nobara*note

くらしの中にアンテナをいっぱい張って日々のお気に入りを主婦の目で綴ります、目指すは雑貨屋さん的ブログ♪

西加奈子 しずく

2017-06-16 10:01:19 | 本・雑誌・ドラマ
西加奈子さんの短編集 しずく を読みました。

あらすじ・・・・(「BOOK」データベースより)
恋人の娘を一日預かることになった私は、実は子供が嫌いだ。
作り笑顔とご機嫌取りに汗だくになっても、ぎくしゃくするばかり…。
ふたりのやり取りを、可笑しく、そして切なさをこめて描く「木蓮」。
恋人同士が一緒に暮らしたことから出会った二匹の雌猫。
彼女たちの喧嘩だらけの日々、そして別れを綴る表題作。
ほか、日だまりのように温かい「女ふたり」の六つの物語。

ランドセル/灰皿/木蓮/影/しずく/シャワーキャップ

女ふたりの物語集ということでしたが、切り口が様々なのはさすが西さん!
一筋縄ではいかない発想の多角性と、心理描写が鋭く小気味よい文章が魅力の作家さんです。
でも結局結論が出ないままの、後味がさわやかとは言えない作品ばかりで
とらえ方次第なんでしょうけど、どれもスカッとしないので、読み終わってさらにモヤモヤ・・・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

しずく (光文社文庫) [ 西加奈子 ]価格:540円(税込、送料無料) (2017/6/15時点)

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お米のちからで、肌、うるわ... | トップ | 銀座ブラブラ・・・・ゆとり... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本・雑誌・ドラマ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
しずく/西加奈子 (本と映画、ときどき日常)
表題を含む6つからなる短編集。 どれも女性同士のお話です。 それが、老夫人と若い女性作家だったり… 三十路女と恋人の娘だったり… 嘘をつく子供と旅行者だったり… 恋人同......