そんなに食うなら走らんと

食道楽(ラーメン中心)とカロリー消費(ランニング中心)の葛藤の日々

松葉@落合南長崎 「孤独じゃないグルメ 落合南長崎編の松二」

2017-07-12 13:15:42 | ラーメン 豊島区
松一に引き続きまして
「孤独じゃないグルメ」

街中華探訪
ターゲットステーションの
落合南長崎の二軒目

キーワードは
「松」ってことで
本日の松二

知る人ぞ知る
を超えた
知らない漫画家は
漫画家とは認められないほどに




聖地ってワードは
この店のためにあるようで




ココに一枚
色紙を置くことが
漫画家たるステイタス的な

名だたりスギている
巨匠のラインナップ




なんだけど
お店を回すおかーさんは

どこぞ気力も体力も
程よいを超えてヌケたアンバイの
ぬらりでひょんな風情にて




チンじゃないやーつ




愛されるだけはあるやーつ




そういえば
この日唯一だったベジタブル

若かりし頃の
巨匠の皆さんも
締切を乗り越えた末には

こんなニラ玉をツマミながら
安堵のプハー!!
キメておられたのでしょうか




いやしかし
集まりも集まったりな
巨匠の面々を振り返るに

やっぱ
人間ってのは環境が作るものだね
なんてマジメなことを
ちょっとだけ考えながら




小池さんは
ラーメンだけじゃなくて
つけ麺も好きだったのかしらん

なんてマジメじゃないことも
ちょっとだけ考えながら




想像以上にビジュアライズド




アレやコレやに
汚染されていない独自性に
ハッとさせられながら




甘さや
酸っぱさより
ナニより際立つ

そう来ましたか!!ってな
ペッパー警部

ちょコレだったら
ラーメンはどうなってんのよ!!

なんつてね
次回への足がかりを
しっかりと残しながら




ミッチリ詰まった
肩ロースのチャーシューも
温度に時間に切り方と三方良しの
決して故くない出来栄えにて




むしろこのお店
当時の漫画家の皆さんにも

土着のオールドってよりは
気鋭なエッジに映っていたのでは

新鮮なイマジネーションの
お助けになっていたりして

なんつてね
いろいろ思いを馳せながら




モチロンしっかり




コチラの聖地巡礼もしましたよ

ってことで
孤独じゃないグルメ
落合南長崎編は

松二から
松三へシフト
しちゃいましょうかね





町中華とはなんだ 昭和の味を食べに行こう (立東舎)
リットーミュージック


東京ノスタルジック街中華 (タツミムック)
辰巳出版


愛しの街場中華 『東京B級グルメ放浪記』2 (光文社知恵の森文庫)
光文社


『食べ歩き』 ジャンルのランキング
Comments (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松月@落合南長崎 「孤独じ... | TOP | 松州飯店@落合南長崎 「孤... »
最近の画像もっと見る

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (板橋区の鈴木)
2017-07-12 13:47:55
今まで食べたつけ麺で最も細麺かもしれません。こないだ食べた鯉のぼりの広島つけ麺も細かったですが…
Unknown (K)
2017-07-12 20:32:04
ご本人に聞いてみては?^^;
http://ogikubo-magazine.com/life/life_default/3131
昔の松葉とちゃうよ (トキワ荘の近所)
2017-07-14 00:48:14
今の松葉はトキワ荘のあった頃のラーメンと
味が全然違いますよ。

昔はおじさんとおばさんがやってた

おばさんと仲良しだったから
良く焼きそば食べさせてもらいました

今、松葉を切り盛りしてるのは
その、おばさんの息子さんのお嫁さん
外国の方ですよね


息子さんは若くして、亡くなられて
奥さんが一人で頑張ってますよね
でも、味は昔とちゃいますね
Unknown ((あの辺の労働者))
2017-07-18 13:02:08
当社内のオブジェクト観光ありがとうございます
個人的にはラではありませんが、「松月」の上チャーハンをお薦めします。
オイリーなオールドタイプのチャーハンにあの唐揚げが5個
サラリーマンがランチで食おうものなら午後は使い物にならなくなること請け合い。
もし機会がありましたら、是非

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。