nobara*note

くらしの中にアンテナをいっぱい張って日々のお気に入りを主婦の目で綴ります、目指すは雑貨屋さん的ブログ♪

ステーキランド 神戸館

2017-04-04 21:48:16 | そとごはん
先週末神戸で行われた、ヴィッセル対レッズ戦。
前半はモヤモヤモヤモヤ進みましたが、後半は打って変わって攻撃的に転じて3-1。
無失点はかないませんでしたが、ロスタイムの3点目で突き放し
鬼門のノエビアスタジアムで、今季負けなしで首位に立つヴィッセルに勝って、9年ぶりに勝ち点3を奪いました。



翌日の神戸新聞
相手の立場の記事を読むのは、気持ちよかったです。
勝利の歓喜に酔いしれた後は、この日のために予約しておいた ステーキランド 神戸館 へ。



びっくりするくらい広い店内
鉄板を囲むようにカウンター席が島のように大小いくつも並んでいます。
私たちの席は、12名くらいの大きさでした。



おススメマークがついていた、ロースステーキディナー(200g)6,480円をオーダー
とにかく食欲をそそる匂いが辺り一面に充満していて、お腹が鳴ります。
まずはビールを飲みながら、シェフが焼いてくれるのを眺めます。



サラダとタレが出て来ました。
タレはみそとポン酢の2種類を好みで使い分け。



オードブルとして出てきたスモークサーモン

 

まず魚介を焼いてくれます。



どれも大きくてプリプリ!



途中からロゼワインへ



コンソメスープ
野菜も入っていて、なかなか本格的な味わい



パンかライスかを選べます。

 

次にマジックのような華麗な手さばきで、メインのお肉が焼かれていきます。
我々はミディアムでオーダーしました。



たっぷりのガーリックチップと一緒に盛られました。



その後さらに、隣で焼かれていた野菜が添えられます。
甘くて香ばしくて、とろけるように柔らかいお肉。
普段なかなか口にできない上質のお肉でした。



〆はコーヒーとシャーベット
大満足のおいしさでした。

ということで、一見少々値は張るように感じますが、内容を考えるとかなりリーズナブルなコースだと思います。
でも、ちょっとここから先は、小声で辛口コメント。
客の人数が多すぎるためか、ホールの接客が何ともチグハグ。
シェフとホール掛りの仕事は全く切り離されていて、その連携が不十分。
まず入店し席についても、なかなかオーダーに来てくれずそこからイライラ・・・・
途中も色々とあり、最後私たちのカウンターの最後の客になってしまったことから
すべて終わった客とみなされてしまったのか、食べ終わって皿を下げられて10分以上たっても、コーヒーとデザートが運ばれてこず
私が受付まで行って、コーヒーをお願いしますと言ってからようやく出てきたという次第。
ここは娘が行ったことがありおいしかったというので、予約したので、娘にその旨報告すると
私たちのときは、そういうことはなかったよと言っていたので
たまたまの例だったかもしれませんが、少し残念な気分でした。
でも、お味はおススメですよ。
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 和菓子道楽 あおやま菓匠 三... | トップ | 雫井 脩介 検察側の罪人 上・下 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

そとごはん」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。