そんなに食うなら走らんと

食道楽(ラーメン中心)とカロリー消費(ランニング中心)の葛藤の日々

伊藤食堂@福島県喜多方市 「喜多方らーめん」

2017-05-12 13:30:55 | ラーメン 東北地方
お昼のてっぺんを迎える頃には
強烈な腹パンと
猛烈な睡魔が襲いつつ

一杯ブチ込みながら
早くホテルで転がりたいなー!!
なんつてね




いやしかし
早いもので
本日も既に5軒目

一応トリを務めて頂こうと
用意しておいたシブいやーつ




お店入った瞬間は
あまりのエントロピーの高さと
そこはかとなく据えたオイニーに
正直やっちまった感
満たされていましたけど

気のイイおっさんが
志高くなのか
メンドウだからなのか




まさかの一本勝負という
オドロキの劇場

しかも
フツーの喜多方ラーメンではなく

津軽にいるのか?と
錯覚を起こさせるほどの
モーレツな煮干し感
なんて聞いてきまして




こんなん出ましたー




逆に
ちゃんとしてることに
オドロキを隠せない
オレがいましたけど




煮 (゚д゚lll) 干!!

確かにコレ
ファーストタッチは
間違いなく青森フレーバー




だけどやっぱり
喜多方なイキフンを湛えた
実にハイブリッドな一杯

柔らかめに茹で上げられた麺が
スープとの一体感を高めていて




いったいいつから
このスタイルでやっているのか

果たしてコレが
喜多方の民衆に受け入れられるのか
いろいろ疑問が募るけど




美味いじゃ (゚д゚lll) ないっスカ!!

シンプルに
ヌカリなく
お店のガワからは
まるで想像もできないほどに
実にコンプリートした一杯


っつか
お客はオレたちだけで
まあそれも当然のガワしてるしな
なんて思っていたけど

3人組の女性客とか
なんでアンタ!!あえてココを選ぶ!!
なんつて
エアで説教入れてみたり

っつか
せっかくの喜多方セレクションで
このイキフン ダイジョブなんスカー!?
なんつて
オレの方が心配しちゃったりして




まあでも
ココ喜多方にも
あってイイはずのバラエティー

なかなかに
目ウロコであったのは
間違いないようで






サッポロ一番 旅麺 会津・喜多方 魚介醤油ラーメン 86g×12個
サンヨー食品


日清 麺ニッポン 喜多方ラーメン 100g×12個
日清食品


マルちゃん 四季物語 春 喜多方系醤油らーめん 70g×12個
東洋水産




『食べ歩き』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桂花 ふあんてん@新宿 「朝... | TOP | 麺屋そら@大門 「札幌味噌」 »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。