そんなに食うなら走らんと

食道楽(ラーメン中心)とカロリー消費(ランニング中心)の葛藤の日々

光麟堂@新橋 「味玉ラーメン」

2014-09-20 09:45:59 | ラーメン 港区
ある人は言った
まるで本屋みたいだな

オレは思った




まるで和菓子屋みたいだな

いや
その実
お線香の老舗

もしくは
お仏壇の老舗
かもしれないし




ランチが既に
終わっていたかもしれないし

ご飯が既に
終わっていたのかもしれない

もっとしっかり
炊くと良いのかもしれない

けれど




ハッとして
グッときて
パッと目覚めた
一杯でした




「塩でキッチリまとめてきましたよ」
を全力で謳うの図

タレはロンモチ
チャーから
玉から




何から何まで
醤の汚れを排除した
清く正しく美しく


いやしかし
この場合
ありうるオチとしては

改めて「醤」の存在価値を
語らねばならないような




塩オンリーがなせる
ユルみや
ダレや
尖りや
刺さり

なはずなのに

まるで
極細の平均台のど真ん中に
化粧廻しをまとった横綱白鵬が
どっしりと腰を割っているかの
キワキワ超激バランス感




美味いじゃ (゚д゚lll) ないっスカ!!

くぅぅ!!
ここまで攻め込んでおきながら
なぜライスをしっかりと炊かないのか!!
なぜサービスランチをキッチリとやらないのか!!


ふふふ
本屋だからさ

いや実は
和菓子屋だからね


冗談だよ

うちはライス屋じゃ
ないからね

ふふふふふ

Comment

とみ川@富良野 「石臼挽き中華そば&塩らぁめん」

2014-09-19 17:10:45 | ラーメン 北海道


セブンスターで




ケンとメリーで




マイルドセブンで




ん?

この木なんの木
気になる木

見たことのある
木ですけど

見たことのない
記憶になるでしょう




おっと
忘れていた
Apple壁紙レイク


そうでした
稚内で土砂崩れがあったころ
北見〜旭川をドライブしていた我々は
道路で溺れるかもしんまい!!

ってぐらいの
かつて無い豪雨に襲われて

もう今回の北海道に
晴れた空は望めんな
と諦めていた折




〆の美瑛〜富良野
最も青空がインポータントなこの地にて
かろうじての晴れ間に出会えて

よかったね
きっと
わたし

ということで




空模様など
一切関係なし

マインド的には
照りつけるほどに晴れ模様の
地方巡業ランチタイム




待ちを入れてる
お客を気にして
東京ではほぼ皆無の
巻き気味オープン

煽ってしまったようで
申し訳ないけれど

巻けたらなおさらお得な
地方巡業において
こんなに嬉しいことはない


むしろ遅れても
ふんぞり返るのがステイタス
ってな

どこぞとの
対照ぶりが恐ろしい


全く異業種のオレだけど
学ぶところは
アリマクリだったりして




ぶっちゃけ
セレクション
アリスギて

ぶっちゃけ
東京からのラヲタ御一行様で訪れたい!!ほどに
ネタがバクハツしてますけど




その
ひとつひとつが




個々にバクハツしているという
まるで驚きであり
まるで必然

とりあえず




エッジなラーメン屋は
こんな狭い東京で
お互いを殺しながら
ムリして生きるすべを探すのではなく




ユルりと咲かせる大地にて
大輪の華を咲かせるべきだ
ってな

まるで枯れた砂漠に
止めどなく溢れる
豊潤な井戸のごたる存在
ということで
よろしいか




美味いじゃ (゚д゚lll) ないっスカ!!

否定する人間が
もし出ようものなら

無言のスーパーパワーが働いて

翌日には再び
いつもの平和が訪れるのが
いつものムラのルール




適うものはなく

出る杭は
打たれるどころか
むしろ見当たらず

見渡したところで
摘む芽の一つも
見当たらず




圧倒的 (゚д゚lll) じゃないか!!

それはそれは
未来を模索したところで
富良野ラーメンたるものが
決して生まれないほどに

一人勝ちで
ズバ抜けて
圧倒的に圧倒的
なのでした

Comment (1)

元祖一条流がんこ 八代目@末広町 「醤油あっさり味玉」

2014-09-18 12:11:26 | ラーメン 千代田区
2014年というのは
ラの世界においても
異常気象続き

コチラの末広町にも
重ねるように
ディザスターが訪れそうと聞いて

ふと思い出した
つい先日の火曜日に
小走りで訪れてみると




もう (゚д゚lll) 閉まったの!?

今さらながら
輪をかけて焦るの図

って
現在は
月・火が定休と知って




やるせないやら
ホッとするやら




懐かしんだり
ラジバンダリ




なんだ
ただのウワサだったりして

角が取れた感じの
おやっさんだけど
相変わらずお元気そう




でもないの図




10年一緒に働いていた
アシストの方に譲ろうとしていたのだけれど
急に辞めちゃったので
店舗が宙に浮いているとのこと

アシストがいなくなってしまったから
もう冷やしは出来ないとのこと

もう70歳を超えたので
そろそろ潮時かなとのこと

誰か候補がいたら
教えながら引退したいとのこと

だけど
「がんこ味」が引き継がれるかは
なんとも言えないなぁとのこと




一世を風靡したの図

もとい

一部黎明期のラヲタを震撼させたの図

ラヲタの玉袋のフルわせかたを
分かりスギていたあの頃




夜な夜な
アチコチの暗がりの店舗で
共鳴するかのように
ラヲタをブルブル
言わせていた気がしますが

江古田の会員制
ぐらいの時期が
過渡期で転換期
だったような気がしますけど

逆春木屋理論的に




変わらないなぁ!!


