nobara*note

くらしの中にアンテナをいっぱい張って日々のお気に入りを主婦の目で綴ります、目指すは雑貨屋さん的ブログ♪

早見和真 イノセント・デイズ

2017-03-15 15:37:07 | 本・雑誌・ドラマ
早見和真さんの イノセント・デイズ を読みました。

あらすじ・・・・(「BOOK」データベースより)
田中幸乃、30歳。
元恋人の家に放火して妻と1歳の双子を殺めた罪で、彼女は死刑を宣告された。
凶行の背景に何があったのか。
産科医、義姉、中学時代の親友、元恋人の友人、刑務官ら彼女の人生に関わった人々の追想から浮かび上がる世論の虚妄
そしてあまりにも哀しい真実。
幼なじみの弁護士たちが再審を求めて奔走するが、彼女は…
筆舌に尽くせぬ孤独を描き抜いた慟哭の長篇ミステリー。
日本推理作家協会賞受賞。

不幸な生い立ちから殺人事件を起こしたとされる、田中幸乃の人生をなぞりながら真実に迫っていく物語。
凶悪犯だと思っていた女が、読んでいくうちに自分に自信がないばかりに
世間に心を開けないでいる、心優しい女性だということが浮き彫りにされていきます。
彼女の生い立ち、過去にかかわった人々、被害者の遺族とされる男に100%非がないのか?
死刑執行までに、真実の究明が間に合うのか?間に合わないのか?
そして最後にたどり着いた、あまりにも悲しく救いがたい真実・・・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イノセント・デイズ [ 早見 和真 ]価格:766円(税込、送料無料) (2017/3/15時点)

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プラセンタを気軽に摂れる話... | トップ | レッズ、アウゥーの上海上港... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。