイプ。
しかしこれを飲み始めて3週間強、びっくりするくらい体内の余分なものが、日々出尽くしているというスッキリ感を味わっています。
この快感は、おススメですよ!
体重の方は今のところ一進一退ですが、身体が中から美しくなっているという実感があります。
もう少しで飲み終わりそうなので、続けてみようかなと思っています。

今なら、初めてご注文の方限定で定期コースに申し込むと、定期初回価格2800円でスタートできますよ。
是非サイトをチェック  してみてくださいね。
酵素乳酸菌ダイエット+ユーグレナ

※ レビューブログのモニターに参加しています
ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レッズ、鳥栖に敗れて空しくリーグ3連敗!

2017-06-25 22:48:54 | サッカー
柏戦、磐田戦に敗れて、泥沼に沈みそうなレッズは、今夜は鬼門のアウェー鳥栖戦。
何とか気持ちも新たに、戦術やメンバーを一新してくれないかと期待を持っていましたが
戻ってきたラファエルシルバを先発で出して、李がリザーブに回り、怪我の宇賀神を駒井に代えただけ。
先週やけくそのつもりで、天皇杯はメンバー全とっかえで、リーグ戦はきっといつも通り!と書きましたが
全くその通りの、笑っちゃうくらいいつものメンバー。

もはやすべてのチームに研究されつくし丸裸にされた、清々しいくらいいつも通りの何も変わらないサッカー。
メンバーも、戦術も、交代も、失点パターンも、ある意味台本通り。
毎度毎度同じようなことをくどくど書きたくもないので、端折りますが
先に失点した時点で、今日も負けるパターンだと、確信にも似た気持ちになるサッカー。
ミシャの言い訳も、選手の反省の弁も、また同じ。
何も変えないくせに、今日の敗因を次に繋げると繰り返すばかり。
ミシャと彼の息子たちの織りなす、自己満足サッカーには、もう溜息しか出ません。
サポーターの怒りのこぶしの、落としどころさえない、暖簾に腕押し状態。

鹿島も、あれほど勝てなかった大宮でさえも、監督を替えてからは、いい方向に向かっています。
現状維持でダラダラ続けるのか?新しいことに踏み切ってみるか?
幸い序盤に積んでおいた貯金があるので、降格までは考えずに済むと思うので
ある程度自由にチャレンジできるはずで、チームとしてそろそろ大ナタを振るってもらいたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東野圭吾 虚ろな十字架

2017-06-25 12:29:07 | 本・雑誌・ドラマ
東野圭吾さんの新文庫 虚ろな十字架 を読みました。

あらすじ・・・・(「BOOK」データベースより)
中原道正・小夜子夫妻は一人娘を殺害した犯人に死刑判決が出た後、離婚した。
数年後、今度は小夜子が刺殺されるが、すぐに犯人・町村が出頭する。
中原は、死刑を望む小夜子の両親の相談に乗るうち、彼女が犯罪被害者遺族の立場から死刑廃止反対を訴えていたと知る。
一方、町村の娘婿である仁科史也は、離婚して町村たちと縁を切るよう母親から迫られていたー。

東野さんはありとあらゆる視点から書いてくるので、クセとかパターンがなく、本当に先が読めない作家さん。
今回は身内を殺された遺族の視点に立っての、犯人に望む死刑判決がテーマ。
当事者の気持ち、一般人が思うところの死刑にまつわる考え方、死刑廃止論者の言い分。
争点は色々あれど、殺人罪の罪の償いとして
遺族の死刑求刑に対する思いに勝る、正論はないのではないか、と思っていたのですが
生きて償うという考え方もあるのだなと、少しだけですが気持ちが揺らいでしまいました。
東野作品、やはりすごいです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

虚ろな十字架 [ 東野圭吾 ]
価格:691円(税込、送料無料) (2017/6/25時点)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NACK5特選市 山形産「佐藤錦」 2017

2017-06-24 20:43:20 | お取り寄せ・デリバリ・テイクアウト
今年もまたそんな季節がやって来て、Nack5特選市名物、駒場のよっしーさんが作る寒河江の佐藤錦が届きました。
今回は番組内で紹介してから、わずか3時間足らずで完売したそうで
涙を飲んだ多くの方々を差し置いて、運良く手に入った幻のさくらんぼです。



超完熟で届く佐藤錦



口に入れるとプチっと弾けて、程よい酸味の後に口の中に広がる極甘ジューシー!



毎年これを頂くと、うっとおしい梅雨を乗り越えるためのパワーが湧いてきます。
よっしーさん、今年もごちそうさま!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加