瞬間
塩辛さでも毛穴は開くんだ!!
を実感させる

往年のショパカラ
ココにも健在!!

っつか
ココにだけ健在




美味いじゃ (゚д゚lll) ないっスカ!!

コレコレ!!
コレだよな!!と
そろそろ叫べる場所が
少なくなってきましたの図




いやしかし
夜に〆るにはスギたる感じで
昼にキメるには物足りないというか

ここ20年の
ヘタで表面的な
健康ブームも後押ししてか

インターネッツのお陰様で
客側が強くなった感も後押ししてか

家元が
タレを50円で
ゴニョゴニョゴニョしてか




そんな時代もあったよね
いつか話せる日が来そうで

あんな時代もあったねと
きっと遠い目で話せそうで


時代-Time goes around-
ヤマハミュージックコミュニケーションズ

Comment

城山茶屋@城山山頂 「マンゴーかき氷」

2014-09-17 14:15:35 | 走りに関する飲み食い


真夏の恒例行事
今年もちょくちょく
藤野〜陣馬〜高尾山口




ご高齢のため
いつの間にか引退してしまった
陣馬山頂の富士見茶屋のばーさんに
藤野駅で突然声を掛けられて
驚いてしまったけれど




なんだかばーさん
懐かしいわぁって涙目になってて
オレもちょっと
もらい泣きしてしまったりして




そんな富士見茶屋は
息子さんが継がれて
無事営業を続けてますけど




この息子さんが
そこそこに
メンドウな空気ってんですかね




ハイ
メンドウが苦手なオレなので
最近はビール持参だったりします




富士山頂も
今日はスバラシイ景色でしょうね
(そうそうヤマノススメって面白いね)

ということで
お盆の真っ只中ですから
今日は必ず開いているであろう




城山オアシス
「春美茶屋」を目指して
ココは一つの
頑張りどきってヤツですけど




やってない (゚д゚lll) じゃんか!!

ちょ
予定カロリー不足の
足攣り警報発動!!

このショックってば
計り知れないものがあるけれど




ああ
開いててヨカッタ
裏の城山茶屋




氷の盛りや
フリーシロップ
なによりこんな山の上で
ステキな接客がたまらない
表の春美茶屋には適わないけれど




ナイよりかは
ずっとアル

っつか
方針変えたのか

前より盛りが
ずっとアル




救いじゃ (゚д゚lll) ないっスカ!!

今日も何とか
高尾山口まで
辿り着けそうじゃまいかと




キモチヨサゲな
猫を愛でていると

いやいやそこは
猫どこの話じゃなくて




吉田類先生ハケーン!!

うっは!!
酒場から最も遠い
こんな山の山頂で!!

酔ってないで
かき氷ングな類先生とか
目の錯覚かと思いました

一緒に写真撮ってもろて
むっちゃイイ記念になりました


さて
あとは
リリー・フランキー師匠と
ヒムロックに遭遇できれば (実は最難関)
オレの人生コンプリート




スバラシイ一日に



カンパイ!!
ってことで

Comment

博多ラーメンセンター@飯田橋 「ラーメン」

2014-09-17 11:56:29 | ラーメン 千代田区
せっかくの飯田橋

替玉なしで
トンコツをキメたのなら

もうひとつぐらい
替玉なしのトンコツをキメても
バチは当たるまい


もれなく太ります


アレ
この辺の路地のはずだけど

アレ
なんだかループしているぞ

って




しる幸跡地なのか!!

ああ
あの池上彰から
歯を抜き去ったようなオヤッサン

一度電車の中で
声を掛けられて驚いたけれど

今はどこで
何をやっておられるんだろうか


おう
14時過ぎだというのに
この路地裏でほぼ満席って

まさにその
超激理由であるかのような




気前の良ろしい
ライス盛りサービス

いやしかし
本日二軒目で
with ライスって

四十にして
惑わず却下にキマってる!!




コレを見るまでは

オマケに高菜も
完備ときた日には




添えるよねー
乗せるよねー
かけるよねー
アガるよねー

そうだよねー
気前盛りのライスがもれなく付いて
ラーメン600円だったら
ヘタなチェーンより
断然お得だよねー




ということで
ほどなく本命登場

トンコツで
「ラーメンセンター」
なんていうと

丸幸丸星なんかの
久留米なラーメンセンターが
浮かばずにはいられないけれど





コレは

その昔は
「ニカワを煮るような」
なんて表現されていた

久しぶりの
このタイプ




むう
鍋の「当たり」も多少
あったりするのか

どうにも
スルスル入ってこない

って
スルスル入れようとすると
鼻に引っかかるこの感じ




初見のビジュアルが
間違いないだけに
とりあえず何かの
間違いであったりするはずで

ぶっちゃけ
店内が暑すぎて
オレがぶっ壊れ気味だったかもしれないし




また涼しくなった頃に
世界の中心で愛を叫ぶように
ラーメンのセンターで美味いを叫べる日が
来ることを祈って
Comment