nobara*note

くらしの中にアンテナをいっぱい張って日々のお気に入りを主婦の目で綴ります、目指すは雑貨屋さん的ブログ♪

雫井 脩介 検察側の罪人 上・下

2017-04-05 21:27:09 | 本・雑誌・ドラマ

雫井 脩介さんの 検察側の罪人 上・下 を読みました。

あらすじ・・・・上(「BOOK」データベースより)
蒲田の老夫婦刺殺事件の容疑者の中に時効事件の重要参考人・松倉の名前を見つけた最上検事は
今度こそ法の裁きを受けさせるべく松倉を追い込んでいく。
最上に心酔する若手検事の沖野は厳しい尋問で松倉を締め上げるが、最上の強引なやり方に疑問を抱くようになる。
正義のあり方を根本から問う雫井ミステリー最高傑作!

あらすじ・・・・下(「BOOK」データベースより)
23年前の時効事件の犯行は自供したが、老夫婦刺殺事件については頑として認めない松倉。
検察側の判断が逮捕見送りに決しようとする寸前、新たな証拠が発見され松倉は逮捕された。
しかし、どうしても松倉の犯行と確信できない沖野は、最上と袂を分かつ決意をする。
慟哭のラストが胸を締めつける感動の巨篇!

かつてない、検察サスペンス。
過去に時効になった事件の犯人とされる人物が現れ、当時の罪を償わせるために途方もなく予想外のことが起こります。
正義と真実、罪と償い、真犯人と冤罪、あらゆる事柄が複雑にクロスして、行きつく先が全く読めないストーリー。
被告と、被害者と、検察と、弁護士、登場人物すべての立場に感情移入してしまい、オロオロする自分がいました。
最後、落としどころとしては妥当の結末でしたが、もう少しスカっとさせてもらいたかった!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

検察側の罪人 上 [ 雫井 脩介 ]価格:702円(税込、送料無料) (2017/4/5時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

検察側の罪人 下 [ 雫井 脩介 ]価格:680円(税込、送料無料) (2017/4/5時点)

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ステーキランド 神戸館 | トップ | 万博記念公園駅とエキスポシティ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本・雑誌・ドラマ」カテゴリの最新記事