nobara*note

くらしの中にアンテナをいっぱい張って日々のお気に入りを主婦の目で綴ります、目指すは雑貨屋さん的ブログ♪

米澤穂信 満願

2017-08-05 13:59:40 | 本・雑誌・ドラマ
「2015年度このミステリーがすごい!」1位「2014年度週刊文春ミステリーベスト10」1位「2015年度ミステリーが読みたい!」1位の3冠!
第27回山本周五郎賞受賞と評判の高かった、米澤 穂信さんの 満願 がようやく今月文庫になったので早速買ってみました。

あらすじ・・・・(「BOOK」データベースより)
「もういいんです」人を殺めた女は控訴を取り下げ、静かに刑に服したが…。
鮮やかな幕切れに真の動機が浮上する表題作をはじめ、恋人との復縁を望む主人公が訪れる「死人宿」
美しき中学生姉妹による官能と戦慄の「柘榴」
ビジネスマンが最悪の状況に直面する息詰まる傑作「万灯」他
全六篇を収録。史上初めての三冠を達成したミステリー短篇集の金字塔。山本周五郎賞受賞。

夜警/死人宿/柘榴/万灯/関守/満願

短篇集ですが、評判通りの力作でした。
というより最初短篇集とは思わずに読み始め、いきなり受けたイヤミス感に怯えてしまい
この怖さのレベルが最後まで続くとしたら、この本の厚みに自分が耐えられるのかと思っていたら
短途中で編集だと知り、ホッとしたくらい。
どれもよく練られていて、読んでいるさなかも背中から何かが降ってきそうな、身体の芯が凍り付きそうな感覚。
夜寝ていても思い出すとゾクゾクが止まらず、この時期に読むのにぴったりです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

満願 (新潮文庫) [ 米澤 穂信 ]
価格:723円(税込、送料無料) (2017/8/5時点)


『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カフェダイニング 大宮コーヒ... | トップ | 堀監督初陣は、もったいない... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本・雑誌・ドラマ」カテゴリの最新記事