nobara*note

くらしの中にアンテナをいっぱい張って日々のお気に入りを主婦の目で綴ります、目指すは雑貨屋さん的ブログ♪

北陸の旅2017夏 合鹿庵 あえのこと

2017-08-24 17:28:24 | 石川・福井・富山
鳳珠郡能登町にある柳田植物公園内に、奥能登の農家の伝統行事 あえのこと の実演を見学できる 合鹿庵 があります。

※あえのこと 
12月5日、見えない田の神様をあたかも人間のように家に迎え入れて
豊穣に感謝し、入浴と食事でもてなし、一年の労をねぎらうという民俗行事。
翌年の2月9日まで田の神様は家に入られ、越冬します。
そして春耕に先立ち再び饗応し豊穣に祈願し再び送り出されます。
ユネスコ無形文化遺産に登録。











正装した主人が田まで神を迎えに行き
神様をお迎えして、お風呂に案内するところからおもてなしが始まります。
まるでその場にいるかのように言葉を口にしながらもてなします。





その後、囲炉裏で一服してもらいます。
神様は男女二人いらっしゃるそうです。





お食事にお連れします。
御馳走の内容をすべて言葉にして説明します。







部屋いっぱいに積まれたごちそうは、行事が終わった後
家族みんなでお腹いっぱいに頂くとのことで、子供たちの楽しみの一つでもあったようです。



能登出身のパティシエ辻口博啓シェフが、地元産のブルーベリーと
自然界に微量な希少糖を使って公園限定販売のアイスクリームを
輪島塗の器で出していただきました。



周囲は広々とした公園でした。







『石川県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寄居駅から末野大橋、折原橋へ | トップ | スモア フラペチーノ® クリス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

石川・福井・富山」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。